JCB LINDA(リンダ)なら年会費無料でかわいいデザインのクレジットカードが持てる

JCB LINDA(リンダ)は年会費実質無料で利用でき、利用金額に応じてもらえるボーナス制度でポイント還元率が最大1.5%、女性にうれしい特典が満載のクレジットカードです。

カードのデザインも7種類から選べ、どのカードも可愛い仕上がりです。

jcb-linda-all
JCB LINDA

スポンサーリンク

JCB LINDA(リンダ)の年会費・国際ブランド

JCB LINDA(リンダ)の年会費は無料、データ維持料が月100円(税抜)がかかりますが、以下の条件のいずれかをクリアすればデータ維持料も無料にできますので、無料で利用することができます。

  1. 携帯電話・PHS利用料金の支払い
  2. クレジット払いが月1万円以上(本人会員・家族会員の合計)

学生の方は卒業予定年月までデータ維持料が無料になる学割もありますので、学生の方にもおすすめです。

家族会員も年会費無料、データ維持料は家族会員について個別にかかることはありません、月に本人+家族会員の利用金額が1万円以上、もしくは携帯・PHSの支払いをすれば無料です。

国際ブランドはもちろんJCBです。

JCB LINDA(リンダ)のカードデザイン

JCB LINDA(リンダ)では7種類の中から好きなデザインを選ぶことができます。

jcb-linda-all

左から「オマモリコトリ」、「ライズハート」、「Jモチーフ」、「チェルシーボーダー」、「イマージュ」、「ストライプ」、「ポニーテール」です。

いずれのデザインもQUIC Pay(クイックペイ)一体型にすることができます。

QUIC Pay(クイックペイ)とは、コンビニ等で使える後払い式の電子マネー、予めチャージすることなく、かざすだけでクレジット払いにすることができる便利な機能があります。

QUIC Pay(クイックペイ)については後ほど解説します。

JCB LINDA(リンダ)のポイントの貯まり方、還元率

JCB LINDA(リンダ)では月の利用合計金額1,000円(税込)につきOki Dokiポイント1ポイントが貯まります。

Oki Dokiロゴ

Oki Dokiポイントは交換先にもよりますが、nanacoポイントや楽天スーパーポイントなどと交換する場合は1ポイント=5円の価値がありますので還元率は0.5%です。

LINDAボーナス制度で最大ポイント3倍

JCB LINDA(リンダ)の最大の特長がこの「LINDAボーナス制度」、LINDAボーナス制度期間中に年間の利用合計金額が基準に達すると翌月からポイント還元率がアップします。

  • 年間50万円以上:ポイント2倍(1,000円=1ポイント+1ボーナスポイント)
  • 年間100万円以上:ポイント3倍(1,000円=1ポイント+2ボーナスポイント)

毎月15日のカードの締日までに基準に到達すると、翌月からボーナスポイントが適用されるので早く基準に到達するほどお得に利用ができるようになります。

ただしボーナス制度適用期間は入会月から約1年単位での更新となり、新たな適用期間が始まると利用金額は0からの再出発になってしまうため、ずっとポイント3倍を維持し続けることはできません。

JCB LINDA(リンダ)のボーナス制度はちょっとわかりにくい仕組みですので、月に10万円ずつ使った場合、どのタイミングでボーナスが適用され、還元率がどうなるかを試算してみました。

月10万円ずつ使った場合、年間の還元率は0.88%

月10万円の利用の場合、50万円(2倍)になるまでに5ヶ月、100万円(3倍)になるまでに10ヶ月かかり3倍が適用されるのはわずか2ヶ月しかないため、年間を通した還元率は0.88%になりました。

月間
利用金額
年間
利用金額
ボーナス
適用
月間
ポイント数
年間
ポイント数
年間
還元率
4月 100,000円 100,000円 なし 100P 100P 0.50%
5月 100,000円 200,000円 なし 100P 200P 0.50%
6月 100,000円 300,000円 なし 100P 300P 0.50%
7月 100,000円 400,000円 なし 100P 400P 0.50%
8月 100,000円 500,000円 なし 100P 500P 0.50%
9月 100,000円 600,000円 2倍 200P 700P 0.58%
10月 100,000円 700,000円 2倍 200P 900P 0.64%
11月 100,000円 800,000円 2倍 200P 1,100P 0.69%
12月 100,000円 900,000円 2倍 200P 1,300P 0.72%
1月 100,000円 1,000,000円 2倍 200P 1,500P 0.75%
2月 100,000円 1,100,000円 3倍 300P 1,800P 0.82%
3月 100,000円 1,200,000円 3倍 300P 2,100P 0.88%

月20万円ずつ使った場合、年間の還元率は1.17%

月20万円の利用の場合、50万円(2倍)になるまでに3ヶ月、100万円(3倍)になるまでに5ヶ月となり、7ヶ月間3倍が適用されるため年間を通した還元率は1.17%までアップしました。

月間
利用金額
年間
利用金額
ボーナス
適用
月間
ポイント数
年間
ポイント数
年間
還元率
4月 200,000円 200,000円 なし 200P 200P 0.50%
5月 200,000円 400,000円 なし 200P 400P 0.50%
6月 200,000円 600,000円 なし 200P 600P 0.50%
7月 200,000円 800,000円 2倍 400P 1,000P 0.63%
8月 200,000円 1,000,000円 2倍 400P 1,400P 0.70%
9月 200,000円 1,200,000円 3倍 600P 2,000P 0.83%
10月 200,000円 1,400,000円 3倍 600P 2,600P 0.93%
11月 200,000円 1,600,000円 3倍 600P 3,200P 1.00%
12月 200,000円 1,800,000円 3倍 600P 3,800P 1.06%
1月 200,000円 2,000,000円 3倍 600P 4,400P 1.10%
2月 200,000円 2,200,000円 3倍 600P 5,000P 1.14%
3月 200,000円 2,400,000円 3倍 600P 5,600P 1.17%

そうは言っても月に20万円使うのはちょっと大変ですよね。

JCB LINDAボーナスを上手く利用するコツとしては、定期代とかボーナス時期などで、まとまった利用がある7月や12月とかに入会し、早い段階で2倍、3倍をクリアするところにあるみたいです。


JCB LINDA

JCB LINDA会員限定プレゼント

LINDA会員限定プレゼント・キャンペーンに応募できます。

キレイのプロ「LINDAリーグ」参加企業を中心に様々なプレゼントが用意されています。

ますます拡大中!LINDAリーグ参加企業(一例)

主なINDAはリーグは参加企業はこんな感じです。

  • L’OCCITANE EN PROVENCE
  • Starbucks(スターバックス)
  • ディズニー・ストア
  • ABISTE
  • GAP
  • B・B・V ola
  • Beauty & Co.
  • Nail Quick
  • MILLEPORTE(ミレポルテ)
  • 藤田観光
  • 一休.com
  • ゴルフダイジェスト・オンライン
  • ワタベウェディング
  • JCBトラベル

プレゼントの内容は毎月更新されますので、こまめにチェックしましょう。

LINDA MAIL登録者特典も用意されていますので、メルマガ購読もおすすめです。

JCB LINDA プレゼント・今月の優待

JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)は対象外

JCB LINDA(リンダ)はJCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)の対象外ですので、メンバーランクの適用はありません。

LINDAボーナス制度とLINDA会員限定プレゼント、キャンペーン等もあるので仕方ないかもしれないですが、せめてキャンペーンの当選確率アップは適用してほしいところですね。

Oki Dokiポイントの交換先

OkiDokiポイントはJALやANAのマイルやnanacoやdポイント等の他のポイントなどに交換できますが、交換先によって交換レートは若干異なります。

それぞれの交換先に交換した際の還元率や必要ポイント数は以下のような感じです。

※マイルはそれぞれ1マイル=1.5円として還元率の計算をしています。

ポイント名称 交換必要
ポイント数
交換後
ポイント数
還元率 交換単位など
JALマイル 500P 1,500M 0.9% 500P以上1P単位
ANAマイル 500P 1,500M 0.9% 200P以上1P単位
ANA SKYコイン 500P 1,500C 0.6% 200P以上1P単位
デルタ航空スカイマイル 500P 1,500M 0.9% 200P以上1P単位
nanacoポイント 200P 1,000P 1.0% 200P以上1P単位
Tポイント(スピード移行コース) 500P 2,000P 0.8% 500P以上100P単位
Tポイント(好きなときコース) 200P 900P 0.9% 200P以上100P単位
Tポイント(らくらく自動移行コース) 1P 5P 1.0% 1P以上1P単位
dポイント 500P 2,500P 1.0% 500P以上100P単位
auWALLET ポイント 500P 2,500P 1.0% 500P以上100P単位
ビックポイント
ビックネットポイント
500P 2,500P 1.0% 500P以上1P単位
ベルメゾン・ポイント 500P 2,500P 1.0% 500P以上1P単位
Joshin(ジョーシン)ポイント 500P 2,500P 1.0% 500P以上1P単位
楽天スーパーポイント 500P 2,500P 1.0% 500P以上1P単位
セシールスマイルポイント 500P 2,500P 1.0% 500P以上1P単位
JTBトラベルポイント 500P 2,500P 1.0% 500P以上1P単位
ちょコムポイント  500P 2,500P 1.0% 500P以上1P単位
楽天Edy  500P 1,500円 0.6% 500P以上1P単位
カエトクカード(カエクトマネー) 500P 2,000円 0.8% 500P以上1P単位
スターバックス カードチャージ 500P 2,500円 1.0% 500P以上1P単位

他にも、Jリーグサポーターズエールという、応援するJ1、J2のチームに1ポイント=3円を「応援金」として寄付することができます。

還元率で見ると、nanaco、dポイント、ビックポイント、ベルメゾン、Joshin、楽天スーパーポイント、セシール、JTB、ちょコム、スターバックスといったあたりなら還元率1%として交換できるのでおすすめです。

Oki Dokiポイントの有効期限

OkiDokiポイントの有効期限は獲得月から2年間(24ヶ月後の15日まで)です。

還元率0.5%でも10万円の利用で500ポイントを貯めることはできますし、複数のJCBカードで貯めたポイントを合算して交換することはできますので、それなりに使っていれば有効期限切れで無駄になることはなさそうですね。

ポイントアップモール「Oki Dokiランド」でポイント最大20倍

Oki Doki ランド

OkiDokiポイントが貯まるJCBカードは、JCBのポイントアップモール「OkiDokiランド」を経由することで、ポイントが最大20倍とお得に貯まります。

主なショップだけでもこんなにたくさんあります。

定期的にポイントアップしていたり、キャンペーンや特集なども行われていますので、ネットショッピングやサービスの利用などの際は必ず経由するようにしましょう。

総合通販・ショッピングモール Amazon、楽天市場、楽天24、楽天ネットスーパー、YAHOO!ショッピング、ポンパレモール、dショッピング、DeNAショッピング、ヤマダモール、イオンショップ、セブンネットショッピング、SEIYUドットコム、成城石井.com、ダイエーネットショッピング、LOHACO、ネットプライス、Qoo10(キューテン)、ゆめショップ、ヤフオク、楽天オークションなど
食料品・グルメ うまいもんドットコム、Oisix(おいしっくす)、JAタウン、築地市場ドットコム、ドミノピザ、ピザハットオンライン、北海道からの新鮮直送★北のグルメ便!、ベルーナグルメショッピング、ニチレイフーズダイレクト、京橋ワインリカーショップ、ボルドーワイン通販キュベクルール、山田養蜂場、47CLUB(よんななクラブ)、ワイナリー和泉屋、カクヤス、一休.comレストラン、OZのレストラン予約
家電製品・パソコン ECカレント、イーベスト、エディオン、コジマネット、ソフマップドットコム、つくもネットショップ、ノジマオンライン、ヤマダウェブコム、ムラウチドットコム、ケーズデンキオンラインショップ、Joshin(ジョーシン)、ビックカメラ.com、Apple Online Store、DEL、HP Directplus、レノボ・ショッピング、マウスコンピューター、富士通WEB MART、NEC Direct(NECパソコン直販サイト)、エプソンダイレクト、ioPLAZA(アイ・オー・データ通販サイト)、アドビストア、ウィルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ、シマンテック、サンワダイレクト、Just MyShop(ジャストシステム)、東芝ダイレクト、ソニーストア、ニコンダイレクト、Panasonic Store、PC DEPO、ボーズオンラインストア、
衣類・雑貨等 ベルメゾンネット、セシール、ディノス、PLAZA(プラザ)オンライン、アイルミネ、ASBEEオンラインショップ、コナカ、SANYOiStore、ザ・スーツカンパニー、スーツセレクトオンラインショップ、GU(ジーユー)オンラインストア、トリンプ、PEACH JOHNなど
百貨店 伊勢丹オンラインストア、大丸松坂屋オンラインショッピング、三越オンラインストア、京王百貨店、小田急オンラインショッピング、高島屋オンラインストア、阪急百貨店オンラインショップ、東急百貨店、BARNEYS NEW YORK ONLINE STOREなど
テレビ通販など 日本直販オンライン、ひかりTVショッピング、ダイレクトテレショップ、ジャパネットたかたメディアミックスショッピングなど
スポーツ・アウトドア adidas、アンダーアーマー、PUMA、ミズノショップ、アシックスオンラインストア、リーボックオンラインショップ、エディー・バウアー、アイアンドエフオンラインストア、L.L.Bean、アトミックゴルフ、エイアンドエフオンラインストア、スポーツオーソリティ、ナチュラム、GOLD WIN WEB STOREなど
ブランド GUCCI(グッチ)、COACH(コーチ)公式オンラインストア
健康食品など DHC、サントリーウェルネスオンライン、オージオネット、ORBIS(オルビス)、オンリーミネラル、THE BODY SHOP、シーボン、爽快ドラッグ、ケンコーコム、ドクターシーラボ、ワタシプラス資生堂、ランコム、味の素KK健康ケアオンラインショップ、カゴメ健康直送便、世田谷自然食品など
書籍・音楽 紀伊国屋書店ウェブストア、丸善&ジュンク堂書店ネットストア、TSUTAYAオンラインショッピング、ネットオフ、honto、フルイチオンライン、ブックオフオンライン、TOWER RECORDS、HMV、Sony Music Shop、Neowing、ぽすれんなど
旅行 JCBトラベル(JTB,近畿日本ツーリスト、JAL)など
その他 トイザらス、ハピネット、ベビーザらス、PlayStation(R)Store、AQUARE ENIX e-STORE、マイクロソフトストア、楽天ダウンロード、ユナイテッド・シネマ、チケットぴあ、ニッポンレンタカー、タイムズカーレンタル、アート引越しセンターなど

メールマガジンも登録できますので、お得な情報を見逃さないためにも上手く活用するとよいでしょう。

JCBトラベル利用で最大ポイント10倍

JCBトラベルとはJCB会員専用の旅行会社です。

JCBトラベルロゴ

JTB、近畿日本ツーリスト、JALパック、ANAセールスをはじめ30社以上の旅行会社の各商品を取り扱っていますので、たくさんあるプランからあなたにピッタリの旅行プランを探すことができます。

電話で気軽に相談できますし、ネットで予約すればポイントも最大10倍とお得に貯まりますので、こまめにチェックしておくとよいでしょう。

JCBトラベル オンライン予約サービス

コンビニなどでの支払いが楽になる後払い式電子マネーQUIC Payが使える

JCB LINDA(リンダ)は後払い式電子マネーQUIC Pay(クイックペイ)が使えます。

キューペイ ロゴ

QUIC Pay(クイックペイ)とは、コンビニやガソリンスタンド等のクイックペイに対応している店舗なら、かたすだけで簡単に支払いが完了する電子マネーです。

JCB LINDA(mika ninagawa 限定券面以外)はQUICPay搭載型が選べますので、1枚のカードで使い分けることが可能です。

利用した分はクレジットカードの利用料金として、JCB LINDA(リンダ)の月の支払額にまとめられるため、事前にチャージを行う必要もなく、使った分はクレジットカード支払として、OkiDokiポイントの対象にもなります。

さらに、QUICPay(クイックペイ)独自のキャンペーンも実施していたりするのでクレジトカード払いにするよりもお得な場合もあったりします。

特に、新規にQUICPay(クイックペイ)を申込み、キャンペーンに登録するとキャンペーン期間中の利用金額から5%(最大1,000円)がキャッシュバックされるキャンペーンもありますので、必ず申し込むことをおすすめします。

QUICPayでおトク!もれなく5%キャッシュバック!

私はカードタイプとエッソ・モービル・ゼネラル系ガソリンスタンド「Express(エクスプレス)」で使える「スピードパスプラス」を愛用しています。

QUICPay speedpass-plus2

カードタイプは主にコンビニやスーパー、ドラッグストアでのお買い物で利用、スピードパスプラスはもちろんガソリンスタンドで利用しています。

私の家の近くの「Express(エクスプレス)」では、会員価格で1L=1円引きになる上に、支払い方法とかを選ばずにかざすだけで給油ができるのでクレジットカードを取り忘れる心配もありませんし、現金のようにお釣りを取りに行く必要もなくとっても便利です。

QUIC Payについてはこちらの記事でも紹介していますので参考にしていただければと思います。

QUICPay(クイックペイ)でクレジットカードの利便性も使えるお店もお得もアップ!
QUICPayに対応しているクレジットカードをお持ちの方はQUICPay(クイックペイ)を利用することで、使いやすくなり利用の幅も広がります...
QUICPay(クイックペイ)が届いた!
昨日帰宅したら、リクルートカードプラスを便利に使うためにと作ったQUICPay(クイックペイ)が届いていました。 なかなか可愛...

街の加盟店の利用で優待が受けられるJCB優待ガイド

JCBの加盟店でJCBカードを利用すると様々な優待が受けられます。

特に飲食店や美容室などが充実しています。

チェーン店だけでなはく、個人で経営されているお寿司屋さんや居酒屋などのお店も多いので、意外なお店で優待が受けられたりするかもしれません。

ホームタウン登録もできて、地図からお店を探したりもできますので、買物や食事や飲み会などでお出かけの際は事前にチェックしてみることをおすすめします。

JCB優待ガイド

豊富なキャンペーンに参加可能、JCBならではのキャンペーンも!

JCBでは随時様々なキャンペーンが実施されていますので、こまめにチェックしてとりあえず利用できそうなものは、全て応募しておくのがよいと思います。

JCBはディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンの公式スポンサ-ですので、他のクレジットカードでは絶対にありえない貸切キャンペーンなども行われています。

当選確率はかなり低いかもしれませんが、当たったら一生の思い出になる思い出になりそうですね。こういうチャンスはJCBカードならではだと思います。

JCBカードキャンペーン一覧

JCB LINDA(リンダ)は家族カードも永年無料

JCB LINDA(リンダ)は家族カードが発行可能ですが、カードのデザインは本人会員と同じものになります。

家族カードの年会費は無料です。

JCB LINDA(リンダ)はETCカードも永年無料

ETCカードも発行手数料・年会費とも無料で利用できます。

通行料金もOki Dokiポイントが貯まりますしLINDAボーナスの対象にもなるので、高速道路などを利用する機会のある方は利用されるとよいと思います。

選べる女性向け保険「お守リンダ」

JCB LINDA(リンダ)は女性に嬉しい各種保険が割安な掛け金で利用できます。

  • プランA:女性特定がん限定手術保険金:50万円(月払掛金30円~)
  • プランB:天災限定障害:入院保険金5,000円(日額)、手術保険金最高20万円(月払掛金30円~)
  • プランC:犯罪被害補償:ひったくり最大50万円など(月払掛金100円~)
  • プランD:障害入金補償:入院保険金5,000円(日額)(月払掛金390円)

JCB LINDA お守リンダ

旅行傷害保険は付帯なし

海外国内とも旅行傷害保険は付帯していません。

ショッピングガード保険(海外)最高100万円が付帯

JCB LINDA(リンダ)を利用して海外で購入した商品は購入日から90日間、年間最高100万円まで補償されます。(国内でのショッピングは対象外です。)

1事故につき自己負担額1万円がかかります。

JCB LINDA(リンダ)の新規入会キャンペーン

新規入会と利用で最大6,500円分がプレゼントされるキャンペーンが実施中です。


JCB LINDA

  • 新規入会でJCBギフトカード2,000円分プレゼント
  • 家族カード入会でJCBギフトカード最大2,000円分プレゼント
  • 「支払い名人」の登録と利用でもれなく1,500円キャッシュバック
  • QUICPay(クイックペイ)の利用合計金額の5%(最大1,000円)キャッシュバック

JCB LINDA(リンダ)のまとめ

  • 年会費無料、データ維持料も携帯料金引落しか1万円以上利用で無料
  • 可愛いカードデザイン
  • 還元率が最大1.5%までアップするLINDAボーナス制度
  • Amazonの利用もポイントアップできるOkiDoikランドでポイント最大20倍
  • 街の飲食店も多数参加しているJCBカード優待
  • ディズニーランド・ディズニー・シーやユニバーサル・スタジオ・ジャパンの公式スポンサーならではのキャンペーンも多数

JCB LINDA(リンダ)の最大の特長は可愛いデザインのクレジットカードが、実質年会費無料で利用できるというところでしょうか?

LINDAリーグ参加企業のプレゼントが当たるキャンペーンなどは、JCB LINDA(リンダ)利用者限定ですので、JCBカード全体で行っているものよりは当選確率はちょっと高いかもしれないですね。

利用金額に応じて最大ポイント3倍にはできるものの、毎年振出しに戻って1からスタートになるので高還元率を維持することができないので、ポイント還元率はそれほど期待はできないと思います。

QUICPay(クイックペイ)についてはコンビニ等のほか、クレジットカード払いができない飲食店でも実質クレジットカード払いにできますのでおすすめです。


JCB LINDA

※還元率にこだわる方は、JCBカードならJCB EIT(エイト)は年会費無料、無条件でポイント2倍になりますので比較してみるとよいと思います。

JCB EIT(エイト)は年会費無料で還元率1%以上、カードデザインにこだわりたい方におすすめ
JCB EIT(エイト)は年会費無料でポイント還元率が1%、さらに年間利用額によっては翌年のポイント還元率が最大1.15%になるというJCB...

関連記事:

QUICPay(クイックペイ)でクレジットカードの利便性も使えるお店もお得もアップ!
QUICPayに対応しているクレジットカードをお持ちの方はQUICPay(クイックペイ)を利用することで、使いやすくなり利用の幅も広がります...
QUICPay(クイックペイ)が届いた!
昨日帰宅したら、リクルートカードプラスを便利に使うためにと作ったQUICPay(クイックペイ)が届いていました。 なかなか可愛...