必見!マイナポイント予約・登録にハマった人続出!100%成功のコツも含め、登録の流れを徹底解説!

登録するだけで、最大20,000円のお買い物が25%還元、5,000円相当もおトクになる国が行う「マイナポイント事業」、先着順ということもあり早速登録しました。

が、しかし、めっちゃハマりました。。。

アプリの評価が低いのが低すぎなのに不安を感じつつも入手、登録してみると評価のコメントの通りエラー出まくり、ようやく登録できたと思ったら、ログインしようとしても登録した覚えもないパスワードの入力を求められ意味ががわからず???

なんでこういうものを国が作るとこんなに分かりにくいものになるのか???

めっちゃハマりながら、Google先生に色々教えてもらって、自分でも色々試した結果、ハマらずに済む方法を見つけました。

と、いうことでこれから登録しようという方向けに解説していこうと思います。

スポンサーリンク

マイナポイントに参加する手順

マイナポイントのホームページによるマイナポイントに参加する手順はこんな感じ。

  1. マイナンバーカードを取得
  2. マイナポイントを予約(マイキーID設定)(現在受付中)
  3. マイナポイント申込(2020年7月より受付開始)

今回ハマったのは2のマイナポイントの予約のところですが、とりあえず1から順に見ていきましょう。

1.マイナンバーカードを取得

マイナポイントを予約するためにはマイナンバーカードが必須です。

通知カードではマイナポイント予約はできません。

マイナンバーカードの交付には1~2ヶ月程度かかりますので、お持ちでない方は今すぐ申し込みましょう。

マイナンバーカードはかなり便利!

私は確定申告のときにe-Taxを使いたくて作ったのですが、他でもかなり重宝しています。

  1. 確定申告がe-Tax(ネット)でできる(e-Taxだと源泉徴収票や保険の控除証明書などの提出も不要)
  2. 住民票・印鑑証明などがコンビニで取得できる(役所に行かなくて済む)
  3. 給付金が早く受け取れた(コロナウィルスの一律10万円の給付金は2020年5月12日にオンライン申請→6月2日に振り込まれました。その後5月末位に郵送の申請書類が届きましたが。)
  4. 身分証明書になる(免許証がない人は重宝するはず)

この先、健康保険証に使われたり、すでにいくつかの市町村ではポイントカード、地域通貨(?!)なんてことに使われたりもしているようですので、持っておかないと損することも増えてくるのかもしれません。

とは言っても、e-Taxや給付金のオンライン申請には、お家にインターネット環境があること、Internet Exploler11が使えるWindowsのパソコンとソニーの「Pasori(パソリ)」などのICリーダーライターが必要だったりしますが。。

マイナンバーカードの申請方法

通知カードと一緒に届いている「個人番号カード交付申請書」をお持ちの方は、スマホで写真をとってそのままスマホで申請できたりします。

こんなやつです。

QRコードを読み込むと、スマホで撮影した顔写真を使って申し込めます。

通知カードを持っていない方

通知カード(個人番号通知書・個人番号カード交付申請書)の再発行は2020年5月25日をもって廃止されており再発行はできませんが、通知カードがなくても申請する方法はあります。

実は私も通知カードを紛失して、この方法で申請しました。

それは「郵送による申請」です。

無料で郵送できる「封筒材料」と申請書のPDFファイルがありますので、タダで申請できます。

郵便による申請方法(マイナンバーカード総合サイト)

いやいや、そもそも通知カードがない時点で自分のマイナンバー(個人番号)がわからないし。。という方

自分のマイナンバー(個人番号)がわからない方は住民票で確認できます。

数百円程度お金はかかりますが、役所で住民票の用紙にある個人番号の表示にチェックを入れれば取得できます。(自治体によって違うかもしれませんが。)

私もこの方法でマイナンバーを確認したのですが、マイナンバー記載の住民票を取得する人はめったにいないみたいで、役所の人に「何に使うんですか?」とちょっと不審そうに聞かれました。。

2.マイナポイントの予約(マイキーID設定)

マイナポイントの予約?なんのことかよくわからないですよね?ということでホームページより引用してみます。

マイナポイント予約とは何か。

A.マイナポイントの予約(マイキーID設定)をすることで、令和2年7月(予定)より、マイナポイントの申込が可能になります。

マイナポイント事業ホームページより

余計意味がわからない。。ですね。

「マイキーID設定?」マイナンバーがあるのに、また別のIDを申請しないといけないの?って感じですよね。

マイキキーIDの説明(FAQより)です。

Q.マイキーIDとは何か。なぜ、マイキーIDが必要なのか。

A.マイナンバーカードのICチップ内には、公的個人認証サービスのための、利用者証明用電子証明書(利用者が本人であることを証明する証明書)の発行番号が保持されており、この利用者証明用電子証明書の発行番号に対応して利用者が任意に作成するIDです。

マイキーIDは、マイキープラットフォームの各種サービスやマイナポイントの付与を行うために、本人を認証するキーとして必要となります。なお、マイキーIDは、マイナンバーとは別の番号です。

マイナポイント事業ホームページより

???って感じですが、マイナンバー(個人番号)は基本的に一生同じ番号を使い続けるものなので、他人に知られて被害を受けないように、普段は別のIDを使うことで漏洩のリスクを防ごうという感じのようです。

銀行で言えば、インターネットバンキングに「口座番号と暗証番号」ではなく「ユーザーIDとパスワード(最近は2経路認証も)」を使うようなものと理解すればいい感じですかね。

マイキーIDは登録時は勝手に決められた文字列になりますが、再発行して別にものにしたり、自分の好きな文字に変えたりも出来るようなので、「ネットのサービスのログインID」というふうに理解しておけばいいのかと思います。

ちなみに、このマイキーIDは「マイキープラットフォームの各種サービスやマイナポイントの付与」とありますので、マイナポイント以外でも使うことになりそうです。

マイナポイント予約に必要な環境

マイナポイントはパソコンでもスマホのいずれでもできますが、必要な環境があります。

  • Internet Explorer 11が入っているWindows8.1またはWindows10のパソコンとマイナンバーカードに対応したICカードリーダライタ機器(ソニーのParoriなど)
  • 「マイナポイント」アプリが利用でき、NFC(Near Field Communication)が付帯している対象のスマートフォン

私はiPhoneでやってハマっちゃいました。

パソコン環境がある方はパソコンでやることをおすすめします。

家にPasori(パソリ)もあったので、最初からこっちでやっとけばよかった。。

マイナポイント予約手順の解説

マイナポイントを実際に予約してみて、めっちゃハマりましたので、これから予約される方が同じ目にあうことがないよう、ハマらないための手順を解説していきます。

使ったのはiPhone XSです。

ホームページのアプリのアイコンをタップ、App Storeが表示されましたが、評価が2.2??とめっちゃ低くなってます。。

レビューを見ると「エラーが出てカードがスキャンされない」という投稿がほとんど。

なにわともあれ、まあとりあえずアプリを入れて見ました。

アプリで予約してみた

実際にアプリをインストールし約してみました。

アプリ起動後の画面

「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」をタップ

読み取り開始をタップ

「パスワード入力」とダイアログが表示されますが、ここで入力するのはマイナーバーカードを取得時に登録した4桁のパスワード(暗証番号?)です。

※マイナンバーカードは役所で受け付けるときに4桁のパスワードが求められます。

このパスワードはマイナンバーカードを受けとるときに、役所の窓口で登録したものです。

4桁の数字とアルファベットと数字の組み合わせの2種類の登録が求められた記憶がありますが、ホームページを見るともっとたくさんあるようです。

  1. マイナンバーカード署名用パスワード
  2. 利用者証明用パスワード(4桁の数字)
  3. 券面事項入力補助用パスワード(4桁の数字)
  4. 個人番号カード用(住民基本台帳用)パスワード(4桁の数字)

ここで必要なのは4桁の数字のやつです。

入力してOKをタップすると「スキャンの準備ができました」「マイナンバーカードをセットしてください」と表示されますので、イラストにあるようにマイナンバーカードの上にスマホをかざします。

しかし、問題はここからです。

アプリのレビューにある通り、何度試してもエラーが連発しました。

「レビュー通りのひどいアプリじゃん」とか思いつつも、Google先生で調べまくったら、このページを発見!

https://www.jpki.go.jp/faq/trouble/iphone.html

https://www2.jpki.go.jp/faq/trouble/nfc/iphonefaq.pdf

これにより、なんとかマイナポイントの予約(マイキーIDの発行)が完了しました。

それにしても、マイナポイントのホームページの説明が不親切すぎ!

こんな大事な情報はちゃんと紹介しておいてくれないと。。

その後、7月に始まるマイナポイント申込のために、ログインを試みてここでも、ハマりました。

あまりにマイナンバーの読み取りがひどいので、「マイIDキーとパスワードで認証」をしようと思いましたが、パスワードがわからない。。

マイナンバーカードのパスワードを入れてみてもダメ、よくよく調べてみると2020年1月30日までにマイキーIDを設定した人じゃないと使えないらしく。

ということでマイナンバーをうまく読み取る方法を試行錯誤した結果、100%読み取ることが出来る方法をみつけましたので、紹介したいと思います。

マイナポイントアプリでマイナンバーを100%読み取る方法(iPhone XS編)

私が試したのはiPhone XSですので、他のスマホの方は、この方法を参考に確実に読み取れるポジションを工夫しながらベストなポジションを見つけていただければと思います。

  1. マイナンバーカードを机の上とかに置く(ビニールのケースに入れたままでもOK)
    ※金属の机では正確に読み取れないようです。
  2. (必要に応じて)iPhoneのカバーを外す
    ※iPhoneとマイナンバーカードの間に金属があるとNG、私は手帳型のケースを使っていますが、これをつけた状態では読み取りできませんでしたので、カバーを外しました。
  3. アプリを起動して「マイナンバーカードでログイン」を選び、パスワード入力まで進めたら、下の写真を参考にマイナンバーカードの上にiPhoneを置き、パスワードを入力。
  4. そのまま5秒程度放置
    読み取りが完了しマイページが表示されます。

iPhone XSの場合、コツはカメラの突起の部分にマイナンバーカードのケースを引っ掛けるようにすること。

この方法で何度か試しましたが、マイナンバーカード読み取りの成功率は100%でした。

マイナンバーカード読み取りには5秒程度かかるようですので、読み取り中に位置をずらしたりするのは逆効果のようです。

先ほど紹介した「電子証明書の読取り可能なスマートフォン(iPhone)に関するトラブル」の中では「iPoneから1cm程度話すと読み取りやすくなる場合があります。」と記載がありますが、私が試した限り、iPhoneの上に置いた状態で問題有あませんでした。

新規でマイナポイント予約する際にも使える方法ですので、参考にしてみてください。

関連記事:

「マイナンバーカードで上限5,000円分もらえる」マイナポイントの申込が2020年7月よりスタートします。 誰でももらえる一律...