ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術 エネオス(旧エッソ・モービル・ゼネラル)編

ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回はエネオス(旧エッソ・モービル・ゼネラル)編です。

「エッソ・モービル・ゼネラル」は2019年7月までに「エネオス(ENEOS)」ブランドに統一されます。

私の近所の「エッソ・モービル・ゼネラル」のExpressは全てエネオスになりましたが、まだシナジーカードやスピードパスプラスなどは使える状態ですので、旧Expressのエネオスとしてご確認いただけるとよろしいかと思います。

スポンサーリンク

ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術エネオス(旧エッソ・モービル・ゼネラル)編

Esso(エッソ)・Mobil(モービル)・ゼネラルが展開するガソリンスタンド(サービスステーション)Express(エクスプレス)、エネオス(旧Express)で使えるカードは、シナジーカード(2018年10月以降の発行はエネオスカードCB)、エネオスカードの他にも、色々あります。

電子マネーもnanacoや楽天EdyやSuica、PASMO等の交通系の電子マネーや、iD、QUICPayも使えるようになっています。

ざっとまとめるとこんな感じです。

カード 特典 還元率

シナジーカード
エネオスカードCB

会員価格(約2円引き/L)+最大7円引き/L
1L=130円の場合
~4.2%
エネオスカード 1,000円=30ポイント(ポイントタイプの場合) 〜2.8%
dカード 100円=1ポイント(dカード通常ポイント)
+200円=1ポイント(dカード特約店ポイント)
※dカード特約店分は201年6月まで100円=1ポイント
1.5%
楽天カード

100円=1ポイント(通常ポイント)
+200円=1ポイント(特別特典ポイント)

1.5%
JALカード

ショッピングマイルプレミアム登録:100円=2マイル
〃未登録:200円=2マイル

3.0%
1.5%
ANAカード

100円=1マイル
+クレジットカードポイント1,000円=1ポイント

2.25%
~3.0%
ビューカード

ポイント2倍:1,000円につき4ポイント(10円相当)

1.0%
TS CUBIC CARD ポイント1.5倍:1,000円=15ポイント
スピードパスプラス・QUICPay利用可能
1.5%
~2.25%
レクサスカード ポイント1.5倍:1,000円=15ポイント
+ガソリン3%OFF(ハイオク・レギュラー)
4.5%
JCBオリジナルシリーズ
※2019年6月末で利用特典終了
ポイント2倍:OkiDokiポイント1,000円=2ポイント
スピードパスプラス・QUICPay利用可能
(JCBオリジナルシリーズパートナー)
1.0%
エディオン カード
※2019年6月末で利用特典終了
ポイント1.5倍:100円=1.5ポイント
スピードパス利用可能
QUICPay・VISAタッチの利用は対象外

1.5%
JR東海エクスプレス・カード
※2019年6月末で利用特典終了
ポイント2倍:ワンダフルプレゼント21ポイント1,000円=2ポイント
スピードパス利用可能
セディナiD・セディナ QUICPayでの支払いは対象外
1.0%
首都高カード
※2019年6月末で利用特典終了
ポイント2倍:200円=2ポイント
※新規入会は受付終了
QUICPay・VISAタッチの利用は対象外
1.0%
e-kenetVISA カード
※2019年6月末で利用特典終了
おけいはんポイント500円=1ポイント 0.2%
ダイワプライマリー カード
※2019年6月末で利用特典終了
大和ご優待ポイント200円=1ポイント
+ジャックスラブリィポイント200円=1ポイント
1.0%
nanaco nanacoポイント 給油1L=1ポイント
nanacoポイント 洗車等100円(税抜)=1ポイント
1L=130円の場合
nanacoクレジットチャージとの2重取り可能(リクルートカードの場合1.2%)
0.8%
~3.0%
QUICPay
(Apple Pay含む)
紐付けたクレジットカードによる
リクルートカードの場合1.2%
~2.0%
楽天Edy 楽天スーパーポイント200円=1ポイント
楽天カード等チャージとの2重取り可能
0.5%
~1.0%
iD
(Apple Pay含む)
紐付けたクレジットカードによる
dカードの場合1.0%
0.5%~
Kitaca・Suica・PASMO・toICa・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん ポイント付与対象外

QUICPay、iDに対応していますので、ApplePayが使えるクレジットカードをフェリカ対応のiPhone、Apple Watchに登録すればApplePayで支払いもできます。

シナジーカード・エネオスカードCB

エッソ・モービル・ゼネラルが個人向けに発行しているオフィシャルのクレジットカードはシナジーカードですが、2018年10月以降、VISA・MASTER(発行元:NICOS)は名称がエネオスカードCBに変わり、デザインも変更になっています。

シナジーカードの新規申込み受付は2019年6月30日で終了となります。

synergy-card

Express、エネオスで会員価格が適用されるのに加え、前月の利用金額に応じて、ガソリン代がキャッシュバックになります。

年会費2,000円(税抜)ですが、初年度は無料、2年目以降も年259,200円(税込)以上利用すれば年会費無料で利用可能、国際ブランドはJCB(発行元:JCB)、VISA・MASTER(発行元:NICOS)が選べます。

JCBブランドについては年会費10,000円(税抜)のゴールドカードが用意されており、値引き額が最大で10円/Lと一般カードよりも3円値引き幅が大きな設定になっています。

またJCBブランドはApplePayにも対応していますので、フェリカ対応のiPhone、Apple Watchに登録すれば、iPhone、Apple WatchでQUICPay支払いができます。

シナジーカード・エネオスカードCBのクレジット利用額ごとの値引額

ガソリン以外のショッピング等のカード支払い金額が対象になります(年会費や分割払い手数料などは対象外)。

値引額の適用は本人会員・家族会員のガソリン・軽油の合計で月300Lが上限です(灯油は値引対象外)。

前月カード支払金額(税込) 当月値引額
一般カード
VISA/MASTER/JCB
当月値引額
ゴールドカード
JCBのみ
7万円以上 7円/L引き 10円/L引き
5万円~7万円未満 5円/L引き 8円/L引き
2万円~5万円未満 3円/L引き 6円/L引き
1万~2万円未満 2円/L引き 5円/L引き
1万円未満 1円/L引き 4円/L引き

コスモ・ザ・カード・トリプル等に比べるとわかりやすいルールです。割引の上限も300Lまでと良心的な設定だと思います。

ガソリンだけ利用した時の給油量別還元率

エクスプレスでガソリン代のみ利用した場合の給油量別の還元率を計算するとこんな感じになります。

シナジー価格が1L 130円、一般価格より2円安いという設定です。

月に200L以上給油すると年会費が無料になることもあり、還元率が3.8%と一気にアップします。

月給油量
金額
(1L=130円)
会員価格
値引額
2円引/L
月キャッシュ
バック額
年間値引+
キャッシュ
バック額
年会費
2,160円引後
年還元率
50L
6,500円
100円 50円 1,800円 -360円 -0.5%
100L
13,000円
200円 200円 4,800円 2,640円 1.7%
150L
19,500円
300円 300円 7,200円 5,040円 2.2%
200L
26,000円
400円 600円 12,000円 12,000円 3.8%
250L
32,500円
500円 750円 15,000円 15,000円 3.8%
300L
39,000円
600円 900円 18,000円 18,000円 3.8%

月5万円利用時の給油量別還元率

ガソリンの他にショッピングなどで合計月5万円使い、5円/L引きが適用された場合はこんな感じです。300Lを除きガソリン代だけ利用する場合に比べ還元率が下がってしまいました。

月給油量
金額
(1L=130円)
給油以外の
月利用金額
会員価格
値引額
2円引/L
月キャッシュ
バック額
5円引/L
年間値引+
キャッシュ
バック額
年還元率
50L
6,500円
43,500円 100円 250円 4,200円 0.7%
100L
13,000円
37,000円 200円 500円 8,400円 1.4%
150L
19,500円
30,500円 300円 750円 12,600円 2.1%
200L
26,000円
24,000円 400円 1,000円 16,800円 2.8%
250L
32,500円
17,500円 500円 1,250円 21,000円 3.5%
300L
39,000円
11,000円 600円 1,500円 25,200円 4.2%

月7万円利用時の給油量別還元率

では、7円/L引きが適用される合計月7万円利用した場合はどうでしょう?

5万円の時よりも更に下がってしましました。年会費はいずれも無料になるものの、ガソリン以外の利用金額が増える分を値引額ではカバーしきれないようです。

月給油量
金額
(1L=130円)
給油以外の
月利用金額
会員価格
値引額
2円引/L
月キャッシュ
バック額
7円引/L
年間値引+
キャッシュ
バック額
年還元率
50L
6,500円
63,500円 100円 350円 5,400円 0.6%
100L
13,000円
57,000円 200円 700円 10,800円 1.3%
150L
19,500円
50,500円 300円 1,050円 16,200円 1.9%
200L
26,000円
44,000円 400円 1,400円 21,600円 2.6%
250L
32,500円
37,500円 500円 1,750円 27,000円 3.2%
300L
39,000円
31,000円 600円 2,100円 32,400円 3.9%

ゴールドカードで月7万円利用時の給油量別還元率

ではゴールドカードを使って10円/L引きが適用される合計月7万円利用した場合はどうでしょう?

思ったほど還元率は高くなりません。1L 10円引きとはいえ、年会費10,800円の負担はやはり大きいですね。

月給油量
金額
(1L=130円)
給油以外の
月利用金額
会員価格
値引額
2円引/L
月キャッシュ
バック額
10円引/L
年間値引+
キャッシュ
バック額
-年会費
年還元率
50L
6,500円
63,500円 100円 500円 -3,600円 -0.4%
100L
13,000円
57,000円 200円 1,000円 3,600円 0.4%
150L
19,500円
50,500円 300円 1,500円 10,800円 1.3%
200L
26,000円
44,000円 400円 2,000円 18,000円 2.1%
250L
32,500円
37,500円 500円 2,500円 25,200円 3.0%
300L
39,000円
31,000円 600円 3,000円 32,400円 3.9%

やはりキャッシュバック系のカードは給油量が月に150L以上とか利用しないとなかなかお得になりにくいですね。

Speedpass+(スピードパスプラス)QUICPay

※スピードパスプラスは2019年6月30日(日)にて新規申込・再発行の受付が終了します。

現在使っているスピードパスプラスはそのまま利用できますが、エネオスでは2019年7月にEneKeyというスピードパスプラスに変わるツールが導入されるようですので、いずれこちらに変わって行くことになるのかと思います。

speedpass-plus2

スピードパスプラスを使うとタッチするだけで給油ができるだけでなく、あらかじめ給油内容(レギュラー・満タンなど)を登録しておくこともできるのでとても便利です。

QUICPayとnanacoが付いているので支払い方法を選ぶこともできます。

speedpass-plus3

会員割引が適用されるのか近所のエクスプレスで実際に試してみたところ、店頭で表示されていた割引チケット利用価格に比べ1L=1円引きでした。(シナジー価格と記載されている値段は2円引きでしたので、シナジーカード利用よりは1円高い設定です。)

スピードパスプラスQUICPayが登録できるのは、JCBオリジナル(提携)カード、TS CUBIC CARD、セブンカード・プラス、セディナカード(OMC)です。

私が利用しているのはリクルートカードプラスです。

※実は一度、エクスプレスの店頭で申込みをしたところ、このカードは対象外と断られたのですが、MyJCBで確認したらネットから申込みができ、無事につくることができました。

会員価格として1L=1円引きになる前提で、カード別に還元率を見るとこんな感じです。

カード 特典 還元率

リクルートカード

1L1円引き(1L 130円で0.8%)
+リクルートポイント1.2%
2.0%
リクルートカード(JCB) 1L1円引き(1L 130円で0.8%)
+リクルートポイント1.2%
2.0%
JCBオリジナル一般カード 1L1円引き(1L 130円で0.8%)
+1,000円=2OkiDokiポイント
1.8%
TS CUBIC CARD 1L1円引き(1L 130円で0.8%)
+ポイント1.5倍:1,000円=15ポイント
2.3%
~3.05%

トヨタ車をディーラーで購入した方はTS CUBIC CARDの還元率が結構高いのでおすすめです。

それ以外の方はリクルートカード、JCBオリジナルカードあたりがよさそうです。

セディナカードのQUICPayについては、エディオン カード、JR東海エクスプレス・カードなどのホームページを見る限りQUICPay支払いは対象外となっています。

エッソ・モービル・ゼネラルのホームページでは、セディナ・OMCカードでも使えるようになりました。と記載があるので現在は使えるような気もするのですがどうなんでしょう?

エネオスカード

eneos-card-3type


エネオスカード 公式サイト

エネオスとエッソ・モービル・ゼネラルの経営統合により、現在のエッソ・モービル・ゼネラルのサービスステーションは順次エネオスの店舗に変更されていきます。

2018年10月以降は、エッソ・モービル・ゼネラルでの支払いをエネオスカードで行なった場合、エネオスカードの特典が適用されるようになりました。

トヨタファイナンス(JCBブランド)のカードは特典の異なる3種類のカードが発行されています。

  1. エネオスカード C(青):キャッシュバックタイプ
  2. エネオスカード P(緑):ポイントタイプ
  3. エネオスカード S(グレー):スタンダードタイプ

個人的には、ガソリン代が月に1万円未満ならエネオスカード Sスタンダードタイプを、ガソリン代が月に1万円以上、洗車やオイル交換もENEOSでという方ならエネオスカード Pポイントタイプをお勧めしています。

こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください。

会員価格(約2円引き/L)+最大7円引きエネオス(ENEOS)のガソリン代をお得にしてくれるクレジットカードといえばエネオスカードです。 ...

nanaco+nanacoクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカード

nanaco

少し前まではnanacoを貯めるには現金払いのみ可能でしたが、現在はnanacoでの支払いもできるようになりました。

ただし会員価格は適用されません。

nanacoでの支払い・チャージで貯まるポイントは以下のとおりです。

  • 給油1L=1ポイント
  • 洗車等100円(税抜)=1ポイント

nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードを使えば、ポイント2重取りができます。

主なカードはこちらです。

  1. リクルートカード(月間3万円まで):1.2%
  2. ヤフーカード:0.5%
  3. セブンカード・プラス:0.5%

1L=130円の場合給油で0.8%ですので、チャージで1.2%還元のリクルートカードなら2.0%、ヤフーカードなら1.3%となかなかの還元率です。

nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるのは月3万円までという上限はありますが、リクルートカードなら年会費無料で1.2%還元ですので、エッソ以外の利用でも活躍してくれると思います。


リクルートカードは通常のポイント還元率1.2%、年会費永年無料のクレジットカードとしては最高水準を誇るクレジットカードです。 還元...

dカード

エネオスはdカード特約店となっているので、エネオス(ENEOS)の利用でクレジット払い通常ポイントとdカード特約店ポイントがダブルで貯まります。

通常ポイントは100円=1ポイント、dカード特約店ポイントは100円=1ポイントですので、100円=2ポイント、還元率2.0%です。

ただし2019年7月以降、dカード特約店ポイントについては200円=1ポイントに引き下げになりますので、2019年7月以降は、1.5%還元になります。

この記事ではdカード、dカード GOLDのスペックや特典・メリットについて詳細に紹介していきます。 2019年6月10日より「dポイン...
ドコモ契約がない方もお得に使えるdカードでは、dポイントクラブのステージやドコモ料金のdカード支払い設定などで、dカードのiD・d払いアプリ...

JALカード


JALカード入会キャンペーン(公式サイト)

エネオス(ENEOS)はJALカード特約店ですので、JALカードの利用でお得にマイルが貯まります。

  • ショッピングマイルプレミアムに登録の方:100円=2マイル
  • ショッピングマイルプレミアムに未登録の方:200円=2マイル

ショッピングマイルプレミアムに登録している方なら、1マイル=1.5円とした場合100円=3円ですので還元率3%とかなりお得です。

ただし給油以外の商品の購入やサービスの利用は特約店マイルの積算対象ではありませんので、洗車やオイル交換等では通常のクレジットカード利用分のマイルのみが貯まります。

JALカードならPASMOのチャージでマイルが貯まる「JALカード OPクレジット」がおすすめです。

JALカード OP クレジット(JCB)はJALカードと、小田急電鉄、JCBが提携したクレジットカードです。 JALのマイルに加え小田...

ANAカード

ana-ippan-jcb-100

エネオス(ENEOS)はANAカードマイルプラスの加盟店ですので、クレジットカード会社のポイントとは別に100円(税込)=1マイルが貯まります。

10マイル移行コースを利用されていれば1,000円=20マイル(1.5円換算で還元率3.0%)、5マイル移行コースでも1,000円=15マイル(1.5円換算で還元率2.25%)になります。

「ANAのマイルを貯めてお得に旅行に行きたい!」という方がANAのマイルをお得に貯めるためには、ANAのマイルが貯まるクレジットカードをうま...

楽天カード

 


楽天カード新規入会キャンペーン(公式サイト)

エネオス(ENEOS)は楽天ポイント加盟店でもありますので、楽天カードの支払いでポイント2倍になります。給油だけでなく、洗車やオイル交換等のカーケア商品も対象ですので結構お得です。

  • クレジット払い100円(税込)につき1ポイント+200円(税込)につき1ポイント(還元率1.5%)
ポイントがザクザクたまるクレジットカードといえば楽天カードという位、イメージを定着させることに成功しているカードではないでしょうか? ...

楽天Edy+楽天カード

 

楽天Edyもポイント2重取りができますので、楽天Edyのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを利用するのがおすすめです。

おすすめは楽天カード、ANAマイラーの方ならANAカード(ゴールド以上)がよいと思います。


楽天カード新規入会キャンペーン(公式サイト)
ポイントがザクザクたまるクレジットカードといえば楽天カードという位、イメージを定着させることに成功しているカードではないでしょうか? ...

その他電子マネー

iDが付いているクレジットカードやおサイフケータイならiDに紐付けたポイントがたまります。

ANA一般カードならANAのマイルが、オリコカード・ザ・ポイントならオリコポイントが1%貯まります。

「ANAのマイルを貯めてお得に旅行に行きたい!」という方がANAのマイルをお得に貯めるためには、ANAのマイルが貯まるクレジットカードをうま...
年会費無料ながら入会後6ヶ月間はポイント2%還元、その後もオリコモールを利用すると0.5%ポイントアップになるなど特典が充実しているのでOr...

その他交通系の電子マネーにも対応していますが、こちらはポイントは貯まらないようです。

Kitaca・Suica・PASMO・toICa・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん

TS CUBIC CARD

TS CUBIC CARDの利用ならポイント1.5倍、1,000円=15ポイントが貯まります。

スピードパスプラス・QUICPayの利用も可能になっていますので、サービスステーションによってはガソリン価格もお得になります。

貯まったポイントはトヨタの新車購入なら、1ポイント=1.5円で使えてお得にできますので、トヨタ車をディーラーで購入しているオーナーの方にはおすすめです。

その他の提携クレジットカードは2019年6月末で特別特典が終了

以下のクレジットカードは2019年6月末をもって特別特典が終了となります。

カード 特典 還元率
JCBオリジナルシリーズ ポイント2倍:OkiDokiポイント1,000円=2ポイント
スピードパスプラス・QUICPay利用可能
(JCBオリジナルシリーズパートナー)
1.0%
エディオン カード ポイント1.5倍:100円=1.5ポイント
スピードパス利用可能
QUICPay・VISAタッチの利用は対象外
1.5%
JR東海エクスプレス・カード ポイント2倍:ワンダフルプレゼント21ポイント1,000円=2ポイント
スピードパス利用可能
セディナiD・セディナ QUICPayでの支払いは対象外
1.0%
首都高カード ポイント2倍:200円=2ポイント
※新規入会は受付終了
QUICPay・VISAタッチの利用は対象外
1.0%
e-kenetVISA カード おけいはんポイント500円=1ポイント 0.2%
ダイワプライマリー カード 大和ご優待ポイント200円=1ポイント
+ジャックスラブリィポイント200円=1ポイント
1.0%

まとめ

全てエネオスに統一されること、シナジーカードも新規発行が終了となることを考えると、エネオスカードを持っておくことが、旧Expressのエネオスでも一番お得にできそうです。

エネオスカードでしたら、ガソリン代が月に1万円未満ならエネオスカード Sスタンダードタイプを、ガソリン代が月に1万円以上、洗車やオイル交換もENEOSでという方ならエネオスカード Pポイントタイプをお勧めしています。

こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください。

会員価格(約2円引き/L)+最大7円引きエネオス(ENEOS)のガソリン代をお得にしてくれるクレジットカードといえばエネオスカードです。 ...

シナジーカード・エネオスカード CBは月150L以上給油している方向け

月に150L以上とか給油している方はシナジーカード・エネオスカード CBがおすすめです。ガソリンだけの利用でも年会費無料にできそうですので、キャッシュバックで還元率2%以上の節約ができると思います。

ただし、シナジーカードはキャシュバック方式のカードしか用意されていませんし年会費無料の条件も年25万円以上とちょっと高めの設定ですので、月の給油量が少ない方には向いていません。

スピードパスプラスが使えるJCBカードがおすすめ

JCBオリジナル、もしくはJCBの提携カード(リクルートカード等を含む)にスピードパスプラスを紐付けて利用すると、給油も素早く行えて、サービスステーションによっては会員割引も適用されて、結構お得に利用できそうです。

※スピードパスプラスは2019年6月30日(日)にて新規申込・再発行の受付が終了します。

nanaco、楽天Edyなど電子マネーの2重取りも可能

エクスプレスは電子マネーの支払いが充実していますので、nanacoのクレジットチャージ+nanaco支払い(1L=1ポイント)や、楽天Edyの利用もよさそうです。

その他のエッソ・モービル・ゼネラルの特別提携クレジットカードに普段お使いのものがある方は、そのカードを使えばわざわざ新たなカードを作る必要もなさそうですね。

参考記事:

車を利用する方ならガソリン代は出来る限り節約したいところですよね。 アイドリングスットップやふんわりアクセルとかエコな運転で燃費を少し...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回は出光興産編です。 出光興産といえば、昭和シェルとの合併が2016年1...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回は昭和シェル編です。 ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術 SHELL...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回はエネオス(旧エッソ・モービル・ゼネラル)編です。 「エッソ・モービル・ゼ...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回はコスモ石油編です。 コスモ石油で会員価格が適用されるカードといえばコスモ...
会員価格(約2円引き/L)+最大7円引きエネオス(ENEOS)のガソリン代をお得にしてくれるクレジットカードといえばエネオスカードです。 ...
昭和シェルのガソリン代がお得になるシェル スターレックスカードです。利用金額に応じてランクアップし、ハイオクは最大13円/L、レギュラー・軽...
昭和シェルのガソリン代で1LにつきPontaが2ポイント貯まる「シェル-Pontaクレジットカード」です。 シェル以外でもPo...
スポンサーリンク