高還元率クレジットカード(リクルートカード、REX CARDなど)を徹底比較

数年前までは、クレジットカードのポイント還元率は高くても1%でした。
その頃は1%が請求時値引きされるポケットカードを長年使っていて、ずいぶん得した気分になっていたのですが、それを大きく上回るクレジットカードが出現してきました。
私も1年ほど前に高還元率クレジットカードを使い始め、「年間で約2万円の節約」につながっています。
まだ利用されていない方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

クレジットカードの還元率の違いでこれだけ差がつく

一般的な還元率0.5%のクレジットカードと還元率1.75%のクレジットカードを比較してみると、月に10万円利用した場合、「年間で15,000ポイント」も差がつきます。

カードの利用額 還元率0.5% 還元率1.75%
月5万円(年間60万円) 3,000ポイント 10,500ポイント 7,500ポイント
月10万円(年間120万円) 6,000ポイント 21,000ポイント 15,000ポイント

実際には、モールを活用する等、還元率を更に高くする工夫がいろいろありますので、さらにポイントをたくさんもらうことができます。
使うカードを変えるだけでこれだけの差が出るのですから、クレジットカード選びはとても重要ですね。

高還元率クレジットカード比較

1%を超える高還元率クレジットカードについて、選ぶ際のポイントを比べてみましょう。

カード名称 還元率 ポイント計算
方法(pt)
ポイント利用対象 利用可能最低ポイント 年会費
リクルートカードプラス 2.0% ・請求額の2.0%
・リクルートのサービスは+1~3%加算
・ポンパレモールは3%加算
・リクルートのサービス
・ポンパレモールの商品購入
・Pontaポイントへの変換
1pt 1円~ 2,000円+税
REX CARD(レックスカード) 1.5% ・請求額2,000円毎に30pt※端数切捨て
・Jaccsモール経由で所定のJデポ還元
・請求額から値引き(Jデポ) 1,500pt以上1,500pt単位 2,500円+税
※年50万円以上利用で次年度無料
漢方スタイルクラブカード 1.5% ・請求額2,000円毎に6pt(1pt5円)※端数切捨て
・年58万利用で250pt、100万利用で350pt(1750円相当)ボーナスptあり
・請求額から値引き(Jデポ)
・薬日本堂商品券
・日本ユニセフ協会への寄付
・ANAマイレージクラブ
300ポイント以上300ポイント単位 1,500円+税
REX CARD Lite(レックスカードライト)  1.25% ・請求額2,000円毎に25pt ・請求額から値引き(Jデポ) 2,500pt以上2,500pt単位 永年無料
リクルートカード 1.2% ・請求額の1.2% リクルートのサービス
ポンパレモールの商品購入
Pontaへの変換
1pt1円~ 永年無料

JACCSカードのREXカード、漢方スタイルクラブカードは2015年11月1日利用分より、還元率が改悪となりました。詳細は以下の記事をご確認ください。

REX CARD(レックスカード)、漢方スタイルクラブカード、Readersカードの改悪後の還元率を比べてみました。
11/1利用分より還元率の改悪が決まった、REX CARD(レックスカード)、漢方スタイルクラブカード、Readersカードについてその中身...

高還元率クレジットカードを選ぶ際の比較ポイント

高還元率のクレジットカードを比較する際の一番のポイントは「貯まったポイントの使える対象が自分にあっているか」。

リクルートカードの場合、対象はじゃらんをはじめとする「リクルートの商品・サービス利用、Pontaポイントへの変換」となっています。
旅行や食べ歩きが趣味の方は、じゃらんやホットペッパーで使えますし、Pontaを集めている方も適しているでしょう。
最近は、リクルートのショッピングモール「ポンパレモール」の品揃えも充実しているようですので、生活実需品を購入すれば家計の節約にも貢献できますね。

REX CARD(レックスカード)は、Jデポという「請求額から値引されるシステムに交換ができます。
Jデポに交換すると、変換したJデポの有効期間内にREX CARDで支払いをした中から自動的に値引きを行ってくれるので、どの買い物にポイントを使うとかを考える必要がありません。
利用明細には、どの買い物からどれだけ値引きされたかはきちんと表示されますので「今月はガソリン代が1回分タダになった!」とかちょっとした快感があります。 貯まったポイントで「欲しかった商品がポイントで手に入った!」という感じではありませんが、確実にポイントを使い切ることができます。

漢方スタイルクラブカードについて、REX CARD(レックスカード)と同様にJデポが利用できますが、「薬日本堂商品券」に替えることで「還元率を3.45%までアップ」させることができますので、薬日本堂の商品を利用される方は必見です。

※ポイントの計算方法を見ると、REX CARD(レックスカード)や漢方スタイルクラブカードは請求額のうち2,000円で割った余りが切捨てられるのが気になる方もいらっしゃるかも知れません。
その点について実際に計算してみると、どうもJデポで値引きされた金額はポイント計算の対象から差し引かれないようで、Jデポ値引後の請求額から計算すると表示上の還元率を上回っています。

ポイント還元率を更にアップさせるモールの存在

REX CARD(レックスカード)、漢方スタイルクラブカードはジャックスカードが発行元ですので、Jaccsモールが利用できます。
Jaccsモールを利用することで、Amazonや楽天市場をはじめとする多くのショッピングサイトや、itunes等も「所定のJデポで請求時値引き」により、安く購入したのと同じ効果が得られます。
※楽天市場の場合、通常楽天カードだと2%還元ですが、REXカードの場合1.75%+0.5%で2.2%が獲得でき、楽天カードを上回る場合があります。
ただ、楽天市場が別のキャンペーンを行っていると必ずしもそうとは言えないのですが。。

リクルートカードについては、ポンパレモールを使うと最低3%上乗せされるので「全品5%還元」という破格のポイントになります。
ポンパレモールについては、楽天市場に出店している店も入っていたりするようですし、品揃えも充実しつつあるので、今後に期待できそうですね。

ただAmazonやJoshin、DHC、ベルメゾンをはじめ、日本中の名だたるショップを網羅しているJaccsモールに比べると見劣りする部分があります。

年会費をどう考えるか?

リクルートカード、REX CARD(レックスカード)はそれぞれ 年会費有料・無料のカードが用意されています。
いずれも年会費がかかるカードの方が、ポイント還元率が高く設定されています。

REX CARD(レックスカード)に関して言えば、年間50万円利用すれば次年度は年会費無料となりますので、「月に41,667円以上使うのか?」が判断のポイントになります。
リクルートカードについてはポイント差が0.8%ですので、2,160円 ÷ 0.8% = 27万円、「月に22,500円以上使う」のであればリクルートカードプラスがおトクになります。

漢方スタイルクラブカードは年会費が2年目以降、1,500円(税抜)がかかりますが、「100万円以上利用する方は2,500円相当のボーナスポイントがもらえる」ので、REX CARD(レックスカード)を上回るポイントを獲得することができます。

nanacoチャージを考えてみる

電子マネー「nanaco」はセブンイレブンで税金の支払いに利用できることから、自動車税や住民税などの節約術が浸透しつつあります。
この場合nanacoそのもののポイントはつかないため、nanacoへクレジットカードからチャージした際につくポイントが重要になります。

上記のカードの中で、nanacoチャージでポイントが貯まるのは、リクルートカード、漢方スタイルカードの2種類です。
REX CARD(レックスカード)はチャージはできますがポイント付与の対象外となっています。

リクルートカードプラスが2%、リクルートカードが1.2%と還元率が下がることはありませんが、漢方スタイルクラブカードについては0.25%(2,000円で1ポイント)と大きく還元率が下がります。

nanacoチャージを重視する方には、リクルートカードに軍配が上がりそうです。

nanacoカードへのクレジットチャージのメリットやチャージ方法を解説
nanacoカードへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードを持ったなら、nanacoの会員メニューでクレジットカードを登録し...

そういう私は

諸々検討した結果、私が愛用しているのはREX CARD(レックスカード)です。
リクルートのサービスにあまり縁がないことと、Jデポだと請求額値引きになるので確実に出費を減らす効果があるためです。公共料金などカードで支払えるものはカード払いにし、50万円以上は確実に使うつもりでしたので年会費はネックになりませんでした。

漢方スタイルクラブカードにしなかった理由は、先に目についたのがREX CARD(レックスカード)だったのと価格.comは使う機会が結構あるので、連動した特典が充実することを期待してという感じです。(今のところあまりメリットはありませんが。)
nanacoチャージで1.75%だったときは漢方スタイルカードへの乗換えも真剣に考えましたが、タイミグ悪く還元率が0.25%に下がってしまったので、実行には至りませんでした。

リクルートカードについては、ポンパレモールが充実次第では申込むかもしれません。
nanacoチャージも魅力には感じますが、それだけだと年会費を払うメリットがあまり感じられないもので。

いかがでしょうか?
少しでも参考になりましたら幸いです。

2015/9/4追記

REX CARDの還元率が改悪されることもあり、メインカードをREX CARDからリクルートプラスに変更しました。

まだ使い始めたばかりですが、QUICPayが使えたり、nanacoのクレジットチャージなど便利にお得に使ってます。

もろもろ記事にしていますのでよろしかったらご覧ください。

リクルートカードプラスは何に使っても2%還元!高還元率カードのメリットを徹底検証
リクルートカードプラスは、ポイント還元率2%という高還元率のカード、nancoチャージでもポイントが貯まるという面でも人気の高いカードとなっ...
リクルートカードプラスが到着!最初にする設定もろもろ(前編)
リクルートカードプラスが到着しました。 申し込みしたのが8/9(日)、「リクルートカード入会判定結果のお知らせ」メールが届いたのが10...
リクルートカードプラスが到着!最初にする設定もろもろ(後編)
※この記事は2015年8月時点のものです。 リクルートカードプラスの新規入会受付は終了しています。 「リクルートカードプ...
QUICPay(クイックペイ)でクレジットカードの利便性も使えるお店もお得もアップ!
QUICPayに対応しているクレジットカードをお持ちの方はQUICPay(クイックペイ)を利用することで、使いやすくなり利用の幅も広がります...