ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(エネオス編)

車を利用する方ならガソリン代は出来る限り節約したいところですよね。

アイドリングスットップやふんわりアクセルとかエコな運転で燃費を少しでもよくする努力をするのも大切ですが、ガソリンスタンドガソリン代を安くするガソリンカード(クレジットカード)やポイントカードを上手く活用することで3%以上もお得にできてしまったりするケースもありますので、今回はそういった方法を紹介したいと思います。

これなら運転技術も関係なく、ガソリンカード(クレジットカードやポイントカード)さえ入手すれば明日からでもすぐにお得にできますので是非活用してみてください。

スポンサーリンク

ガソリン代を安くするには会員価格が適用されるかが大事なポイント

大抵のガソリンスタンドでは会員価格として一般価格に比べ1~4円程度安い設定になっていますね。

ガソリン代を安くするには会員価格が適用されるかどうかがポイントですが、一番確実なのは石油会社が発行(もしくは提携)するクレジットカードで支払うことです。

そうすれば会員価格が適用されるのに加え、クレジットカードの特典で請求時に値引きが受けられたりポイントがお得に貯まったりするので、結果的には一番お得になることが多いです。

ただしカードの中には年会費が有料のものもありますので、月にかかるガソリン代によっては、会員価格を諦めて、石油会社が提携しているカードを使う場合がよい場合もあります。

ガソリン代をお得にするガソリンカード(クレジットカード・ポイントカードなど)の選び方

ガソリン代を安くするクレジットカードの選び方として大きく分けて3つあります。

  1. 石油会社が発行(提携)するクレジットカードを使う
  2. 石油会社が特約店になっているクレジットカードを使う
  3. 高還元率クレジットカードを使う(ポイントカードと併用できればなよし)

それぞれメリット・デメリットをまとめるとこんな感じです。

メリット デメリット
石油会社が発行するクレジットカード 一番安い会員価格で給油可能
請求時値引きやポイント還元も受けられる。
還元率:会員値引2円程度+1~3%程度
年会費が有料だったり条件付き無料だったりしてコストがかかる場合がある。
メインカードにはあまり向いていない場合が多い。
石油会社が特約店になっているクレジットカード 保有しているカードがあれば新たにカードを作る必要がない。
還元率:2~3%程度
会員価格が適用されない場合が多い。
高還元率クレジットカード(ポイントカードと2重取りができればなおよし) 石油会社を選ばないので、外出先などでもお得。
還元率:1~2%程度
ポイントカードで会員価格が適用されるケースもある。
 会員価格が適用されない場合が多い。(ポイントカードで適用されるケースがあればラッキー)

では具体的に石油会社ごとにどんなカードがあるのか見ていきましょう。

今回はエネオス編です。

エネオス(ENEOS)編

エネオス(ENEOS)のガソリン代がお得になるクレジットカードは結構たくさんあります。

エネオスカードはもちろんですが、JALカード、ANAカードならマイルがお得に貯まりますし、楽天カードやdカードな、TOKYU CARDならポイント還元率2%です。

カード 特典 還元率
エネオスカード S
年会費実質無料
会員価格(1~4円引き/L)+2円引き/L
1L=130円の場合
2.3%
~5.4%
エネオスカード P
年会費1,250円(税抜)
会員価格(1L 1~4円引き)+1,000円=30P
1L=130円の場合
3.8%
~6.1%
エネオスカード C
年会費1,250円(税抜)
会員価格(1L 1~4円引き)+1~7円引き
1L=130円の場合、値引きは150Lまでの上限あり
1.5%
エネオスカード NICOS 会員価格(1L 1~4円引き)+1~7円引き
1L=130円の場合、値引きは150Lまでの上限あり
1.5%
Tポイントカード 200円=1ポイント
(クレジットカード併用可能な店もあり)
0.5%
~2.5%
レクサスカード ポイント1.5倍:1,000円=15ポイント
+ガソリン3%OFF(ハイオク・レギュラー)
4.5%
JALカード ショッピングマイルプレミアム登録:100円=2マイル
〃未登録:200円=2マイル
3.0%
1.5%
ANAカード 100円=1マイル
+クレジットカードポイント1,000円=1ポイント
2.25%
~3.0%
楽天カード ポイント2倍(100円=2ポイント) 2.0%
TOKYU CARD 200円=2ポイント
+100円=プレミアムポイント1ポイント追加
2.0%
ビューカード ポイント2倍:1,000円につき4ポイント(10円相当) 1.0%
dカード ポイント2倍:100円=2ポイント 2.0%
マツダm’zPLUSカード ポイント2倍:1,000円=20ポイント 2.0%
みずほマイレージクラブカード ポイント2倍:1,000円=永久不滅ポイント2ポイント 1.0%
DIAカード ポイント2倍:1,000円=30ポイント 3.0%
TS CUBICカード ポイント1.5倍:1,000円=15ポイント 1.5%

エネオス(ENEOS)カード


エネオスカード 公式サイト

会員価格が適用されるメリットが大きく、一番お得になりそうなのはやはりエネオス(ENEOS)カードです。

エネオスカードには、3種類(NICOSを入れると4種類)があり、値引きやポイント還元方法に違いがあります。

1Lあたり最大7円引きのエネオスカード C(キャッシュバックタイプ)、エネオスカード NICOSは、インパクトはありますが値引き適用が月150Lまでの上限があり、実際はそれほどお得にはなりませんので、月のガソリン代に応じて、エネオスカード Sかエネオスカード Pを選ぶのがおすすめです。

エネオスカード(JCB)なら無料で利用できるロードサービスも充実していますので、持っておいて損はないクレジットカードだと思います。

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

エネオス(ENEOS)で給油するならエネオスカード、3種類のどれがお得か徹底検証
エネオス(ENEOS)のガソリン代をお得にしてくれるクレジットカードといえばエネオスカードです。 エネオスカードはJCBとNICOSカ...

Tポイントカード+クレジットカード

 エクストリームカード

エネオス(ENEOS)ではTポイントが貯まりますので、Tカードがあれば200円=1ポイントが貯まります。

エネオス(ENEOS) Tカードなら入会費も年会費も無料で会員価格が適用されるケースが多いので、他にTポイントカードを持っている方もエネオス(ENEOS)給油用に作ることをおすすめします。

Tカードを提示してクレジットカード払いにできる店も約8,900店舗程あり、クレジットカードとポイントの2重取りで0.5%+クレジットカードの還元率にできますので、例えばポイントを還元率1.5%で貯めることができるエクストリームカードと併用すれば、会員価格+Tポイント還元率2.0%にできます。

色々な使い方ができる上に1.5%の高還元率!Extreme Card(エクストリームカード)
Gポイントへの交換なら還元率1.5%になるExtreme Card(エクストリームカード)です。 年30万以上利用がないと年会費がかかるカ...

ただし、エネオス(ENEOS)がお得になるエネオスカードと各提携カードについてはTポイントカードとの併用はできません。

Tカードと併用できないカード(エネオス(ENEOS))

Tポイントカード+QUOカード

  quo-card

エネオス(ENEOS)ではQUOカードで支払いができるお店があります。

QUOカードは10,000円券を購入すると10,180円使えますので1.8%お得にできますし、更にセブンイレブンならnanacoで購入することもできますので、nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードを併用すれば、なんとポイントの3重取りが可能になります。

nanacoチャージでも還元率1.2%のリクルートカードなら、クレジット1.2%+QUOカード1.8%+Tカード0.5%=3.5%還元+会員価格にできてしまいますのでかなりお得な感じです。

JALカード

jalcard-top-clubq
マイルがたまる「JALカード」

エネオス(ENEOS)はJALカード特約店ですので、JALカードの利用でお得にマイルが貯まります。

  • ショッピングマイルプレミアムに登録の方:100円=2マイル
  • ショッピングマイルプレミアムに未登録の方:200円=2マイル

ショッピングマイルプレミアムに登録している方なら、1マイル=1.5円とした場合100円=3円ですので還元率3%とかなりお得です。

ただし給油以外の商品の購入やサービスの利用は特約店マイルの積算対象ではありませんので、洗車やオイル交換等では通常のクレジットカード利用分のマイルのみが貯まります。

JALカードならWAONとPASMOのチャージでもマイルが貯まる「JALカード TOP&ClubQ」がおすすめです。

【300×250】株式会社JALカード(TOP&CLUBQ)

JALのマイルが最もたまりやすいJALカードTOP&ClubQ
JALカード TOP&ClubQ(Visa/Master)はJALカードの中でも最もマイルを貯めやすいカードとなっています。 三菱UF...

ANAカード

ana-ippan-jcb-100

エネオス(ENEOS)はANAカードマイルプラスの加盟店ですので、クレジットカード会社のポイントとは別に100円(税込)=1マイルが貯まります。

10マイル移行コースを利用されていれば1,000円=20マイル(1.5円換算で還元率3.0%)、5マイル移行コースでも1,000円=15マイル(1.5円換算で還元率2.25%)になります。

ANAカード(一般カード)のメリットは?ANAカードのマイル還元率を徹底調査
ANAのマイルを貯めるのならやはり第一候補はANAカードです。 マイルを貯めて特典航空券で旅行したいという目標に向けて、ANAカードの...

dカード

d-cards

ドコモが共通ポイント「dポイント」参入により、DCMXから生まれ変わったdカードもエネオス(ENEOS)でポイント2倍になります。

100円=2ポイントが貯まりますので、還元率2.0%です。

dカードGold 新規入会キャンペーン dカード新規入会キャンペーン

dカード(旧DCMX)のメリットは?共通ポイント「dポイントカード」付帯でお得倍増!
ポインコ兄弟のCMでもすっかりおなじみになった感のあるdカードです。 NTTドコモが2015年12月から「dポイント...

楽天カード

エネオス(ENEOS)は楽天ポイント加盟店でもありますので、楽天カードの支払いでポイント2倍になります。給油だけでなく、洗車やオイル交換等のカーケア商品も対象ですので結構お得です。

  • クレジット払い100円(税込)につき2ポイント(還元率2%)
ポイントがザクザクたまる楽天カード
楽天市場で楽天カードを利用すると毎日ポイント7倍がスタートしました。 こちらで簡単ですが紹介していますので是非ご確認ください。 ...

TOKYU CARD(東急カード)

tokyu-card-clubq-jmb-pasmo

エネオス(ENEOS)は東急カード加盟店ですのでTOKYU CARD(東急カード)の利用でプレミアムポイントが貯まります。

通常のクレジット支払い200円(税込)=2ポイントに加えて、100円(税込)につきプレミアムポイントが1ポイント貯まり、200円(税込)=4ポイント(還元率2%)と結構お得です。

TOKYU CARDは2年目以降、年会費が1,000円(税抜)がかかりますので、エネオス(ENEOS)の給油のためだけに持つのはおすすめできませんが、東急沿線にお住まいで、東急の電車や東急ストアなど東急グループでお買い物する方は、TOKYU CARDを使うのもありだと思います。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

TOKYU CARD ClubQ JMB(東急カード)は東急沿線にお住まいの方必携のおすすめカード
TOKYU CARD ClubQ JMBは東急カードが発行する、JMB(JALマイレージクラブ)が付帯したクレジットカードです。 JALカ...

ビューカード

JRがお得になるビューカードもエネオス(ENEOS)でポイント2倍になりますが、ビューカードの場合、元々の還元率が1,000円=2ポイント(1ポイント2.5円換算)のため、2倍でも還元率1.0%です。

ビックカメラSuicaカードは年会費実質無料のビューカード、Suicaの2重取りでビックカメラの還元率が11.5%!
ビックカメラは家電製品はもちろん、パソコン、スマホ、ゲームもおもちゃもコンタクトレンズも自転車も食品やお酒まで購入できて、多くの商品で10%...
ビュー・スイカカードはSuicaのチャージと利用のポイント2重取りで還元率2%以上、定期券にもなるお得なカード
通勤でJR東日本の電車を利用している方なら、多くの方がSuicaを定期券として利用しているのではないでしょうか? Suicaは...
ルミネカードはルミネが毎日5%OFF!ビューカード特典でSuicaの2重取りなら還元率2%以上、定期券にもできる
LUMINE(ルミネ)は新宿、ルミネエスト、有楽町、北千住、池袋、立川、町田、荻窪、ルミネマン渋谷、ルミネ、ザ・キッチン品川、大宮、川越、横...

 エネオス(ENEOS)がお得になるその他のクレジットカード

他にも、レクサスカード(レクサス)、DIAカード(三菱自動車)、TS CUBICカード(トヨタ)、マツダm’zPLUSカード(マツダ)など、各自動車メーカーが発行するカードでもポイントがお得に貯まります。

これらのカードは新車の購入代金に利用すると、ポイントの価値が1.5倍になったりするものもあったりしますので、各メーカーの車を乗り継いでいくオーナーの方にはよいかもしれないです。

みずほマイレージクラブカードもポイント2倍にはなりますが、こちらも元の還元率が0.5%ですのでそれほどお得感はなさそうです。

最後に

今回はエネオス(ENEOS)について取り上げました。

行きつけのガソリンスタンドがエネオス(ENEOS)という方は是非参考にしてみていただければと思います。

エネオスといえばエネオスでんきが始まります。

電気代もお得になる上にエネオスのガソリン代が1円引きになる特典もついてきますので、電気もガソリンも節約できてとてもお得です。

詳しくはこちらの記事で紹介していますのでご覧ください。

電力自由化でエネオスでんきとエネオスカードなら電気代もガソリン代もお得になる!
2016年4月からスタートする電力自由化に伴いエネオスを展開するJXエネルギーは「エネオスでんき」をスタートさせますが、料金プランの中に「E...

関連記事:

エネオス(ENEOS)で給油するならエネオスカード、3種類のどれがお得か徹底検証
エネオス(ENEOS)のガソリン代をお得にしてくれるクレジットカードといえばエネオスカードです。 エネオスカードはJCBとNICOSカ...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(昭和シェル編)
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回は昭和シェル編です。 ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術 SHELL...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(エッソ・モービル・ゼネラル編)
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回はエッソ・モービル・ゼネラル編です。 エッソ・モービル・ゼネラルを...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(出光編)
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回は出光興産編です。 出光興産といえば、昭和シェルとの合併が2016年1...
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術(コスモ石油編)
ガソリン代を安くするガソリンカード徹底活用術ということで今回はコスモ石油編です。 コスモ石油で会員価格が適用されるカードといえばコスモ...