消費増税後の消費税ポイント還元 、クレジットカード大手5社も値引対応になる模様

2019年10月の消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度にて、「コンビニ大手4チェーンがキャッシュレス決済時に還元対象の2%相当の金額を値引きする」という報道があったばかりですが、今度は大手クレジットカード会社5社も同様の対応をする方針を決めたようです。

対象となるのは下記のクレジットカード会社5社です。

  1. JCBカード
  2. 三井住友カード
  3. クレディセゾン
  4. UCカード
  5. 三菱UFJニコス

とはいってもこれは一体どういうもので何をすればいいのか?この情報だけだとよくわからないと思いますので、この対応がどういうことなのかについて紹介していきたいと思います。

ちなみにJCBカードは現在20%キャッシュバックキャンペーン実施中です。

2019年10月に消費税が現行の8%から10%へ2%もの引き上げが実施されます。 「軽減税率」が適用される「飲料・食料品(酒類・外食・...
スポンサーリンク

2019年10月の消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度って?

2019年10月より消費税率が10%と2%アップになりますが、増税後の景気後退を防べく、国からの補助金で、6ヶ月間限定で私達の税負担を軽くしてくれるというものです。

対象をキャッシュレス決済に限定したのは、日本人は世界的にみてキャッシュレス決済の普及が大きく出遅れているのを、この機会になんとかしたいということですね。

増税が実施される2019年10月から2020年6月末までの9カ月間、対象店舗でのキャッシュレス決済に限り最大5%のポイント還元になります。

対象店舗は「中小・小規模事業者」で「加盟店登録済」のお店やサービスです。

大手コンビニチェーン、飲食チェーンなども「中小・小規模事業者」がフランチャイズに加盟し経営している場合は、値引きの対象ですが、還元率は2%となります。

  • フランチャイズ店:ポイント2%還元
  • フランチャイズ店以外:ポイント5%還元

このあたりの詳細についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ご確認ください。

2019年10月に消費税が現行の8%から10%へ2%もの引き上げが実施されます。 「軽減税率」が適用される「飲料・食料品(酒類・外食・...

クレジットカード大手5社の値引き対応とはどういうこと?

クレジットカード会社5社の値引き対応はどういうことかというと「シュレス還元事業で還元される金額をポイント還元から請求時値引きに変更する」ということです。

還元方法がかわるだけで還元率がアップするというものではありません。

いずれのカード会社もポイントプログラムが1,000円につき1ポイント(1ポイント=5円相当)という付与ルールのため、対象店舗の利用が月に1,000円未満だったときの対応や、利用店舗によって還元率を変更するためのシステム改修のコストなどを考えると値引きにしてしまう方が対応しやすいという理由のような気もします。

まあ値引きにしてくれる方が、わかりやすいし端数分の無駄とかもないのでありがたい対応ではありますが。

三井住友カードのホームページは対応方法が詳しく記載されていますが、キャッシュレス決済方法により、還元方法や還元までの期間が異なります。

  • クレジットカード:請求額から減算(利用日から2~3ヶ月後)
  • デビットカード:銀行口座に返金(利用日の翌月)
  • プリペイドカード:残高に加算(利用日の翌月)

クレジットカードは引落が利用日から1ヶ月後とかなので、支払日を起点にして見るとそれほど変わらない感じだと思います。

コンビニエンスストアの2%値引きとダブルで適用される?

2019年10月の消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度にて「コンビニ大手4チェーンがキャッシュレス決済時に還元対象の2%相当の金額を値引きする」といわれていますが、コンビニで2%分の値引きを受けた利用額に対して、カード会社からも還元は受けられるのでしょうか?

今回のキャッシュレス・消費者還元事業では、以下のような流れで還元がされます。

キャッシュレス決済事業者が国から補助金を受け、消費者にポイント等で還元する流れとなっているので、コンビニエンスストアが値引きで対応するとなると、それを補填するためには、キャッシュレス事業者が値引き分を上乗せして入金するなどの対応が必要です。

いずれにしても、コンビニもカード会社も国からの補助金を還元するだけですので、コンビニで買い物時に値引きを受けた利用額は、カード会社としてはキャッシュバック対象金額の対象外となる可能性が高そうです。

コンビニの値引き対応についてはこちらの記事でも紹介しています。

2019年10月の消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度にて、「セブン‐イレブン」、「ローソン」、「ファミリーマート」、「ミニ...

キャッシュレス決済は一気に普及する?

2019年10月に消費税率が10%に引き上げられるのに伴い、6ヶ月間キャッシュレス決済で最大5%ポイント還元になる「日本どこでもキャッシュレス最大5%還元」の効果によりキャッシュレスは一気に普及するのでしょうか?

これについては、対象のお店がどの程度まで増えるのかに左右されると思います。

7月現在の加盟店一覧では私が住んでいる地域のお店は、正直普段の買い物で利用するお店が少なく、微妙な感じでしたが、8/21に更新されたリストでは街のお店ではフランチャイズチェーンの具体的なお店も掲載され、その中には、セブンイレブン、マクドナルド、カレーハウスCoCo壱番屋、ぎょうざの満州、牛角、ベローチェなどの名前もありました。

また楽天市場、Yahoo!ショッピング、その他ECサイトの対象店舗も掲載され、大分盛り上がりつつある感じがしてきました。

個人的には、個人で経営されている飲食店の方々にどんどん加盟していただきたいです。

最新の登録済みの加盟店リストは以下のPDFファイルでご確認いただけます。

「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録申請状況(PDF)

キャッシュレス決済は使わないともったいない

私はランチで現金しか使えない飲食店や弁当屋さん(月に数千円程度)以外は全てキャッシュレス決済です。

個人的にはキャッシュレス決済については、使わないともったいないと思っています。

私が実感しているキャッシュレス決済のメリットはこんな感じです。

  1. 現金払いよりお得(ポイントや残高が還元される)
  2. 紛失・盗難、不正利用時の補償がある
  3. お店での支払いがスムーズ(現金に触らなくて済む)
  4. ATMで現金を引き出す必要がない(ATM手数料もかからない)
  5. 使った履歴がスマホで確認できる(レシートがなくても勝手に家計簿も作れる)

このあたりについてはこちらの記事で紹介していますので、ぜひご確認ください。

キャッシュレス決済とは、現金(紙幣や硬貨)を使わない支払い方法全般のことです。 キャッシュレス決済というと、Pay PayやL...
スポンサーリンク