2019年10月スタート!モバイルSuicaでJR東日本の電車の利用が2%お得に!Suica究極の新サービスとは?

2019年9月3日、JR東日本は10月1日よりSuicaで電車に乗車した際にも「JRE POINT」が貯まる「鉄道利用で貯まるポイントサービス」を開始することを発表しました。

JRE POINTのホームページでは「10月1日 Suica究極の新サービス始まる」と大きく取り上げています。

どんな内容なのか、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

JRE POINT「鉄道利用で貯まるポイントサービス」とは

2019年10月1日よりはじまる「鉄道利用で貯まるポイントサービス」は、JRE東日本の定期券&電子マネー「Suica」でJR東日本の鉄道を利用すると、JRE POINTが貯まるというものです。

JRE POINTを貯めるには、JRE POINTのWEBサイトに会員登録が必要です。

そもそもJRE POINTってなに?

「Suicaは使ってるけどJRE POINTは知らない」という方も多いかもしれません。

JRE POINTは、JR東日本グループの共通ポイントで、JRの駅ビルのお店やビューカードのクレジットカード支払い等で貯まるポイントです。

かつてJR東日本では、ビューカード(クレジットカード)の「ビューサンクスポイント」、Suicaの「Suicaポイント」、各駅ビルが独自に発行するポイントカードのポイントと、ポイントがバラバラで使いにくい状態になっていました。

これらを統合するためのポイントとして2016年2月23日に誕生したのが「JRE POINT」です。

当初は各駅ビルの共通ポイント化からスタートし、2018年6月までにSuicaポイントとビューサンクスポイントも全てJRE POINTに統合されました。

(えきねっとのえきねっとポイントはまだ残っていますが、JRE POINTに自動交換できるようになっています。)

JRE POINTはこちらのステッカーのあるお店で使えます。

対象のお店でのSuicaでの支払いでJRE POINTを貯めるにはSuicaの登録が必要です。

JR東日本の各駅ビルが発行するポイントカードは、デザインはそれぞれ違いますが、貯まるのは全てJRE POINTです。

また、ビューカードにもJRE PONTカード機能が付帯しています。


2019年10月よりモバイルSuicaでJR東日本の電車の利用が2%お得になるという「Suica究極の新サービス」が開始されます。 ...

「鉄道利用で貯まるJRE POINTサービス」のポイントのたまり方

JR東日本の列車の利用で貯まるポイントは、モバイルSuicaとカードタイプのSuicaでポイント還元率が大きく異なります。

例えば在来線の利用の場合、モバイルSuicaなら50円ごとに1ポイントですが、カードタイプのSuicaの場合200円ごとに1ポイントなっており、モバイルSuicaなら4倍もお得な設定となっています。

モバイルSuica
カードタイプのSuica
JR東日本の在来線利用 50円ごとに1ポイント
※1回の利用金額の50円未満も1ポイント(端数切上)
200円ごとに1ポイント
※1回ご利用金額の200円未満も1ポイント(端数切上)
Suicaグリーン券の購入 50円ごとに1ポイント 200円ごとに1ポイント
SuicaSuica定期券(JR以外の金額も対象) 50円ごとに1ポイント 対象外

モバイルSuicaなら2%還元にもなりますので、消費増税分がチャラになりますね。

登録可能(ポイント還元可能)なSuica

JRE POINTのWEBサイトに登録可能なSuica(ポイント還元可能)は以下の様になっています。

モバイルSuicaはApple PayのSuicaも対象です。

Suica定期券やビューカード、ビューカードが特別提携するANAカード等だけでなく、イオンSuciaカードなどやゆうちょICキャッシュカードSuicaなども登録可能です。

ポイント還元率が4倍も違うとなるとやはりApple Payをはじめ、モバイルSuicaがおすすめですね。

JRE POINTのWEBサイトにSuicaを登録してみよう

JRE POINTのWEBサイトでは「鉄道ポイント・キャッシュレスポイント還元キャンペーン!!」として、2019年12月末まで、Suicaを新規で登録するとJRE POINTが100ポイントもらえます。

この機会にJRE POINTのサイトにSuicaを登録してみましょう。

JRE POINT(公式サイト)

SuicaにチャージするならJRE POINTカードにもなるビューカードは必携

JR東日本が発行するクレジットカード「ビューカード」を使えばSuicaへのチャージでJRE POINTが1.5%還元(1,000円=150ポイント)になりますので、Suicaへ駅の券売機で現金でチャージするのはもったいないです。

また、JRE POINTカードがあると、SuicaでのJR東日本の列車の利用で貯まったJRE POINTを店でポイントを使うのに重宝しますので、JRE POINTカード機能が付帯したビューカードを作っておくのがベストです。

JRE POINTには、ビューSuicaカードやビックカメラSuicaカード、ルミネカードなど色々なカードがありますが、JRE POINTを一番お得に貯められるのは、「JRE CARD」です。


JRE CARDについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご参考にしてみてください。

JR東日本の共通ポイントとして2016年2月23日に誕生したJRE POINTは、JR東日本の各駅ビルが発行するポイントカードの共通化からは...

関連記事:

JR東日本の共通ポイントとして2016年2月23日に誕生したJRE POINTは、JR東日本の各駅ビルが発行するポイントカードの共通化からは...
JALカードとビューカード、JRの東日本が提携して発行しているJAL Suicaカードのゴールドカードが「CLUB-Aゴールドカード」です。...
ビックカメラは家電製品はもちろん、パソコン、スマホ、ゲームもおもちゃもコンタクトレンズも自転車も食品やお酒まで購入できて、多くの商品で10%...
LUMINE(ルミネ)は新宿、ルミネエスト、有楽町、北千住、池袋、立川、町田、荻窪、ルミネ、ザ・キッチン品川、大宮、川越、横浜、藤沢、大船ル...
ANAカードには提携先やグレードがたくさんありますが、コスパ面で一番お得に利用出来そうなのがこのANA VISA Suicaカードです。 ...
通勤でJRを利用するようになりSuica定期券を使いはじめ、また家族もSuica定期券で通学するようになり、Suicaへのオートチャージを使...
こちらの記事は2017年12月にSuicaポイントクラブが統合された時のものです。 その後2018年6月28にはビューカードの利用で貯...
スポンサーリンク