ビュー・スイカカードはSuicaのチャージと利用のポイント2重取りで還元率2%以上、定期券にもなるお得なカード

通勤でJR東日本の電車を利用している方なら、多くの方がSuicaを定期券として利用しているのではないでしょうか?

JR

Suicaはあらかじめチャージしておけば、定期券区間外でも精算機を利用せずに自動改札をそのまま利用できますし、駅の売店やコンビニなどで買物もできてとても便利ですよね。

そんなSuicaを更に便利にお得にしてくれるのが、このビュー・スイカカードです。

Suicaのチャージと利用のポイント2重取りで2~2.5%の高還元率でお買物が利用できる優れものです。

スポンサーリンク

ビュー・スイカカードのメリット

ビュー・スイカカードのメリットはこんな感じになります。

  1. Suicaのチャージや定期券の購入などでポイント3倍(1.5%還元)ビューカードの「VIEWプラス」特典
  2. Suicaのオートチャージが利用可能、残高不足で改札に引っかかることもなく便利
  3. JRE POINT加盟店ならビュー・スイカカードの提示でJRE POINTが貯まる(JR東日本の駅ナカや駅ビルにあるショップなど)
  4. 貯まったJRE POINTは最大23%もお得なレートでルミネ商品券交換可能(3,600ポイント=4,000円分、24,400ポイント=30,000円分)
  5. ビューカードのWEB明細を利用で、請求のある月は50円分のJRE POINTがもらえ、年間最大年間600円お得
  6. 年の利用額に応じたボーナスポイント「ビューサンクスボーナス」がもらえる

ビュー・スイカカードではJRE POINTがもらえる入会キャンペーンが実施中です。

詳しくはビューカードの公式サイトにてご確認ください。

ここから先はこれらのメリットも含め、ビュー・スイカカードの詳細について詳しく紹介していきます。

ビュー・スイカカードの年会費は初年度無料、2年目以降は477円(税抜)

ビュー・スイカカードの年会費は初年度無料、2年目以降は年会費477円(税抜)ですが、ビューカードのWEB明細に登録すると請求のある月は50JRE POINT(年最大600ポイント)がもらえますので、毎月利用があれば年会費以上にお得になります。

国際ブランドはVISA、MASTER、JCBから選べます。

ポイントの貯まり方

ビュー・スイカカードでは月の利用額1,000円につき5ポイント(5円相当)のJRE POINTが貯まります。(還元率0.5%)

JR東日本の定期券購入やチャージなどVIEWプラス対象商品はJRE POINT3倍の1.5%還元

ビュー・スイカカードで定期券の購入、Suicaへのチャージ、オートチャージなどVIEWプラス対象商品ならJRE POINTが3倍の1.5%還元になります。


対象はこちらです。

  • 乗車券、定期券、回数券、特急券
    (JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、券売機での購入が対象)
  • JR東日本国内ツアー(一部対象外あり)
  • Suica定期券、Suicaカード
  • ビューカードでのSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション

みどりの窓口での購入はJR東日本のみ対象です。駅によってはJR東海のみどりの窓口もあったりしますので、この点は注意が必要です。

Suicaが付帯したクレジットカードは数多くありますがVIEWプラスはビューカードだけの特典です。

さくま
さくま
お勤めの方なら会社から支給される定期券代でお得にJRE POINTが貯められちゃいますね。

2019年10月以降、モバイルSuicaでの乗車や定期券の購入でさらに2%お得になります。

2019年9月3日、JR東日本は10月1日よりSuicaで電車に乗車した際にも「JRE POINT」が貯まる「鉄道利用で貯まるポイントサービ...

オートチャージしたSuicaの買物や食事でコンビニや飲食店も1.5%還元

Suicaが使えるお店や飲食店で利用すれば、オートチャージ分1.5%がお得になります。

JRE POINT加盟店なら提示でJRE POINTが貯まる

エキナカや駅ビルにあるJRE POINTカード加盟店なら提示で貯まるJRE POINT分も上乗せできます。

 

JRE POINT加盟店やSuicaでJRE POINTを貯めるためには、JRE POINTのサイトにビュー・スイカカードカードと、ビュー・スイカカードカードに付帯しているSuicaを登録する必要があります。

ビュー・スイカカードにJRE POINTカード番号が記載されていれば、そのまま登録できます。

記載されていないカードでも無料でJRE POINTカードを入手すれば登録できます。

そのあたりについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

こちらの記事は2017年12月にSuicaポイントクラブが統合された時のものです。 その後2018年6月28にはビューカードの利用で貯...

ビュー・スイカカードはオートチャージ機能が使える

Suicaへのオートチャージとは、チャージ発生の残高額と1回にチャージされる金額を設定しておくと、Suicaの残高が設定した残高を下回った状態で駅の改札を通過すると自動的にビューカードからSuicaにチャージが行われる機能のことです。

残高不足で改札が通れず精算機でチャージするといった面倒なことがなくすことができるというとても便利な機能です。

さくま
さくま
しかもオートチャージも「ビュープラス」対象で通常の3倍(還元率1.5%)のJRE POINTが貯まりますので、いいことずくめです。

ただし、オートチャージが使えるのは、Suica・PASMOエリア(首都圏)、仙台エリア、新潟エリアに限定されますので、出張などで東日本のエリア外に行く際には注意が必要です。

年の利用額に応じたボーナスポイント「ビューサンクスボーナス」がもらえる

ビュー・スイカカードでは4月~翌年3月までの1年間の利用金額に応じてボーナスポイントがもらえます。

年間利用額 ボーナスポイント
30万円 250ポイント(最大0.08%還元率アップ)
70万円 1,000ポイント(累計1,250ポイント・最大0.18%還元率アップ)
100万円 1,500ポイント(累計2,750ポイント・最大0.27%還元率アップ)
150万円 2,500ポイント(累計5,250ポイント・最大0.35%%還元率アップ)

VIEWプラス対象商品および一部の電子マネー(楽天Edy/nanaco/SMART ICOCA/SAPICA)やプリペイドカードなどへのチャージ、年会費、各種手数料、キャッシング対象外です。

Suicaへのチャージや定期券の購入などVIEWプラス対象商品が対象外なのは残念ですね。

えきねっとでポイント2重取り

えきねっとに登録して、旅行やショッピングなどを利用すると、クレジットカード利用とは別に「えきねっとポイント」を貯めることができます。

貯まったポイントはJRE POINTに交換できますので、還元率アップにつながりますね。

えきねっと

JRE POINTの有効期限

JRE POINTの有効期限は最後に獲得・利用した日から2年後の月末までです。

使うか貯めるかする度に延長されていきますので、使い続けていれば有効期限は無期限にできます。

ただし、キャンペーンなどで獲得した期間限定ポイントは有効期限内に利用しないと失効しますのでご注意ください。

JRE POINTはお得なレートでルミネ商品券に交換できる

貯まったJRE POINTはSuicaへ等価交換できる他、ルミネ商品券などお得なレートで交換できるものもあります。

交換先 必要 JRE POINT数 交換先
ポイント数
 交換レート
Suica(電子マネー) 1,000P 1,000円分 等価交換
モバイルSuica(電子マネー) 1,000P 1,000円分 等価交換
ルミネ商品券4,000円分 3,600P 4,000円分 111%
ルミネ商品券10,000円分 8,400P 10,000円分 119%
ルミネ商品券30,000円分 24,400P 30,000円分 123%
びゅう商品券5,000円分 5,400P 5,000円分 93%
ジェクサー(スポーツジム)1日ご利用券(3,000円相当) 2,000P 3,000円分 150%
メトロポリタンホテルズ共通利用券(2,000円相当) 1,500P 2,000円分 133%
東京ステーションホテル利用券(5,000円相当) 4,625P 5,000円分 108%
全国お取り寄せスイーツカード(3,500円相当) 3,350P 3,500円分 104%
東北応援うめぇどカード(5,000円相当) 4,750P 5,000円分  105%
お取り寄せグルメカード(5,250円相当) 5,000P 5,250円分  105%

他にもカタログギフトやペンギングッズなどへの交換も可能です。

ポイント交換商品

還元率としてはジェクサーの利用が一番高いようですのでジムで汗を流したい方にはおすすめです。

JRE POINTからSuicaへのチャージ方法

JRE POINTからSuica(カード)への交換は、JRE POINTのサイトから申込みし、駅の券売機でSuicaカードにチャージします。

モバイルSuicaへのチャージなら駅の券売機で受け取る必要なく、モバイルSuicaアプリでチャージができます。

ポイント交換商品(JRE POINT)

モバイルSuicaが利用可能

フェリカ対応のiPhone・Apple WatchならApple Pay、AndroidならGoogle Pay、モバイルSuicaが利用できます。

Apple Pay、Google Payで利用するか、モバイルSuicaアプリにビューカードと登録すれば年会費は無料です。

さくま
さくま
2019年10月以降、モバイルSuicaを使っていると、JR東日本の列車の乗車や定期券の購入で2%分のJRE POINTが貯まるようになりますので、モバイルSuicaは外せないです。
2019年9月3日、JR東日本は10月1日よりSuicaで電車に乗車した際にも「JRE POINT」が貯まる「鉄道利用で貯まるポイントサービ...

ビュー・スイカカードは定期券機能が使える

ビュー・スイカカードには定期券機能が付いていますのでSuica定期券として利用することができます。

定期券の購入は「VIEWプラス」のポイント3倍対象ですのでビュー・スイカカードでの購入がお得です。

※定期券でのポイント3倍はJR東日本のみどりの窓口や券売機で購入した場合のみ対象です。

定期券一体型ビューカードでオートチャージを設定している場合、定期券で乗車してそのまま区間外で精算できるなど便利ですが、定期券の有効期限が切れたことに気づかずにいると、通勤・通学の度に運賃がSuica支払いに変わっていて思わぬ損をするなんて可能性があったりもしますので、ちょっと気にしておくとよいと思います。

WEB明細サービスを利用すると年間600円分のポイントが貯まる。

WEB明細サービスを利用すると請求がある月はJRE POINTが50ポイントもらえます。

最大年間600ポイントなので、年会費以上になります。

 家族カード・ETCカード

ビュー・スイカカードは家族カードが9枚まで発行できますが、年会費が1枚につき477円(税抜)がかかります。

ETCカードも年会費477円(税抜)がかかります。

有料道路の利用料金でもJRE POITNが貯まりますが、ETCカードの年会費は利用の有無を問わず必ずかかりますので、あまりおすすめはできません。

ビューカード会員限定特典

ホテルや飲食店等で様々な優待が用意されています。

代表的なところではこんな感じです。

  • JR東日本ホテルズ:ビューカード・ホテルズボーナス宿泊・直営レストラン・バーの年間利用額10万円ごとに5,000円分のホテル利用券プレゼント
    宿泊基本料金が最大20%OFF
    直営レストラン・バー 基本料金最大10%OFF
    チェックアウトを12時まで無料で延長可能
  • JRホテルグループ:宿泊基本料金10%OFF
  • 東急ホテルズ:宿泊基本料金10%OFF
  • 駅レンタカー:提示で基本料金の10%OFF
  • GALA湯沢スキー場:場内リフト券(1日・2日券)が10%OFF、場内ショッピング10%OFF
  • JEXER(スポーツクラブ):提示で入会金 + ご利用開始月・翌月会費が無料
  • タイムズ スパ・レスタ(温浴施設):提示で優待料金
  • 横浜天然温泉 SPA EAS(温浴施設):提示で優待料金
  • 東京お台場 大江戸温泉物語(温浴施設):提示で優待料金
  • サカイ引越センター:引越基本料金(車輌費+人件費)25%OFF、ダンボール最大50枚サービス
  • アート引越センター:引越基本料金(車輌費+人件費)20%OFF、資材ダンボール最大50枚サービス
  • ジェイアール東日本物流:引越基本料金(車両費+人件費)20%OFF
  • カラオケ ビッグエコー:「ルーム料金30%OFF」もしくは「飲み放題プラン10%OFF」
  • 「楽蔵」などのダイニング店舗:飲食代10%OFF(ランチは50円引き)
  • 健康中華 青蓮:17時以降、1組4,000円以上利用で飲食代金1,000円OFF
  • 谷川連峰の天然水:谷川連峰の天然水「FROM AQUA」が通信販売で購入可能

ビューカード会員限定特典

ENEOSなどの特約店でポイント2倍

ENEOSでの給油ならJRE POINTが2倍、1,000円=10ポイント(還元率1%)が貯まります。

ENEOSで使うなら、年会費実質無料で1L2円引きにできるENEOSカードの方がよいかとは思いますが。

会員価格+最大7円引きエネオス(ENEOS)のガソリン代をお得にしてくれるクレジットカードといえばエネオスカードです。 旧エッソ・モー...

国内・海外旅行傷害保険

ビュー・スイカカードできっぷや旅行代金を支払いした場合、改札を入ってから出るまでが補償される国内旅行傷害保険が付帯されています。

海外旅行傷害保険については自動付帯となっていますので、余計な手続きがいらず便利です。

保険の種類 担保内容 保険金額
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院 3,000円/日
通院 2,000円/日
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 50万円限度
疾病治療費用 50万円限度

Suica残額も補償される紛失補償も付いていますので、もしもの時も安心です。

ビュー・スイカカードのまとめ

ビュー・スイカカードのメリットを再度おさらいしておきましょう。

  1. Suicaのチャージや定期券の購入などでポイント3倍(1.5%還元)ビューカードの「VIEWプラス」特典
  2. Suicaのオートチャージが利用可能、残高不足で改札に引っかかることもなく便利
  3. JRE POINT加盟店ならビュー・スイカカードの提示でJRE POINTが貯まる(JR東日本の駅ナカや駅ビルにあるショップなど)
  4. 貯まったJRE POINTは最大23%もお得なレートでルミネ商品券交換可能(3,600ポイント=4,000円分、24,400ポイント=30,000円分)
  5. ビューカードのWEB明細を利用で、請求のある月は50円分のJRE POINTがもらえ、年間最大年間600円お得
  6. 年の利用額に応じたボーナスポイント「ビューサンクスボーナス」がもらえる

ビュー・スイカカードはビューカードの中でも一番ノーマルなタイプですが、JRE CARD優待店ならポイント3倍(3%還元)になるJRE CARD、ビックカメラの買物なら11.5%還元にもできるビックカメラSuicaカード、ルミネが毎日5%OFF(年数回10%OFF)のルミネカードに比べると、ちょっと影が薄い感じがしてしまいます。

ビュー・スイカカードとビューカード独自特典の「ビューサンクスボーナス」はあるものの、VIEWプラス商品が対象外というのがちょっと残念な感じです。

ビックカメラやルミネを利用する機会がなく、定期券と兼用でSuicaを使いたいという方向けのカードと言えそうです。

JRE CARDやルミネカード、ビックカメラSuicaカードについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

JR東日本グループの共通ポイントとして、JRの駅ナカや駅ビルの利用やビューカード支払いで貯まるのがJRE POINTです。 そんなJR...
LUMINE(ルミネ)は新宿、ルミネエスト、有楽町、北千住、池袋、立川、町田、荻窪、ルミネ、ザ・キッチン品川、大宮、川越、横浜、藤沢、大船ル...
ビックカメラは家電製品はもちろん、パソコン、スマホ、ゲームもおもちゃもコンタクトレンズも自転車も食品やお酒まで購入できて、多くの商品で10%...
通勤でJR東日本の電車を利用している方なら、多くの方がSuicaを定期券として利用しているのではないでしょうか? Suicaは...
JALカードとビューカード、JRの東日本が提携して発行しているJAL Suicaカードのゴールドカードが「CLUB-Aゴールドカード」です。...
2019年9月3日、JR東日本は10月1日よりSuicaで電車に乗車した際にも「JRE POINT」が貯まる「鉄道利用で貯まるポイントサービ...
私はiPhoneのApple Payに複数のクレジットカードやメルペイを登録して買い物に使っていますが、Suica定期券はカード式のSuic...
通勤でJRを利用するようになりSuica定期券を使いはじめ、また家族もSuica定期券で通学するようになり、Suicaへのオートチャージを使...
2019年10月よりモバイルSuicaでJR東日本の電車の利用が2%お得になるという「Suica究極の新サービス」が開始されます。 ...
ANAカードには提携先やグレードがたくさんありますが、コスパ面でお得なのがANA VISA Suicaカードです。 A...
通勤や通学で電車を利用している方にうれしい、定期代や電車賃がお得にできるクレジットカードを紹介します。 主に鉄道会社が発行しているこれ...
スポンサーリンク