NTTドコモの新決済サービス「d払い」ってなに?dカードよりもお得なの?

NTTドコモが2018年4月より開始した「d払い」、スマホのアプリでバーコード(またはQRコード)を表示し、レジで読み取ってもらうことで、ケータイ料金と合算して請求される(もしくはクレジットカード支払い)サービスで、dポイントも貯まります。

バーコード・QRコードを使ったドコモのケータイ払いのアプリ版という感じでしょうか?

dカードとどう違うのか、どっちがお得なのか?Apple Payとどっちが使い易いの?などなど、dカードユーザーとして気になる点が色々ありますので、現時点でわかっていることを諸々調べてみましたので、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

なぜドコモがバーコード・QRコード決済のd払いをはじめたのか?

「QRコード決済」は中国では「アリペイ」や「WeChat Pay」などがかなり普及していますし、日本でも「楽天ペイ」「LINEペイ」「Origami Pay」などがすでにサービスを提供しています。

スマホを使った支払いといえば、ドコモはすでにおサイフケータイやApple Payに対応していますが、おサイフケータイやApple PayはFelica(フェリカ)搭載の端末に制限されることや、QRコード決済はお店側の導入コストが低く、今後導入するお店が増えて行くことが予想されることなどもあり、先行する「LINEペイ」などに遅れを取るわけにはいかないといった感じなのでしょう。

d払いを使うには?

d払いはスマートフォンに専用のアプリをインストールし、パスワードや支払い方法(ドコモの料金としてかクレジットカード払いかなど)を設定すれば使えるようになります。

月額利用料金は無料です。

アプリの対応OSはそれぞれ以下のとおりです。

  • Android OS : 5.0以上
  • iOS : 10.1以上

ドコモのスマホでなくても利用できる

d払いはクレジットカード払いに対応していますので、スマホの契約がドコモでない方もdアカウントを発行すれば利用可能です。

ドコモの回線を使っている方なら携帯番号とspモードパスワード、もしくはネットワーク暗証番号ですばやくログインできます。

 

ログインすると早速バーコードとQRコードが表示されました。

d払いのお店での支払い方法

お店で支払う際には、アプリを起動しバーコード(またはQRコード)の画面をレジのリーダーで読み取ってもらうことで支払いが完了します。

QRコードとバーコード有効期限が設定されていますので、表示する度に内容が変わります。

dポイント加盟店ならdポイントを使って支払うことも可能です。

ちなみにdポイントで支払った分はポイント対象外です。

支払後にはレシートメールが届きます。

支払画面の左下にいるポインコをタップするとdポイントカードのバーコードも表示でき、dポイントクラブ加盟店で読み取ってもらえば、提示で貯まるdポイントももらえます。

また、ドコモ口座をお持ちの方なら、ドコモ口座の残高を使って支払うことも可能です。

dポイント・ドコモ口座設定方法

dポイント・ドコモ口座を使うには、予め設定が必要です。

d払いアプリの左上のハンバーガーメニューからメニューを表示させ、「設定」をタップし、設定が画面の「充当方法」をタップします。

 

dポイントかドコモ口座かを選ぶメニューが表示されますので、どちらかをタップしチェックされた状態にし、左上の「<」をタップして戻れば設定完了です。

「全て」となっている文字のところをタップすると一度に利用するdポイントやドコモ口座の金額の上限も変更できます。

ポイントやドコモ口座をお店の支払いで使う際には、d払いのバーコード画面にある「ドコモ口座で支払う」もしくは「dポイントで支払う」をタップし、選択された状態にしてからお店の人に読み取ってもらいます。

 

最初に表示されたときには、ポイントやドコモ口座利用は選択されていない状態なので、そのまま読み取ってもらった場合には、ポイントやドコモ口座の残高は利用されませんので、注意が必要です。

ポイントを利用する設定にしていると、現在もっているポイント数が表示されます。

気になるポイント還元率は?

d払いのネットのお店での還元率は100円(税込)につき1ポイントですので1%ですが、街のお店での還元率は200円(税込)につき1ポイントですので0.5%還元です。

dカードに比べると半分と低い設定です。

dカード支払いにしてポイント3重取りが可能!

d払いアプリでの支払い方法は、電話料金合算払いの他にVISA・MASTERブランドのクレジットカード払いが選択できます。

dカードも登録でき、dカード払いすればd払いで貯まるdポイントに加え、クレジット払い分のdポイントも貯まり、dポイントクラブ加盟店であれば、dポイントカードの提示で貯まるポイントまでもらえますので、いわゆるポイント3重取りができてしまいます。

200円(税込)で1ポイントの街のお店(dポイントカードは100円で1ポイント)の場合、200円で5ポイントと、2.5%還元にできます。

  • d払い:200円(税込)=1dポイント
  • dカード:200円(税込)=2dポイント
  • dポイントカード:200円(税込)=2dポイント

実際に使ってみた結果、こんな感じで反映されました。

d払いに対応しているウェルシア薬局でd払いを使って1,100円程買い物をしてみました。

d払いでもらえる200円(税込)=1dポイント分は利用後すぐにポイントが加算されました。

★がついているのでdポイントクラブのステージ判定対象の通常ポイントです。

そして5日後にdカード支払い分のポイントも加算されました。

1,100円で合計16ポイント獲得です。

ウェルシアはdポイントクラブ加盟店ではないので、dポイントカード提示でのdポイントはつきませんが、Tポイントカードを提示すればdポイントだけでなく、Tポイントも貯められます。

実際、Tポイントカードを提示して20Tポイント獲得できたので、dポイントとTポイント合計で36ポイントの獲得となりましたので、合計のポイント還元率は3%を超えました。

36ポイント ÷ 1,100円 = 還元率3.3%

ちなみに、ローソンならdポイント3重取りも可能です。

dカードを使うにはd払いアプリにあらかじめ登録が必要

d払いアプリでdカード支払いにするためには、あらかじめdカードを登録しておく必要があります。

またdカードを登録するためには、あらかじめ「Member’s ID(メンバーズID)」と「インターネットショッピング本人認証サービス(3Dセキュア)」の登録が必要です。

インターネットショッピング本人認証サービスの登録は、dカードのアプリかホームページにMember’s ID(メンバーズID)でログインして設定します。

d払いアプリへのdカード登録方法

dカードを登録するには、メニューの「設定」をタップ、設定画面の「お支払い方法」をタップします。

 

「クレジットカードを登録」をタップすれば、dカードの登録が行えます。

登録後はdカードをタップし、選択された状態にして「次へ」をタップすると「インターネットショッピング本人認証サービス(3Dセキュア)」のパスワード入力画面が表示されますので、パスワードを入力して「送信」をタップすると登録が完了します。

登録が完了すると、支払いのバーコード・QRコード画面の支払い方法のところにdカードのロゴとカード番号下4桁が表示されます。

d払いが使える街のお店

「d払い」が使える街のお店はこちらです。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 髙島屋
  • タワーレコード
  • URBAN RESEARCH
  • ウエルシア
  • ウエルシアダックス
  • ハックドラッグ
  • ハッピードラッグ
  • B.B.ON
  • マルエドラッグ
  • GATHERING TABLE PANTRY
  • サツドラ
  • JINS
  • earth music&ecology
  • AMERICAN HOLIC
  • E hyphen world gallery
  • Green Parks
  • koe
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ウォンツ
  • ドラッグストアウェルネス
  • レデイ薬局
  • ドラッグ新生堂
  • ポプラ
  • メガネスーパー
  • UNITED ARROWS
  • BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
  • H BEAUTY&YOUTH
  • STEVEN ALAN
  • 6(ROKU)
  • UNITED ARROWS green label relaxing
  • ITALIAN RESTAURANT&BAR GOHAN
  • 三代目鳥メロ
  • TGI フライデーズ
  • TEXMEX FACTORY
  • にくスタ
  • ニッポンまぐろ漁業団
  • bb.q OLIVE CHICKEN cafe
  • ミライザカ
  • 和民
  • 坐・和民
  • WANG’S GARDEN

当初のプレスリリースではマツモトキヨシも2018年度中には対応予定となっていましたので近々使えるようになると思います。

 dケータイ払いプラスもd払いに名称変更

d払いのサービス開始に伴い、dケータイ払いプラスの名称がd払い(ネット)に変更されました。

dケータイ払いプラスのサービス内容に変更はありません。

ポイント還元率はネットのお店(元dケータイ払いプラス)は現状のまま基本1%還元です。

金・土曜がお得になる「d曜日」も継続されていますので、ネットのお買い物は週末にするようにするのがよろしいかと思います。

無印良品やノジマオンライン、DHCやPLAZA、KALDIやABCマート、BEAMSやタワーレコードなどのお店で、週末にオンラインショップを...

d払いとApple Payはどっちが使いやすい?お得?

私はiPhone7にdカード GOLDを登録して、iDが使えるお店ではほぼすべてApple Payで支払いをしています。

d払いが導入されることで支払い方法の選択肢が増えるのですが、どっちが便利でお得になるか比較してみました。

Apple Pay d払い
支払いの使いやすさ
かざして指を乗せるだけでOK
(iPhoneXはFaceID)

アプリを起動してバーコードを表示させ店員に読み取ってもらう
dポイント加盟店でポイントの貯めやすさ
dポイント、dカードアプリを起動しバーコードを表示して店員に読み取ってもらった後に、iDで払うと告げかざして指を乗せて支払う

d払いアプリのQRコード画面からポイントカードのバーコードも簡単に表示できるので、ポイントと支払いが1アプリで完結できるので便利
dポイント加盟店でポイントの使いやすさ
貯めるときと同じ操作

d払いアプリでポイント利用を指定できるので1アプリで完結できる
お得度
dカード支払いに設定した時にdカードとd払いのポイント2重取りができるのでお得
使えるお店 ◎全コンビニやスーパー、飲食店ガソリンスタンドなどたくさんある △ローソン、ファミリーマートの他はドラッグストア、アパレルチェーン、居酒屋チェーンなど

d払いアプリで支払う操作が、dポイントの提示でポイントが貯まる機能も兼ね備えているのであれば、ポイントカードの提示と支払いが1アプリで完結できてかなり便利に使えそうです。

あとd支払いアプリにdカードを登録すれば、d払いの方がお得にできます。

dカード GOLDはドコモの料金が10%還元になりますが、d払いをドコモの電話料金の合算にした場合、d払い利用分はポイント10%の対象外です。

Apple Payのキャンペーン中はiDがお得!

dカードでは不定期ですが、ApplePay(iD支払い)でポイントアップになるキャンペーンが行われています。

2018年12月21日~2019年年3月31日まではApple Pay利用でdポイント5倍になります。

キャンペーンは3回に別れており、それぞれにエントリーが必要です。

  • 第1回:2018年12月21日(金)~2019年1月31日(木)
  • 第2回:2019年2月1日(金)~2019年2月28日(木)
  • 第3回:2019年3月1日(金)~2019年3月31日(日)

キャンペーンで獲得できるポイントの上限は月2,000ポイントですので、支払い金額としてyは月約50,000円までになりますが、d払いよりもお得にできますので、上限金額まではApple Payの方が断然がお得です。

dカードでは久々のApple Payのポイント5倍が始まりました。 期間は3回に別れており、それぞれにエントリーが必要です。 ...

Felica(フェリカ)非搭載スマホならd払いは便利かも

d払いの最大の特長はFelica(フェリカ)が搭載されていないスマホでも利用できるところかと思います。

クレジットカードを持っている方ならドコモの契約がなくても、無料で発行できるdアカウントさえあれば利用できますので、YモバイルでiPhone6を使っている方など、格安スマホなどの方もクレジットカードで貯まるポイントに加え、200円に1ポイントのdポイントが貯められるのは、悪くないかもしれません。

とはいえ、まだまだ使えるお店が少ないので、導入店舗が増えてこないと利用する機会がなかなかないかもしれませんが。

d払いもdポイントをお得に貯めるならdカード GOLDがおすすめ

d払いを使いたい方にとっても、dポイントを本気で貯めたい方におすすめなのが、dカード GOLDです。

dカード GOLDは年会費10,000円(税抜)が毎年かかりますが、ドコモとドコモ光の料金が1,000円につき100dポイントと約10%ポイント還元になりますので、月に9,000円以上の利用があれば、年会費以上にお得にできます。

実際に1年使ってみてどの程度お得にできたのか記事にまとめてみましたので、是非ご覧ください。

iPhone7をお得に入手するためにドコモにNMPしたのがきっかけでdカード GOLDに入会し、家族も巻き込んでdカード GOLDをメインに...

ドコモ以外でもカード支払い100円につき1dポイントと約1%還元と中々の高還元ですが、dカードのすごいところは、さらにポイント還元率がアップするお店が沢山あるところです。

dカード特約店

ドコモオンラインショップや高島屋、三越伊勢丹、タワーレコードや紀伊國屋書店を始めとするdカード特約店ならカード支払分のポイントにdカード特約店の利用ポイントが上乗せされます。

dカード特約店

dポイント加盟店

さらにdカードにはdポイントカード機能が付帯していますのでマクドナルドやローソン、dポイント加盟店なら提示で貯まるdポイントとカード利用のポイント2重取りができます。

dポイント対応店舗・サイト一覧

dケータイ払いプラス対応店(2月下旬よりd払いに名称変更)

dケータイ払いプラスに対応しているお店なら毎週土曜は「毎週おトクなd曜日」でポイントが5倍とかになるキャンペーンも今のところずっと続いています。

ここ数ヶ月は金曜日も対象になっていますね。

メルカリ、ノジマオンライン、ソニーショップ、無印良品、アニメイト、タワーレコード、BEAMS、UNITED ARROWS LTD.  ONLINE STOREなど魅力的なお店が増えてきました。

無印良品やノジマオンライン、DHCやPLAZA、KALDIやABCマート、BEAMSやタワーレコードなどのお店で、週末にオンラインショップを...

対象サイト(dケータイ払いプラス)

dショッピング、d fashion、dトラベル

dショッピング、d fashion、dトラベルならいつでもポイント3倍になります。

dカード、DCMXならいつでもポイント3倍(dカード)

dカードポイントUPモール

今まで紹介してきた中にないお店、例えばAmazonや楽天市場、YAHOO!ショッピングを始めとするショッピングモールをはじめ、様々なネット通販や旅行予約サイト等なども、dカードポイントUPモールを経由して買い物をすることで、ポイントが1.5倍~10.5倍お得に貯めることができます。

dCARD ポイントUPモール

ここまで来ると、買い物や旅行、レジャーなど、ほとんどのシーンでお得にdポイントが貯められる感じですね。

豊富なキャンペーン

dカードを使っていると、dカードが実施するキャンペーンとdポイントクラブが実施するキャンペーンの両方のキャンペーンが利用できるため、いつもかなりの数のお得なキャンペーンが利用できます。

dカードキャンペーン

dポイントクラブキャンペーン

新規入会でdカード GOLDの年会費以上にお得に

dカード GOLDの新規入会キャンペーンをうまく活用すれば、dカード GOLDの年会費1年分(税込10,800円)以上は確実にお得にできます。

エントリーやカードの利用金額など、いくつか条件がありますので、事前にしっかり理解して最大限お得に使いこなしていきましょう。

キャンペーンの詳細は公式サイトにてご確認ください。

関連記事:

ポインコ兄弟のCMでもすっかりおなじみになったdカードです。 ドコモとドコモ光の料金が10%還元になるdカード GOLDは400万人以...
お得なキャンペーンが目白押しで個人的にもこのところメインカードとして利用しているdカードですが、今度はポインコデザインが登場しました。 ...
dカードがドコモユーザーでなくても使えるようになり、どなたでもdポイントをお得に貯めることができるようになりました。 ...
ポインコ兄弟のCMなどで知名度もかなり上がってきたdポイント。 全国のローソンがポイント3倍などお得にポイントがたまるお店もあ...
dカード・dポイントカードを利用している方もこれからdカードを利用してみようと思っている方も、こまめにチェックしておいたほうがよいホームペー...
無印良品やノジマオンライン、DHCやPLAZA、KALDIやABCマート、BEAMSやタワーレコードなどのお店で、週末にオンラインショップを...
楽天市場のSPUプログラムで最大ポイント8倍やYAHOO!ショッピングの「Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!」などポイント還元率...
スポンサーリンク