JCBカードのスマホ決済で全員に20%キャッシュバックキャンペーン!(2019年12月15日まで)キャッシュレス決済のお得の連鎖が止まらない!

2018年にスマホ決済のPay PayやLINE Payなどはじめて、話題になった20%以上の超高還元キャンペーンですが、2019年夏にはクレジットカードのイオンカードが参戦し話題になっていますが、この争いに国際ブランドも手掛ける老舗のクレジットカード会社「JCBカード」が参戦してきました。

2019年8月16日金)~2019年12月15日(日)の利用分が最大10,000円キャッシュバックになります。

ただし、対象はスマホ決済利用分のみとなていますので、どうすればお得にできるのか?詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

JCBカード「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」

「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」は、JCBカードで以下のの3つの条件を満たすと、カード1枚につき上限10,000円まで20%キャッシュバックになります。

  1. Apple Pay(iPhone7・Apple Watch以降のフェリカ対応端末)または Google Pay(TM) にJCBカードを登録
  2. キャンペーンにエントリー
  3. QUICPay(クイックペイ)加盟店でApple Payまたは Google PayのQUICPayを使って買い物をする

キャンペーン期間

2019年8月16日(金)〜2019年12月15日(日)

期間中にエントリーを行えば、エントリー前の利用金額も対象になりますが、エントリーをしないとキャッシュバックの対象にはならないので、必ずエントリーは忘れずに行っておいてください。

本会員カード・家族カードそれぞれでエントリーが必要です。

対象はJCBグループ発行の個人向けカード、一部のビジネスカード

キャッシュバックの対象となるのはJCBグループ発行の個人向けカードと一部のビジネスカードです。

JCBカードを複数枚持っている方は、それぞれのカードがキャンペーンの対象になります。

ApplePayはクレジットカードだけですが、Google Payはデビット、プリペイドカードも対象です。

  • Apple Pay:JCBクレジットカード
  • Google Pay:JCBクレジットカード、JCBデビットカード、JCBプリペイドカード

JCB発行のカード番号が355から始まるカード(ビジネスカード、法人カード)、みずほWalletなど、対象外のカードがあります。

また、国際ブランドのJCBが付帯したJCB以外のカード会社が発行したカードは対象ではありませんのでご注意ください。

例えば、JCBブランドのヤフーカードはApple Payに登録するとQUICPayが使えますが、ヤフーカードを発行しているのは「ワイジェイカード株式会社」ですのでキャンペーン対象外です。

アプリやWEBで「My JCB」にログインしてエントリーでき、Apple PayかGoogle Payに登録してQUICPayが使えればOKです。

エントリー後は、キャンペーンページの「参加中」のところに表示されますので、確認してください。

リクルートカードはずっとApple Payには対応していなかったのですが、ダメもとで登録してみたらできてしまいました。

すでにJCBカード会員の方も対象

すでにJCBカードを持っている方、すでにApple Pay、 Google Payに設定し利用したことがある方もキャンペーンの対象になります。

家族カード会員も1会員としてキャッシュバック対象になる

今回のキャンペーンでは家族カードを利用している方の場合、家族カードのそれぞれの利用分の利用金額をもとにキャッシュバックになりますので、「本人カード+家族カードの合計枚数×10,000円」が最大キャッシュバック金額になります。

本人会員一人ならキャッシュバック額は最高10,000円ですが、奥さんやお子さんの家族カードがあれば10,000円×家族数分がキャッシュバックの最高額にできます。

この機会に家族カードを作ってみるのもよろしいかと思います。

キャッシュバック詳細

キャッシュバック対象は、対象カード1枚につき上限額10,000円です。

1枚のカードを複数のデバイスに設定して利用しても、上限は10,000円までです。

家族カードや複数のJCBカードを使っている場合は、それぞれのカードで10,000円までキャッシュバック対象になります。

クレジットカード利用のキャッシュバックは、2020年3月の「カードご利用代金明細」からの値引きとなり、2020年3月の利用金額がキャッシュバック金額未満の場合には、引落口座に振り込まれます。

デビットカード利用のキャッシュバックは、2020年4月の「カードご利用代金明細」からの値引きとなり、2020年4月の利用金額がキャッシュバック金額未満の場合には、引落口座に振り込まれます。

プリペイドカード利用のキャッシュバックは、2020年3月31日(火)までに実施(残高にチャージ)されます。(「ANA JCBプリペイドカード」でマイルコースを設定している場合もキャッシュバックされます。)

QUICPay(クイックペイ)TM加盟店

キャッシュバック対象となるのは、Apple Pay、 Google Payが使える日本国内のQUICPay・QUICPay+(クイックペイプラス)TM加盟店での利用分です。

JCBデビットカード・JCBプリペイドカードは、QUICPay+マークのあるお店のみ利用できます。

Suicaへのチャージやオンラインショップの利用分、各種年会費・データ維持料、ショッピングリボ、分割・スキップ払いの各手数料、キャッシングサービスご利用分、再発行手数料を含む各種手数料などはご利用合計金額に含まれません。

おすすめのJCBカードは?

これからJCBカードを作ろうとされている方におすすめなカードを紹介します。

39歳以下限定、JCB CARD W/JCB CARD W plus L

39歳以下の方におすすめなのは、年会費永年無料ながら常時ポイント2倍の「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」です。

 

日本発の国際ブランド「JCB」が自ら発行するクレジットカードの中でも、最も由緒正しいクレジットカードがJCBオリジナルシリースです。 ...

女性におすすめなJCB LINDA(リンダ)

JCB LINDA(リンダ)は年会費実質無料で利用でき、利用金額に応じてもらえるボーナス制度でポイント還元率が最大1.5%、女性にうれしい特典が満載のクレジットカードです。

JCB LINDA

JCB LINDA(リンダ)は年会費実質無料で利用でき、利用金額に応じてもらえるボーナス制度でポイント還元率が最大1.5%、女性にうれしい特...

JCBオリジナルシリース

日本発の国際ブランド「JCB」が自ら発行するクレジットカードの中でも、最も由緒正しいクレジットカードがJCBオリジナルシリースです。

JCBオリジナルシリースには、一般、ゴールド、プラチナ、ザ・クラスと複数のグレードがありますが、入門者の方ににおすすめなのは初年度年会費無料にできる一般カードです。
JCBブランドのついたクレジットーカードは無数に存在しますが、JCBが発行するプロパーのカードの中でも、最上級の「JCBザ・クラス」へのステ...

キャッシュレス決済って本当に大丈夫なの?という方

キャッシュレス決済って大丈夫なの?という方にキャッシュレスのメリット・デメリット、セキュリティなどについて詳しく紹介していますので、ご参考になればと思います。

キャッシュレス決済とは、現金(紙幣や硬貨)を使わない支払い方法全般のことです。 キャッシュレス決済というと、Pay PayやL...
スポンサーリンク