ミライノカードは住信SBIネット銀行をお得に使える最強カードになるか?

2017年11月、住信SBIネット銀行から新たなクレジットカード「ミライノカード」が発行されました。

  

  1. ミライノカード(一般カード)
  2. ミライノカード GOLD
  3. ミライノカード PLATINUM

それに伴いSBIグループのSBIカードが発行する「SBIカード」は2018年1月を持って全てのサービスが終了となります。

同じSBIグループではありますが、SBIカードの事業がSBIネット銀行に継承されるわけではなくSBIカードは1/31 18時をもって全会員が自動的に退会となります。

SBIカードで住信SBI銀行のスマートプログラムをお得に利用していた方は、新規でミライノカードを申し込む必要があります。

SBIカード利用者の方なら、新規入会で最大5,000円相当がお得になる「ミライノカード誕生記念キャンペーン」に加え、国内のカード利用がポイント2倍になる「【SBIカード会員さま限定】ミライノ ポイント2倍キャンペーン」も利用できますので、キャンペーンを最大限に活用されることをおすすめします。

そんなミライノカードについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ミライノカードの主なスペック

SBIカードの国際ブランドはMASTERでしたが、ミライノカードはJCBのみとなっています。

カードの発行会社は住信SBIネット銀行です。


一般

GOLD

PLATINUM
年会費(税抜) 900円
初年度無料
3,000円 25,000円
翌年度年会費無料条件 年10万円以上利用 年100万円以上利用
国際ブランド JCB
ポイントプログラム ミライノポイント:月の利用額1,000円ごとに5ポイント
(0.5〜1.0%)
スマプロポイントへ交換・支払額から値引き可能
ミライノポイントの有効期限 2年間 3年間
付帯電子マネー QUICPay(クリックペイ)カード一体型
盗難紛失保険
JCBプラザ利用
各種優待サービス
プラチナ・コンシェルジュデスク
海外空港ラウンジサービス
プライオリティ・パス
国内空港ラウンジサービス
海外旅行傷害保険  最高2,000万円 最高5,000万円  最高1億円
国内旅行傷害保険  最高2,000万円  最高5,000万円  最高1億円

年会費はSBIカードより若干高めですが、SBIカードのラインアップ(2万円代のプラチナ、2千円代のセミゴールド、年会費無料の一般カード)を踏襲しているようです。

コスパ面では年会費2万円代でプラチナ・コンシェルジュデスクやプライオリティパス(空港ラウンジ)が使えるPLATINUMが面白そうです。

ミライノカードの発行は住信SBIネット銀行の口座はあってもなくてもOKだが。

ミライノカードの発行に際して住信SBIネット銀行の口座は必須条件ではありません。

都市銀行、信託銀行、ゆうちょ銀行、地方銀行、インターネット専業銀行等、約1,200以上の金融機関を引落し口座に設定できますので、ほとんどの方が今使っている金融機関がそのまま使えるのではないかと思います。

ただ、住信SBI銀行を引き落とし口座にすると住信SBI銀行の「スマートプログラム」のステージ優遇で他行宛振込手数料無料回数が増やせますので、ミライノカードを利用するのであれば住信SBIネット銀行を引き落とし口座にするのがおすすめです。

住信SBI銀行 スマートプログラムとは?

住信SBI銀行のスマートプログラムとは、預金残高や銀行取引など所定の条件をクリアするとランクがアップし、ランクに応じて他行宛振込手数料やATM引出手数料を無料で利用できる回数が増えるものです。

住信SBI銀行のスマートプログラム特典とランクアップ条件

ミライノ カードは住信SBI銀行の「他の金融機関あて振込」や「ATM引出」が所定回数無料になる「スマートプログラム」のランク判定対象商品となっているため、住信SBI銀行を引落口座に設定すると、カードの種類や利用金額により最大2ランクアップになります。

※詳細がまだ発表されていませんが、こちらもSBIカードを踏襲したものになるのではと思われます。

ランク1 ランク2 ランク3 ランク4
他行宛振込
無料回数
月1回 月3回 月7回 月15回
ATM引出
無料回数
月2回 月5回 月7回 月15回
ボーナス
ポイント
 50pt
判定基準1
預金残高
無条件 総預金残高
月末30万円以上
総預金残高
月末300万円以上
外貨預金+仕組預金高
月末500万円以上
判定基準2
預金残高+
住宅ローン
無条件  総預金残高
月末1,000円以上

住宅ローン
月末残高あり
外貨預金+仕組預金高
月末300万円以上

住宅ローン
月末残高あり
判定基準3
預金残高+
商品利用
  ー  総預金残高
月末1,000円以上

2商品利用
  総預金残高
月末1,000円以上

3商品利用
  ー
判定基準2
預金残高+
ロボアドバイ
ザー利用
 総預金残高
月末1,000円以上

ロボアド残高
月末10万円以上
 総預金残高
月末1,000円以上

ロボアド残高
月末100万円以上
カード保有特典 SBIネット銀行をカード引落口座に設定すると
ミライノ一般カード引落金額1万円以上で判定基準3の1商品分、
5万円以上で2商品分にカウント

ミライノGOLD・PLATINUM保有で2ランクアップ

※総預金残高は、円預金(普通・定期)、外貨預金(普通・定期)、仕組預金、SBIハイブリッド預金の合計残高で判定されます。

※判定基準3の対象商品は、外貨預金・仕掛け預金:SBIハイブリッド預金・純金積立・目的・不動産ローン・カードローンのいずれかの月末残高あり、給与・賞与・年金受取(月内に入金あり)・VISAデビットカード(月末確定金額1万円以上)・BIG・toto購入・公営競技入金(月内合計2万円以上)で1カウント、VISAデビットカード(月末確定金額3万円以上)・カードローン(月末残高50万円以上)だと2商品としてカウントされます。

こうしてみると銀行の預金残高や取引だけでランク3以上を目指すとなると、住宅ローンを借りている方以外はそれなりにリスクの伴う取引に多くの資産を預けないといけなそうです。

総資産300万円とか、ロゴアド100万円とか、ローンの利用や公営競技に2万円以上入金とかってそう簡単にクリアできるものではないですよね。

そう考えるとミライノカードの保有特典を活用すれば、普通・定期預金に30万円を預けておけば一般カードでランク3、ゴールド・プラチナならランク4をリーズナブルに維持できる裏技的な使い方ができそうです。

住信SBI銀行スマートプログラム

ミライノポイントについて

ミライノカードのクレジット利用でたまるポイントがミライノポイントです。

ミライノポイントの貯まり方

月の利用合計金額1,000円につき5ミライノポイントが貯まります。

カードの種類による違いはありません。

ポイント還元率は最大1%ですが、月の利用1,000円未満の部分は切り捨てされますので、実際の還元率は若干下がります。

ミライノポイントの使い道

貯まったミライノポイントは、住信SBI銀行のスマプロポイントへの交換、もしくはカード支払い額からの減算(値引き)として利用できます。

  • スマプロポイント交換:1ミライノポイント=2スマプロポイント(還元率1.0%)
  • 請求額から減算(値引き):1ミライノポイント=0.5円(還元率0.5%)
    (いずれも1,000ポイント以上100ポイント単位)

住信SBI銀行のスマプロポイントは1ポイント=1円として現金に交換できますので還元は1%、請求額値引きの2倍の価値になり、なおかつ現金化できますので、必ずスマプロポイントへの交換を選びましょう。

ミライノカードは住信SBI銀行に口座がなくても利用できるようになっていますが、スマプロポイントに交換して還元率1%のクレジットカードとして利用するには、引き落し口座を住信SBIネット銀行にする必要があります。

ポイント確認・交換はMyJCBにて

ポイントの確認や交換手続きはJCBカードの会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」にて行います。

ポイント交換であれば、以下の手順で行うことができます。

  1. MyJCBにログイン
  2. 「ポイントサービスの照会・申込」をクリック
  3. 「商品コースの申込み」をクリック
  4. 「スマプロポイントへの交換」または「支払総額減算」を選択し交換ポイント数を入力

ミライノポイントの有効期限

ミライノポイントの有効期限はカードの種類により異なります。

  • ミライノカード(一般カード):2年間
  • ミライノ カード GOLD:3年間
  • ミライノ カード PLATINU:3年間

ミライノカードはQUICPay搭載・ApplePayも利用可能

ミライノカードには後払い式電子マネーQUICPay(クイックペイ)があらかじめ搭載されています。

コンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食店やガソリンスタンドなどQUICPayが使えるお店なら、レジのところにあるリーダーにミライノカードをかざすだけで支払いができます。

QUICPayで支払った分はミライノカードのクレジット利用分としてまとめて請求されますので、ミライノポイントの対象にもなりますし、チャージの手間もなく、店員さんにカードを渡すこともなく、サインする必要もないので支払いが非常にスムーズに済ませられます。

ApplePayでQUICPayが使えるようになったことで使えるお店も非常に多くなりました。

使えるお店(QUICPay)

ApplePayにも対応

またApplePayにも対応していますので、iPhone7、Apple Watch Series2以降のFelica(フェリカ)搭載端末にミライノカードを登録すれば、iPhone、Apple WatchでもQUICPay支払いが行えます。

iPhone XならFaceID(顔認証)で支払いができます。

また、iPhone6やiPhoneSE、iPadなどもWEBやアプリ決済は利用可能です。

ミライノカードに付帯する優待

ミライノカードには、旅行やグルメでお得になるJCBの優待が付帯しています。

一般カード・GOLD・PLATINUM共通の優待

  
一般・GOLD・PLATINUM共通
JCB PLAZA 海外のJCBプラザでショッピングや観光に関する情報や予約、カードの盗難紛失時のサポート等、日本語で対応してもらえる
JCBラウンジが設置されていれば無料で利用できる
JCBプラザコールセンター(日本/海外)JCB紛失盗難受付デスク 万が一の事故や緊急トラブル時に24時間365日、日本語で電話相談できるJCB紛失盗難受付デスクでは海外専用緊急再発行カード手配にも対応
たびらば(WEB/アプリ) アメリカ・ヨーロッパ・アジア各国のホテルやレストラン・観光コースなどのJCB優待がネットやアプリで検索・予約できるサービス
たびらば
JCB GLOBAL WiFi 海外WiFiルーター(エリア別定額料金×渡航日数)が20%OFF
受渡し/返却手数料も無料
海外レンタカーサービス 海外旅行出発前に日本で海外のレンタカー会社が予約でき、割引などの優待が受けられる
空港宅配優待サービス 成田・羽田(国際線)の手荷物の空港宅配サービスが15%OFF
※PLATINUMは手荷物無料サービスが付帯
JCB空港優待ガイド 成田・羽田・中部(セントレア)・関空・千歳の各空港内のJCB加盟店で5~10%割引などの優待が受けられる
JCB沖縄優待ガイド 沖縄県内のレンタカーや飲食店やわしたショップなどで割引や一品サービスなどの優待が受けられる
空港免税店割引サービス 成田国際空港のANA DUTY FREE SHOPが5%OFF
関西国際空港のANA DUTY FREE SHOPが10%OFF

PLATINUM限定の優待

PLATINUM限定
プラチナ・コンシェルジュデスク 国内・海外のホテルや、航空券・列車・レンタカーの手配など旅行に関する各種サポート、ゴルフ場やチケット、レストランなどのエンターテインメントなどの相談を24時間365日受付
プライオリティ・パス 世界約130の国と地域、約500の都市で約1,000ヵ所にあるVIP向け空港ラウンジ「プライオリティ・パス」が利用可能
空港ラウンジサービス 国内の主要空港内・ハワイ ホノルルの国際空港内にある空港ラウンジが利用可能(同伴者は有料)
海外ラグジュアリー・ホテル・プラン 海外の海外ラグジュアリーなホテルで各種優待が受けられる
JCBプレミアムステイプラン 国内の人気ホテル・旅館を厳選して紹介、スペシャルプライスプランが利用可能
ダイニング30 全国の対象レストランを事前予約・専用クーポン提示で30%OFF
手荷物無料宅配サービス JCBトラベルデスクで海外パッケージツアーを予約すると成田・羽田・中部(セントレア)・関空の国際線利用時に手荷物無料宅配券(往路分・復路分)を1組につき1枚プレゼント
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンJCB LOUNGE 「ザ・フライング・ダイナソー」施設内に設置されたJCBラウンジが利用可能、アトラクションの優先搭乗サービスも提供

住信SBIネット銀行のカードローン金利が年0.1%引下げ

ミライノカードの引き落とし口座を住信SBIネット銀行にすれば、住信SBIネット銀行のミスターカードローンの金利が年0.1%引き下げになります。

ミライノカードにも分割払いやリボ払い、キャッシングがありますが、いずれも金利が高く安易に使ってしまうとかなりの手数料がかかってしまいます。

審査次第にはなりますが、住信SBI銀行のミスターカードローンのプレミアムコースが適用されればキャッシングの半分程度の金利でお金を借りることもできますので、いざというときのために持っておくのもありだと思います。

ミライノカードに付帯する保険等

ミライノカードは年会費実質無料にできるカードとしては付帯する保険が充実しているのは大きなメリットです。

海外旅行保険

ミライノカードに付帯する海外旅行保険は、旅行代金をミライノカードで支払うことで付帯する利用付帯です。

家族は、配偶者、本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族、本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子が対象です。

家族にも適用されるのがうれしいですね。

金額はいずれも最高時の金額です。

上段:本人会員
下段:家族会員
ミライノカード
一般カード
ミライノカード
GOLD
ミライノカード
PLATINUM
死亡・後遺障害保険金 2,000万円
1,000万円
5,000万円
1,000万円
1億円
1,000万円
傷害治療保険金 200万円
100万円
500万円
250万円
1,000万円
500万円
賠償責任保険金 1,000万円
500万円
5,000万円
2,500万円
1億円
5,000万円
携行品損害保険金
(1旅行・1年間)

50万円
25万円
100万円
50万円
救援者費用保険金
(保険期間中)
100万円
50万円
300万円
150万円
500万円
250万円

携行品は一品10万円の限度があり、1回につき3,000円は自己負担となります。

国内旅行保険

国内旅行保険も旅行代金をミライノカードで支払うことで付帯する利用付帯です。

こちらも家族にも適用されるのがうれしいですね。

家族の範囲は海外旅行傷害保険と同様です。

上段:本人会員
下段:家族会員
ミライノカード
一般カード
ミライノカード
GOLD
ミライノカード
PLATINUM
死亡・後遺障害保険金
(最高額)
2,000万円
1,000万円
5,000万円
1,000万円
1億円
1,000万円
入院保険金(日額) 3,000円
1,500円
4,000円
2,000円
5,000円
2,500円
通院保険金(日額) 2,000円
1,000円
4,000円
2,000円
5,000円
2,500円

ショッピングガード保険

ミライノカード・ミライノカード GOLDには、海外のJCB加盟店で購入した商品に対して、ミライノカードPLATINUMには国内・海外で購入した商品に対して、破損や盗難の被害が補償されます。

事前の届出などは不要ですが、いずれもミライノ カードで購入した場合に適用されます。

ミライノカード
一般カード
ミライノカード
GOLD
ミライノカード
PLATINUM
補償範囲 海外のJCB加盟店で購入した
商品の偶然の破損や盗難
国内・海外で購入した
商品の破損や盗難
補償限度額 年間最高50万円 年間最高100万円
自己負担額 10,000円 10,000円
補償期間 購入日より90日間

購入日翌日より90日間

ミライノカード新規入会で5,000相当お得なミライノ カード誕生記念キャンペーン

ミライノカードでは現在SBIカードをお使いの方もそうでない方もミライノカード新規入会で最大5,000円相当+海外ポイント2倍のキャンペーンが実施中です。

入会対象期間は2017年11月6日~2018年3月31日、特典の利用対象期間:2017年11月28日~2018年3月31日です。

特典対象の取引と特典は以下のようになっています。

取引 特典
ミライノ カードに入会 ミライノ ポイント200ポイント
対象期間中に国内で合計10,000円以上利用 ミライノ ポイント2,000ポイント
対象期間中に1回以上QUICPayまたはApple Payをご利用 ミライノ ポイント300ポイント
海外でのショッピング利用 ミライノ ポイント2倍

このキャンペーンでは最大2,500ポイントしかもらえないのですが、ミライノポイントは1ポイント=スマプロ2ポイントに交換できますので、2,500ミライノポイント=5,000スマプロポイントに交換後、住信SBI銀行でキャッシュバックすることで5,000円になりますので、ご安心ください。

最大5,000ポイント相当のポイントがもらえるキャンペーンの詳細は公式サイトにてご確認ください。

ミライノカード誕生記念キャンペーン(公式サイト)

SBIカード利用者には特典も!

現在SBIカードを利用中の方向けに国内でのショッピング利用でミライノ ポイントが2倍となる「【SBIカード会員さま限定】ミライノ ポイント2倍キャンペーン」が2017年11月28日から2018年3月31日まで実施されます。

キャンペーンの対象となるには別途エントリーが必要ですので、カード発行後に必ずエントリーしましょう。

 住信SBIネット銀行ユーザーは必携のカード

ミライノカードはスマートプログラムをお得に使うために住信SBIネット銀行ユーザー必携のカードです。

カードの利用がそれほどでない方なら年10万円以上で翌年度以降も年会費無料で利用できるミライノ一般カードがおすすめです。

月1万円以上の引落しで、スマートプログラムの判定基準3の1商品分、月5万円以上の引落しなら2商品分としてカウントされますので、月5万円以上の利用と総預金残高1,000円以上でランク2になり他行宛て振込3回、ATM引出手数料が5回も無料にできます。

ポイントはスマプロポイントに交換すれば還元率約1%で現金交換も可能、しかも国内旅行保険も付帯するなど非常にコスパが高い設定となっています。

住信SBI銀行ユーザーはもちろんのこと、振込手数料が無料にできる銀行を探している方にもおすすめなクレジットカードです。

最大5,000ポイント相当のポイントがもらえるキャンペーンの詳細は公式サイトにてご確認ください。

ミライノカード誕生記念キャンペーン(公式サイト)

3千円代で保有できるSBIカード GOLD

年会費3,000円(税抜)、しかも年間100万円以上の利用で次年度無料で利用できるゴールドカードは、引き落とし口座を住信SBIネット銀行にしているだけで住信SBIネット銀行のスマートプログラムのランク3以上が保証されるので、他行宛振込とATM引出し手数料が毎月7回も無料で利用できます。

JCB PLAZAやJCBプラザコールセンター、空港宅配優待サービス、海外レンタカーサービスなどが使えるほか、最高5,000万円の国内・海外旅行保険が付帯するのは評価できると思います。(空港ラウンジが無料で利用できないのは、年会費を考えるとしかたないところでしょう。)

最大5,000ポイント相当のポイントがもらえるキャンペーンの詳細は公式サイトにてご確認ください。

ミライノカード GOLD(公式サイト)

2万円代で保有できるSBIカード PLATINUM

年会費が25,000円(税抜)でプライオリティ・パスやプラチナコンシェルジュが利用できるミライノカード PLATINAMは、住信SBI銀行のスマートプログラムの特典も併せて考えると、2万円代のプラチナカードの中でもコスパの高いカードになっていると思います。

是非ご活用ください。

スポンサーリンク