セブンイレブンがお得になるクレジットカード・電子マネー活用術を徹底調査

コンビニエンスストアでお得に使えるクレジットカードを徹底的に調査しましたので、その結果をご紹介したいと思います。

どのコンビニでもほとんどのクレジットカードが利用できますが、お買い物金額が少なかったりレジが並んでいたりすると中々クレジットカードを利用しにくかったりしますよね。

少額だからといって現金で払うのは、ポイントも貯まらずもったいないですし、小銭も増えてお財布もかさばります。

nanacoやWAON、楽天Edyなどの電子マネーならポイントも貯まりますが、これらも現金でチャージして使っている方は、実は損をしています。

チャージでもお得にポイントを貯める方法もありますので、その辺りも紹介していきますね。

知っているのと知らないのでは大きな差になりますので、記事をお読みいただいて是非活用してみてくださいね。

今回はコンビニエンスストア最大手のセブンイレブン編です。

スポンサーリンク

コンビニでお得なクレジットカード・電子マネー活用術:セブンイレブン編

7-11

使い方の前に、まずセブンイレブンで利用可能な支払方法を理解しておきましょう。

  • セブン&アイグループの電子マネー「nanaco」
  • 後払い式電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」
  • 交通系電子マネー「キタカ」「スイカ」「トイカ」「イコカ」「スゴカ」「パスモ」「ニモカ」「はやかけん」「マナカ」
  • 電子マネー「Edy」
  • auWALLETカード
  • 後払い式電子マネー「iD」
  • クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、ダイナーズクラブ、セゾンカード、UCカード)
  • QUOカード(クオカード)

2大流通のライバルでもあるイオン系のWAONはさすがに使えません(イオンカードは使えますのでときめきポイント経由でWAONポイントを貯めることはできますが還元率は低いです。。)。

あとPontaやTマネー等もつかえまんが、交通系カードや後払い式電子マネー等、各種クレジットカードは使えます。

セブンイレブンの支払方法別還元率ランキング

クレジットカード、電子マネー、プリペイドカード等を組み合わせて利用した時の還元率の高い順に表にしてみました。

2016/9/16よりリクルートカードプラスでのnanacoへのクレジットチャージはリクルートポイント付与対象外となってしまったため、現在は還元率1.2%のリクルートカードがnanacoのクレジットチャージで最も還元率の高いクレジットカードとなっています。

支払方法 還元率合計 貯まるポイントと貯まり方
リクルートカードでチャージしたnanacoでQUOカード(1万円)を購入しQUOカードで支払う 3.0% チャージ金額×1.2%分のリクルートポイント+QUOカードプレミア分180円(1.8%)お得
リクルートカードでチャージしたnanacoで支払う 2.126% チャージ金額×1.2%分のリクルートポイント+利用100円(税抜)=1nanacoポイント
楽天カード(JCB)でチャージしたnanacoで支払う 1.926% チャージ100円(税込)=1楽天スーパーポイント+利用100円(税抜)=1nanacoポイント
YAHOO! JAPANカード(JCB)でチャージしたnanacoで支払う 1.926% チャージ100円(税込)=1Tポイント+利用100円(税抜)=1nanacoポイント
ANA QUICPay+nanacoのQUICPayで支払う 1.713% 利用200円(税抜)=1nanacoポイント+利用1,000円(税込)=1OkiDokiポイント+200円(税込)=1マイル
au WALLETクレジットクレジット払い 3.0%
(通常1.50%)
利用200円(税込)=6ポイント
(~2016/2/21まで)
通常:利用200円(税込)=3ポイント
セブンカードプラスでクレジットカード払い 1.50% 200円(税込)=3nanacoポイント
セゾン・UCカードのクレジットカード払い 1.50% 利用1,000円(税込)=1永久不滅ポイント+利用100円(税込)=1nanacoポイント
JALカードのクレジット支払い(ショッピングマイルプレミアム登録時) 1.50% 100円(税込)=1マイル
(1マイル=1.5円換算)
JALカードSuicaでチャージしたSuica払い 1.50% チャージ1,000円=6ビューサンクスポイント
ビューカードでチャージしたSuica払い 1.50% チャージ1,000円=6ビューサンクスポイント
セブンカードプラスに紐付けたQUICPay(nanaco)で支払い 1.463% 利用200円(税抜)=1nanacoポイント+利用200円(税込)=2nanacoポイント
セブンカードプラスでチャージしたnanacoで支払う 1.426% チャージ200円=1nanacoポイント
+利用100円(税抜)=1nanacoポイント
ANAカードのクレジット支払い 1.25% 利用200円(税込)=1マイル+利用1,000円(税込)=1OkiDokiポイント
(1マイル=1.5円換算)
クレジットカード払い、もしくはQUICPay払い ~2.0% クレジットカードの還元率による
リクルートカードプラスなら2.0%
現金でチャージしたnanacoで支払う 0.926% 100円(税抜)=1nanacoポイント

セブン&アイグループオフシャルのクレジットカード・電子マネーといえばセブンカードとnanacoですが、セブンカードプラスは思いの外活躍してくれないようです。

チャージでポイントが貯まるJCBブランドとQUICPayとの相性がよいですね。

ANAカードとau WALLETはカードの特約店となっているため優遇が受けられます。

現金でチャージしたnanacoだと100円(税抜)=1ポイントで還元率0.926%ですので、かなりの差になります。

主なところを解説していきます。

還元率3.0% リクルートカードでチャージしたnanacoでQUOカード(1万円)を購入しQUOカード支払い

recruit-card  nanaco quo-card

ちょっと面倒ですが3.0%の還元率とセブンイレブンで最もお得にお買い物ができる方法です。

手順はこんな感じです。

  1. まずは、リクルートカードでnanacoに1万円クレジットチャージします。
  2. セブンイレブンに行き、セブン銀行ATMで残高照会を行ってnanacoに残高が反映させた後、QUOカードをnanacoで購入します。
  3. 購入したQUOカードをセブンイレブンのお買い物に利用します。

1万円で購入したQUOカードは10,180円分利用できるので1.8%還元、nanacoにチャージしたことで1.2%のリクルートポイントが貯まるので合計で3.0%の還元率になります。

QUOカードの購入はnanacoポイントの付与対象外なので、一見するとnanacoで購入する意味がなさそうですが、QUOカードはクレジットカードで購入することができないため、クレジットカードチャージしたnanaco支払いにすることで、間接的にクレジットカード払いにできるというのがこの方法のポイントになります。

QUOカードはセブンイレブン以外でも利用できますので、この方法を使えばセブンイレブン以外のQUOカードが使えるお店で同じように3.0%還元で利用することができますので、コンビニならローソンやファミマ、サークルKサンクスなど、全国の書店やエネオスでの給油なんかもお得にできます。

nanacoにクレジットチャージする方法はこちらの記事で紹介しています。

nanacoカードへのクレジットチャージのメリットやチャージ方法を解説
nanacoカードへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードを持ったなら、nanacoの会員メニューでクレジットカードを登録し...

還元率1.926~2.126% クレジットチャージしたnanaco払い

リクルートカード nanaco

nanacoへのクレジットカードチャージでポイントが貯まるクレジットカードを利用して、チャージとnanaco払いのポイント2重取りにする方法です。

nanaco支払い100円(税抜)=1nanacoポイント(還元率0.926%)にクレジットカード会社のポイント還元を上乗せすることができます。

主なカードは以下のものがあります。

リクルートカードなら約2.126%還元、楽天カードやYAHOO! JAPANカード等も2%還元にできますので、いちいちQUOカードを購入するのは面倒という方はこの方法がおすすめです。

リクルートカードは年会費無料で還元率1.2%、Ponta、dポイントと相互交換で利便性もアップ!
リクルートカードは年会費永年無料のクレジットカードとしては、最高水準の1.2%の還元率のクレジットカードです。 同じく...
ポイントがザクザクたまる楽天カード
楽天市場で楽天カードを利用すると毎日ポイント7倍がスタートしました。 こちらで簡単ですが紹介していますので是非ご確認ください。 ...
YAHOO!ショッピングは還元率3% Tポイントも使えるYAHOO! JAPANカード
YAHOO!ショッピング、LOHACOでポイント還元率3%が魅力のYAHOO! JAPANカードです。 YAHOO!ショッ...

リクルートポイントやPonta、楽天スーパーポイントやTポイントなどnanacoポイント貯まるポイントが分散されるのがちょっとという方は、セブンカードプラスならnanacoポイントに統一はできますが還元率が0.5%と今一つです。

セブンカード・プラスはイトーヨーカドーが月3回5%OFF、セブンイレブンでnanacoポイントもたくさん貯まるお得なカード
セブンイレブン・イトーヨーカドーでおなじみの「セブン&アイホールディングス」グループのセブン・カードサービスが発行するセブンカード・...

還元率1.5~1.713% JALマイラーの方向け、ANAカード+QUICPay、JALカードを利用

セブンイレブンのお買い物でマイルを貯めるなら、セブンイレブン・イトーヨーカドーのセブン&アイグループはANAカードのANAカードマイルプラス加盟店ですので、ANAの方が相性がよさそうです。

特におすすめは、ANA JCBカード、ソラチカカードをお持ちの方が利用できる「ANA QUICPay+nanacoのQUICPay」です。

ana-quicpay-nanaco

これ一つでQUICPay(ANAカード払い)としてもnanacoとして利用できますが、断然お得なのはQUICPayとしての利用です。

セブンイレブンはカードマイルプラス加盟店ですので、200円(税込)=1マイルが貯まります。

さらにANA JCBカードのクレジット利用1,000円(税込)=1OkiDokiポイント、さらにnanacoボーナスポイントとして利用200円(税抜)=1nanacoポイントまでもらえてしまいます。

ポイントとマイルの3重取りで還元率1.713%(1マイル=1.5円換算)にすることができます。

JALのマイルについてもショッピングマイルプレミアムに登録している方なら、JALカードのクレジット支払で100円(税込)=1マイルが貯められます。

ANAカード(一般カード)のメリットは?ANAカードのマイル還元率を徹底調査
ANAのマイルを貯めるのならやはり第一候補はANAカードです。 マイルを貯めて特典航空券で旅行したいという目標に向けて、ANAカードの...
JALのマイルが最もたまりやすいJALカードTOP&ClubQ
JALカード TOP&ClubQ(Visa/Master)はJALカードの中でも最もマイルを貯めやすいカードとなっています。 三菱UF...

還元率1.5% ビューカードなどでクレジットチャージしたSuica払い

biccamera-suica-card

ビューカードやANA Suicaカードを利用している方なら、クレジットカーでチャージしたSuicaを利用することで1.5%還元にできます。

ただしセブンイレブンは、Suicaの利用でポイントが貯まる「Suicaポイントクラブ」の対象店舗ではありませんので、Suicaの支払ではポイントは貯まりません。

ビューカードなら年会費実質無料でビックカメラもポイントカードとしても利用できる、ビックカメラSuicaカードがおすすめです。

ビックカメラSuicaカードは年会費実質無料のビューカード、Suicaの2重取りでビックカメラの還元率が11.5%!
ビックカメラは家電製品はもちろん、パソコン、スマホ、ゲームもおもちゃもコンタクトレンズも自転車も食品やお酒まで購入できて、多くの商品で10%...

還元率1.5% セゾン・UCカード支払い

セゾンカード・UCカード Credit Saison Co.,Ltd.

永久不滅ポイントが貯まるセゾンカード・UCカードは事前に「ネットアンサー」(UCカードは「アットユーネット」)で登録をすることで永久不滅ポイントに加えnanacoポイントも貯めることができるため、セゾン・UCカードなら合計の還元率を1.5%にできます。

さらに永久不滅ポイントはnanacoポイントにも交換が可能、ポイントの有効期限もないため、貯まったポイントは無駄なくセブンイレブンのお買い物の利用することができます。

ただし永久不滅ポイントの貯まり方は1,000円につき1ポイントとなっているため、月の利用額のうち1,000円に満たない分は切り捨てされます。

その他EdyやiD等も利用できます。

Edy支払は200円=1ポイント、も楽天カードなどでチャージと利用での2重取りもできます。

iDならdカードで期間限定でポイント2倍になるキャンペーンが実施中です。

dカード(旧DCMX)のメリットは?共通ポイント「dポイントカード」付帯でお得倍増!
ポインコ兄弟のCMでもすっかりおなじみになった感のあるdカードです。 NTTドコモが2015年12月から「dポイント...

まとめ

セブンイレブンでお得に買物をするためには、nanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードとnanacoを使うのがベストな方法といえそうです。

nanacoカードは年会費無料、セブンイレブンで入手できますが通常は発行手数料が300円かかります。

8のつく日にイトーヨーカドーで申し込むことや、キャンペーンを利用すると無料で持てることができたりします。

そのあたりについてはこちらの記事で紹介していますのでご参照ください。

nanacoカードへのクレジットチャージのメリットやチャージ方法を解説
nanacoカードへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードを持ったなら、nanacoの会員メニューでクレジットカードを登録し...

手間を惜しまない方はQUOカードがベスト

お得のためなら手間は惜しまないという方は、是非クレジットチャージしたnanacoでQUOカードを購入しましょう。

セブンイレブン以外のQUOカードが使えるお店もお得にできます

クレジットチャージしたnanacoの2重取りでも最大2.126%還元

recruit-card 

わざわざQUOカードを買うのは面倒という方は、クレジットチャージしたnanacoがよいと思います。

この方法の良い所はボーナスnanaco対象商品の購入でお得にnanacoポイントがもらえたりもするので購入する商品次第では、還元率をさらにアップさせることができます。

nanacoカードへのクレジットチャージのメリットやチャージ方法を解説
nanacoカードへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードを持ったなら、nanacoの会員メニューでクレジットカードを登録し...

もっと楽に使いたい方はQUICPayがおすすめ

それも面倒という方はQUICPayを使うとチャージもせずにかざすだけでお買い物ができてとても便利です。

QUICPayはJCB、オリコ、TS3、セディナ、アプラスなどの各クレジットカードで利用できますが、おすすめはJCBカード、特にリクルートカードプラス、リクルートカード(JCB)など、nanadoのクレジットチャージでポイントが貯まるカードでも利用できます。

JCBブランドのクレジットカードでQUICPayを申し込むと入会から数ヶ月間、5%還元のキャッシュバックになるキャンペーン等もあったりしてとてもお得に利用できます。

カード式だけでなく、おサイフケータイを利用している方ならモバイル、エッソ・ゼネラル・モービル系のガソリンスタンド「エクスプレス」を利用している方なら「スピードパスプラス」も利用できます。

QUICPay

こちらがスピードパスプラスです。

speedpass-plus2

かざすだけでガソリンが給油できる上にエクスプレスで会員価格が適用されてとてもお得です。

さらに「スピードパスプラス」にはnanacoもついています。

speedpass-plus3

スピードパスプラスは発行手数料がやはり300円かかることになっていますが、私が入手したエクスプレスでは、無料でもらうことができました。

場所によっては無料でないかもしれないですが、nanacoが無料で持てるチャンスかもしれないです。

セブンカードプラスならnanacoカードに「QUICPay(nanaco)」機能を追加することもできます。

quicpay-nanaco

実はnanacoカードには最初からQUICPayの機能が付けられるようになっていますので、nanacoカードとセブンカードプラスを持っている方はホームページから申込むことで利用できるようになります。

ただしどう見てもnanacoにしか見えないので、セブンイレブンでお買い物の際は「クイックペイで!」とはっきり伝えないと店員さんにnanaco払いと間違えられる可能性が高そうです。

QUICPay(nanaco)

クイックペイについてこちらの記事で紹介しています。

QUICPay(クイックペイ)でクレジットカードの利便性も使えるお店もお得もアップ!
QUICPayに対応しているクレジットカードをお持ちの方はQUICPay(クイックペイ)を利用することで、使いやすくなり利用の幅も広がります...

ANAマイラーの方は「ANA QUICPay+nanacoのQUICPay」

ANAマイルを貯めたい方は、ANA JCBカードかソラチカカード限定ですが、「ANA QUICPay+nanacoのQUICPay」を利用しましょう。

ana-quicpay-nanaco

その際、必ずQUICPay支払いにしましょう。

OkiDokiポイント、ANAマイル、nanacoポイントの3重取りができます。

貯まったnanacoポイントもANAのマイルに交換できるのも嬉しいところです。

ANAカード(一般カード)のメリットは?ANAカードのマイル還元率を徹底調査
ANAのマイルを貯めるのならやはり第一候補はANAカードです。 マイルを貯めて特典航空券で旅行したいという目標に向けて、ANAカードの...
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はANAマイルへの交換レートが高い陸マイラー必携のカード
東京メトロを利用して通勤・通学している方がで、ANAを利用して旅行や帰省している方に、とってもお得に利用できそうなのが、このANA To M...