ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(エッソ・モービル・ゼネラル編)

ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回はエッソ・モービル・ゼネラル編です。

Esso Mobil ゼネラル

エッソ・モービル・ゼネラルを展開する東燃ゼネラル石油は、ENEOS(エネオス)を展開するJXホールディングスと2017年春頃をめどに経営統合に向けて進んでいると報道されています。

当面はエネオスもエッソ・モービル・ゼネラルのブランドは存続するようですので今は気にしなくてもよいかもしれないですが、将来的には新たなブランドができるのか、エネオス等に集約されるのかなどがあるかもしれません。

(ENEOS・Esso・Mobil・ゼネラルなんて長ったらしい名前になるのかも。銀行みたい。)

まあ、その辺は気にせずに、今ガソリン代をお得にする方法を検証してみます。

スポンサーリンク

ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(エッソ・モービル・ゼネラル)

esso(エッソ)・Mobil(モービル)・ゼネラルが展開するガソリンスタンド(サービスステーション)Ecpress(エクスプレス)で使えるカードは、エッソ・モービル・ゼネラルが発行するシナジーカードの他にも、色々あります。

特に2015年10月以降は電子マネーの対応が進んでおり、楽天EdyやSuica、PASMO等の交通系の電子マネーも使えるようになっています。

ざっとまとめるとこんな感じです。

カード 特典 還元率

シナジーカード

会員価格(約2円引き/L)+最大7円引き/L
1L=130円の場合
~4.2%
JCBオリジナルシリーズ ポイント2倍:OkiDokiポイント1,000円=2ポイント
スピードパスプラス・QUICPay利用可能
(JCBオリジナルシリーズパートナー)
1.0%
エディオン カード ポイント1.5倍:100円=1.5ポイント
スピードパス利用可能
QUICPay・VISAタッチの利用は対象外
1.5%
JR東海エクスプレス・カード ポイント2倍:ワンダフルプレゼント21ポイント1,000円=2ポイント
スピードパス利用可能
セディナiD・セディナ QUICPayでの支払いは対象外
1.0%
TS CUBIC CARD ポイント1.5倍:1,000円=15ポイント
スピードパスプラス・QUICPay利用可能
1.5%
~2.25%
首都高カード ポイント2倍:200円=2ポイント
※新規入会は受付終了
QUICPay・VISAタッチの利用は対象外
1.0%
e-kenetVISA カード おけいはんポイント500円=1ポイント 0.2%
ダイワプライマリー カード 大和ご優待ポイント200円=1ポイント
+ジャックスラブリィポイント200円=1ポイント
1.0%
nanaco nanacoポイント 給油1L=1ポイント
nanacoポイント 洗車等100円(税抜)=1ポイント
1L=130円の場合
nanacoクレジットチャージとの2重取り可能(リクルートカードプラスの場合2.0%)
0.8%
~3.0%
QUICPay 紐付けたクレジットカードによる
リクルートカードプラスの場合2.0%
~2.0%
楽天Edy 楽天スーパーポイント200円=1ポイント
楽天カード等チャージとの2重取り可能
0.5%
~1.0%
iD 紐付けたクレジットカードによる 0.5%~
Kitaca・Suica・PASMO・toICa・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん ポイント付与対象外

※2015年11月頃からセディナカード・OMCカードでスピードパスプラス・QUICPayが利用できるようになりましたので、JR東海エクスプレス・カード、エディオン カード、首都高 カードあたりは使えるようになっているかも知れません。

シナジーカード

esso(エッソ)・Mobil(モービル)・ゼネラルが個人向けに発行しているオフィシャルのクレジットカードはシナジーカードです。

synergy-card

エクスプレスで会員価格が適用されるのに加え、前月の利用金額に応じて、ガソリン代がキャッシュバックになります。

年会費2,000円(税抜)ですが、初年度は無料、2年目以降も年259,000円(税込)以上利用すれば年会費無料で利用可能、国際ブランドはJCB(発行元:JCB)、VISA・MASTER(発行元:NICOS)が選べます。

JCBブランドについては年会費10,000円(税抜)のゴールドカードが用意されており、値引き額が最大で10円/Lと一般カードよりも3円値引き幅が大きな設定になっています。

シナジーカードのクレジット利用額ごとの値引額

ガソリン以外のショッピング等のカード支払い金額が対象になります(年会費や分割払い手数料などは対象外)。

値引額の適用は本人会員・家族会員のガソリン・軽油の合計で月300Lが上限です(灯油は値引対象外)。

前月カード支払金額(税込) 当月値引額
一般カード
VISA/MASTER/JCB
当月値引額
ゴールドカード
JCBのみ
7万円以上 7円/L引き 10円/L引き
5万円~7万円未満 5円/L引き 8円/L引き
2万円~5万円未満 3円/L引き 6円/L引き
1万~2万円未満 2円/L引き 5円/L引き
1万円未満 1円/L引き 4円/L引き

コスモ・ザ・カード・トリプル等に比べるとわかりやすいルールです。割引の上限も300Lまでと良心的な設定だと思います。

ガソリンだけ利用した時の給油量別還元率

エクスプレスでガソリン代のみ利用した場合の給油量別の還元率を計算するとこんな感じになります。

シナジー価格が1L 130円、一般価格より2円安いという設定です。

月に200L以上給油すると年会費が無料になることもあり、還元率が3.8%と一気にアップします。

月給油量
金額
(1L=130円)
会員価格
値引額
2円引/L
月キャッシュ
バック額
年間値引+
キャッシュ
バック額
年会費
2,160円引後
年還元率
50L
6,500円
100円 50円 1,800円 -360円 -0.5%
100L
13,000円
200円 200円 4,800円 2,640円 1.7%
150L
19,500円
300円 300円 7,200円 5,040円 2.2%
200L
26,000円
400円 600円 12,000円 12,000円 3.8%
250L
32,500円
500円 750円 15,000円 15,000円 3.8%
300L
39,000円
600円 900円 18,000円 18,000円 3.8%

月5万円利用時の給油量別還元率

ガソリンの他にショッピングなどで合計月5万円使い、5円/L引きが適用された場合はこんな感じです。300Lを除きガソリン代だけ利用する場合に比べ還元率が下がってしまいました。

月給油量
金額
(1L=130円)
給油以外の
月利用金額
会員価格
値引額
2円引/L
月キャッシュ
バック額
5円引/L
年間値引+
キャッシュ
バック額
年還元率
50L
6,500円
43,500円 100円 250円 4,200円 0.7%
100L
13,000円
37,000円 200円 500円 8,400円 1.4%
150L
19,500円
30,500円 300円 750円 12,600円 2.1%
200L
26,000円
24,000円 400円 1,000円 16,800円 2.8%
250L
32,500円
17,500円 500円 1,250円 21,000円 3.5%
300L
39,000円
11,000円 600円 1,500円 25,200円 4.2%

月7万円利用時の給油量別還元率

では、7円/L引きが適用される合計月7万円利用した場合はどうでしょう?

5万円の時よりも更に下がってしましました。年会費はいずれも無料になるものの、ガソリン以外の利用金額が増える分を値引額ではカバーしきれないようです。

月給油量
金額
(1L=130円)
給油以外の
月利用金額
会員価格
値引額
2円引/L
月キャッシュ
バック額
7円引/L
年間値引+
キャッシュ
バック額
年還元率
50L
6,500円
63,500円 100円 350円 5,400円 0.6%
100L
13,000円
57,000円 200円 700円 10,800円 1.3%
150L
19,500円
50,500円 300円 1,050円 16,200円 1.9%
200L
26,000円
44,000円 400円 1,400円 21,600円 2.6%
250L
32,500円
37,500円 500円 1,750円 27,000円 3.2%
300L
39,000円
31,000円 600円 2,100円 32,400円 3.9%

ゴールドカードで月7万円利用時の給油量別還元率

ではゴールドカードを使って10円/L引きが適用される合計月7万円利用した場合はどうでしょう?

思ったほど還元率は高くなりません。1L 10円引きとはいえ、年会費10,800円の負担はやはり大きいですね。

月給油量
金額
(1L=130円)
給油以外の
月利用金額
会員価格
値引額
2円引/L
月キャッシュ
バック額
10円引/L
年間値引+
キャッシュ
バック額
-年会費
年還元率
50L
6,500円
63,500円 100円 500円 -3,600円 -0.4%
100L
13,000円
57,000円 200円 1,000円 3,600円 0.4%
150L
19,500円
50,500円 300円 1,500円 10,800円 1.3%
200L
26,000円
44,000円 400円 2,000円 18,000円 2.1%
250L
32,500円
37,500円 500円 2,500円 25,200円 3.0%
300L
39,000円
31,000円 600円 3,000円 32,400円 3.9%

やはりキャッシュバック系のカードは給油量が月に150L以上とか利用しないとなかなかお得になりにくいですね。

Speedpass+(スピードパスプラス)QUICPay

speedpass-plus2

スピードパスプラスを使うとタッチするだけで給油ができるだけでなく、あらかじめ給油内容(レギュラー・満タンなど)を登録しておくこともできるのでとても便利です。

QUICPayとnanacoが付いているので支払い方法を選ぶこともできます。

speedpass-plus3

会員割引が適用されるのか近所のエクスプレスで実際に試してみたところ、店頭で表示されていた割引チケット利用価格に比べ1L=1円引きでした。(シナジー価格と記載されている値段は2円引きでしたので、シナジーカード利用よりは1円高い設定です。)

スピードパスプラスQUICPayが登録できるのは、JCBオリジナル(提携)カード、TS CUBIC CARD、セブンカード・プラス、セディナカード(OMC)です。

私が利用しているのはリクルートカードプラスです。

※実は一度、エクスプレスの店頭で申込みをしたところ、このカードは対象外と断られたのですが、MyJCBで確認したらネットから申込みができ、無事につくることができました。

会員価格として1L=1円引きになる前提で、カード別に還元率を見るとこんな感じです。

カード 特典 還元率

リクルートカードプラス

1L1円引き(1L 130円で0.8%)
+リクルートポイント2%
2.8%
リクルートカード(JCB) 1L1円引き(1L 130円で0.8%)
+リクルートポイント1.2%
2.0%
JCBオリジナル一般カード 1L1円引き(1L 130円で0.8%)
+1,000円=2OkiDokiポイント
1.8%
TS CUBIC CARD 1L1円引き(1L 130円で0.8%)
+ポイント1.5倍:1,000円=15ポイント
2.3%
~3.05%

リクルートカードプラスがかなり高還元率ですが、残念ながらリクルートカードプラスの新規申込は受け付けていませんので、リクルートカード、JCBオリジナルカードあたりがよさそうです。

トヨタ車をディーラーで購入した方はTS CUBIC CARDの還元率が結構高いのでおすすめです。

セディナカードのQUICPayについては、エディオン カード、JR東海エクスプレス・カードなどのホームページを見る限りQUICPay支払いは対象外となっています。

エッソ・モービル・ゼネラルのホームページでは、セディナ・OMCカードでも使えるようになりました。と記載があるので現在は使えるような気もするのですがどうなんでしょう?

エッソ・モービル・ゼネラル

nanaco+nanacoクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカード

nanaco

少し前まではnanacoを貯めるには現金払いのみ可能でしたが、現在はnanacoでの支払いもできるようになりました。

ただし会員価格は適用されません。

nanacoでの支払い・チャージで貯まるポイントは以下のとおりです。

  • 給油1L=1ポイント
  • 洗車等100円(税抜)=1ポイント

nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードを使えば、ポイント2重取りができます。

主なカードはこちらです。

  1. リクルートカードプラス:2.0%
  2. リクルートカード(JCB):1.2%
  3. 楽天カード(JCB)・楽天プレミアムカード(JCB):1.0%
  4. YAHOO! JAPANカード:1.0%
  5. マツダm’z PLUSカードセゾン:1.0%
  6. セブンカードプラス:0.5%

1L=130円の場合給油で0.8%ですので、チャージが2%のリクルートカードプラスであれば2.8%、リクルートカードなら2.0%、楽天カード・YAHOO! JAPANカードなら1.8%となかなかの還元率です。

リクルートカードプラスなら年会費はかかりますが2%還元、リクルートカードなら年会費無料で1.2%還元ですので、エッソ以外の利用でも活躍してくれると思います。

リクルートカード新規入会キャンペーン実施中! 今なら最大10,000円分ポイントプレゼント リクルートカード還元率1.2% リクルートカードプラス還元率2.0%

キャンペーン詳細はこちらからご確認ください。

リクルートカードは年会費無料で還元率1.2%、Ponta、dポイントと相互交換で利便性もアップ!
リクルートカードは年会費永年無料のクレジットカードとしては、最高水準の1.2%の還元率のクレジットカードです。 同じく...

楽天Edy+楽天カード

楽天Edyもポイント2重取りができますので、楽天Edyのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを利用するのがおすすめです。

おすすめは楽天カード、ANAマイラーの方ならANAカード(ゴールド以上)がよいと思います。


楽天カード 新規入会キャンペーン(公式サイト)

ポイントがザクザクたまる楽天カード
楽天市場で楽天カードを利用すると毎日ポイント7倍がスタートしました。 こちらで簡単ですが紹介していますので是非ご確認ください。 ...

その他電子マネー

iDが付いているクレジットカードやおサイフケータイならiDに紐付けたポイントがたまります。

ANA一般カードならANAのマイルが、オリコカード・ザ・ポイントならオリコポイントが1%貯まります。

ANAカード(一般カード)のメリットは?ANAカードのマイル還元率を徹底調査
ANAのマイルを貯めるのならやはり第一候補はANAカードです。 マイルを貯めて特典航空券で旅行したいという目標に向けて、ANAカードの...
ネット通販で威力を発揮!Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
「最強ポイント力」カードとして動画でもおなじみのOrico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)について、どういう特長...

その他交通系の電子マネーにも対応していますが、こちらはポイントは貯まらないようです。

Kitaca・Suica・PASMO・toICa・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん

JCBオリジナル一般カード

jcb-original-ippan-card jcb-original-ippan-card-disney

エッソ・モービル・ゼネラルは、JCBオリジナルシリーズパートナーですので、OkiDokiポイントが2倍になります。

ただし、事前にキャンペーンエントリー登録が必要ですので、MyJCBのサイトにて必ずエントリーを行ってください。

JCBオリジナルシリーズパートナー(JCB)

さらにスピードパスプラスも利用できますので、スピードパスプラス利用で会員割引が適用されるサービスステーションであれば、さらにお得にできます。

(私の近所のエクスプレスでは、スピードパスプラスの利用で1L=1円引きになりました。)

1L=130円の場合で1円引き+OkiDokiポイント2倍で合計1.8%還元、JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)が適用されている方なら還元率は更にアップします。

JCBオリジナル一般カードは年50万円以上の利用で年会費無料にできますし、「JCBザ・クラス」へのステップアップも可能になっていますので、将来ステータスの高いカードを持ちたいと考えている方にはおすすめです。


JCB一般カード

JCB一般カードは優待盛りだくさんでQUICPay(nanaco)との相性も抜群、条件付きで年会費無料にも!
JCBオリジナルシリーズは、数あるJCBカードの中で、最上級のザ・クラスまでのステップアップの道が用意されている、最も由緒正しいカードです。...

TS CUBIC CARD

TS CUBIC CARD

TS CUBIC CARDの利用ならポイント1.5倍、1,000円=15ポイントが貯まります。

スピードパスプラス・QUICPayの利用も可能になっていますので、サービスステーションによってはガソリン価格もお得になります。

貯まったポイントはトヨタの新車購入なら、1ポイント=1.5円で使えてお得にできますので、トヨタ車をディーラーで購入しているオーナーの方にはおすすめです。

その他の提携クレジットカード

その他以下のクレジットカードでポイントアップになりますので、すでにお使いのカードがあれば、エッソの給油もご利用になるとお得にできます。

カード 特典 還元率
エディオン カード ポイント1.5倍:100円=1.5ポイント
スピードパス利用可能
QUICPay・VISAタッチの利用は対象外
1.5%
JR東海エクスプレス・カード ポイント2倍:ワンダフルプレゼント21ポイント1,000円=2ポイント
スピードパス利用可能
セディナiD・セディナ QUICPayでの支払いは対象外
1.0%
首都高カード ポイント2倍:200円=2ポイント
※新規入会は受付終了
QUICPay・VISAタッチの利用は対象外
1.0%
e-kenetVISA カード おけいはんポイント500円=1ポイント 0.2%
ダイワプライマリー カード 大和ご優待ポイント200円=1ポイント
+ジャックスラブリィポイント200円=1ポイント
1.0%

まとめ

シナジーカードは月150L以上給油している方向け

月に150L以上とか給油している方はシナジーカードがおすすめです。ガソリンだけの利用でも年会費無料にできそうですので、キャッシュバックで還元率2%以上の節約ができると思います。

ただし、シナジーカードはキャシュバック方式のカードしか用意されていませんし年会費無料の条件も年25万円以上とちょっと高めの設定ですので、月の給油量が少ない方には向いていません。

出光まいどプラスやENEOSカードS(スタンダード)のように年会費無料で1L=2円引きとかのカードの発行が望まれるところですね。

スピードパスプラスが使えるJCBカードがおすすめ

JCBオリジナル、もしくはJCBの提携カード(リクルートカード等を含む)にスピードパスプラスを紐付けて利用すると、給油も素早く行えて、サービスステーションによっては会員割引も適用されて、結構お得に利用できそうです。

nanaco、楽天Edyなど電子マネーの2重取りも可能

エクスプレスは電子マネーの支払いが充実していますので、nanacoのクレジットチャージ+nanaco支払い(1L=1ポイント)や、楽天Edyの利用もよさそうです。

その他のエッソ・モービル・ゼネラルの特別提携クレジットカードに普段お使いのものがある方は、そのカードを使えばわざわざ新たなカードを作る必要もなさそうですね。

参考記事:

ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(エネオス編)
車を利用する方ならガソリン代は出来る限り節約したいところですよね。 アイドリングスットップやふんわりアクセルとかエコな運転で燃費を少し...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(出光編)
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回は出光興産編です。 出光興産といえば、昭和シェルとの合併が2016年1...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(昭和シェル編)
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回は昭和シェル編です。 ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術 SHELL...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(エッソ・モービル・ゼネラル編)
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回はエッソ・モービル・ゼネラル編です。 エッソ・モービル・ゼネラルを...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(コスモ石油編)
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回はコスモ石油編です。 コスモ石油で会員価格が適用されるカードといえばコスモ...
エネオス(ENEOS)で給油するならエネオスカード、3種類のどれがお得か徹底検証
エネオス(ENEOS)のガソリン代をお得にしてくれるクレジットカードといえばエネオスカードです。 エネオスカードはJCBとNICOSカ...
ガソリン代がお得になるシェル スターレックス カードはハイオクの還元率が凄い!
昭和シェルのガソリン代がお得になるシェル スターレックスカードです。利用金額に応じてランクアップし、ハイオクは最大13円/L、レギュラー・軽...
基本還元率1%+PONTAの2重取り!ガソリン以外もお得なシェル-Pontaクレジットカード
昭和シェルのガソリン代がお得になるシェル-Pontaクレジットカードですが、PONTA提携社ならPONTAの2重取りで還元率が2%にできる、...