新生活・新社会人・特に20代の方におすすめなクレジットカード

nerliffe2-350

新社会人や新生活がスタートする方、特に20代の方は、日常を便利にお得にするために、使いやすくてお得なクレジットカードやポイントカードをチェックしておくことをおすすめします。

クレジットカードの中には20代の方限定で特典を用意しているカード等もあり、上手く利用すると今だけしかもらえない特典をうまく利用してお得にできたりします。

まだクレジットカードを利用していないという方も、この機会に検討してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

20代の方限定特典のあるクレジットカード

三井住友VISAカード、JCBカードなどの定番とも言えるクレジットカードや、航空会社系のJALカードやANAカードでは、はじめてクレジットカードを持つ学生や20代の社会人から年配のエグゼクティブの方までそれぞれの方のニーズに合うように幅広いカードの種類を揃えています。

これらのカードの20代限定のカードの特長は以下の様な感じです。

  1. 年会費が割安(実質無料とか)
  2. ポイント還元率が優遇されている
  3. 30代以上ならゴールドカードで提供される特典やサービスが格安の年会費で利用できる

もちろんカード会社としては、若いうちにカードをたくさん使ってもらい将来の優良顧客になってもらおうという、囲い込み戦略の一貫ではありますが、理由はどうあれお得に使わせてもらえるのであれば、使わない手はないというところです。

ただし、これらの定番カードは基本的にポイント還元率は0.5~1.0%未満程度で、決して高くありませんし、特定の提携先がなかったり共通ポイントが使えなかったりというデメリットもありますので、還元率や提携先にこだわるのであれば、別のクレジットカードを利用したほうがいい場合もあるかと思います。

というあたりも踏まえつつ、どんなカードがあるか紹介していきます。

三井住友VISAカード デビュープラス

msvisa-debut-plus

まずは「三井住友VISAカード」の「三井住友VISAカード デビュープラス」です。

「三井住友VISAカード デビュープラス」は18歳~25歳の限定のクレジットカードで、年会費は1,250円(税抜)ですが、年1回以上利用すれば翌年は無料になりますので実質年会費無料で利用できます。

ポイント還元率が入会3ヶ月はポイント5倍(還元率2.5%)、それ以降も2倍(還元率1.0%)と、他の三井住友VISAカードよりも高い設定になっています。

旅行傷害保険等は付帯していませんが、三井住友VISAカードカードの特典や優待はほぼ利用できますし、サポートもしっかりしているので、どのカードを選んでよいかわからないという方はとりあえずこちらを利用してみて、クレジットカードに慣れてみるというのも手かと思います。


三井住友VISAカード お申込はこちら

JCB CARD EXTAGE (JCBカード エクステージ)

jcb-card-extage-black

JCB CARD EXTAGE (JCBカード エクステージ)は、日本が誇る国際ブランドJCBカードの中でも定番のJCB ORINAL SERIESの29歳以下の方限定のカードです。

年会費無料でOki Dokiポイントが入会後3ヵ月間は3倍(還元率1.5%)、それ以降も1.5倍(0.75%)と年会費とポイント還元率が優遇されています。

こちらは海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで付帯していますので、海外旅行に行く機会がある方はこちらがよいかもしれません。

JCBブランドのついたクレジットーカードは無数に存在しますが、JCBが発行するプロパーのカードの中でも、最上級の「JCBザ・クラス」へのステ...

お得な入会キャンペーンの情報は公式サイトにてご確認ください。


JCB CARD EXTAGE新規入会キャンペーン(公式サイト)

三井住友VISAカード プライムゴールド

msvisa-prime-gold

三井住友VISAカードプライムゴールドは満20歳~30歳未満までの20代限定のゴールドカードです。

年会費は5,000円(税抜)ですが、WEB明細の利用やリボ払いの設定等の条件をクリアすると年会費は1,500円(税抜)まで引き下げることができます。

空港ラウンジの利用や、旅館やホテルの利用が割引になったり、旅行保険が充実した保証にできたりするなど、ゴールドカードの特典が月に135円程度の年会費で利用できるというのは、非常にコスパの高い内容ですので、特に旅行が好きな方にはおすすめです。


三井住友VISAカード お申込はこちら

JCB CARD WとJCB CARD W plus L

20代限定ではなく、30代限定ですが年会費無料で常時ポイント2倍の「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」です。

 

これまでJCBでは20代向けのEXTAGEを展開していましたが、年会費とポイント還元率という分かりやすく実際のメリットが大きいカードで、共通ポイント勢の高還元率カードに勝負してきた感じなのでしょう。

JCBオリジナルシリーズに3種類の新たなカードが追加されました。 一つは待望のJCBプラチナです。 残りの2つは...

JCB GOLD EXTAGE (JCBゴールド エクステージ)

jcb-gold-extage

JCB GOLD EXTAGE (JCBゴールド エクステージ)は、20歳~29歳限定、年会費3,000円(税抜)で持てるゴールドカードです。

Oki Dokiポイントが入会後3ヵ月間は3倍(還元率1.5%)、それ以降も1.5倍(0.75%)という点は、一般カードのJCB CARD EXTAGEと変わりませんが、旅行傷害保険が国内も付帯し、さらに補償金額も最高5,000万円までと手厚い内容になっています。

空港ラウンジの利用や旅行の予約などでポイントがお得に貯まるなどのゴールド限定特典が利用できますので、旅行好きな方にはおすすめです。


JCB GOLD EXTAGE新規入会キャンペーン(公式サイト)

JALカード JAL CLUB EST

JAL CLUB EST


JAL CLUB EST(公式サイト)

JALカードには20代の方のみが利用できる、JAL CLUB ESTというサービスがあります。

JALカードの年会費の他に年間5,400円(税抜)がかかりますので、年会費2,000(税抜)のJAL普通カードで利用した場合、年7,400円(税抜)と結構な維持費がかかります。

ただJAL CLUB ESTの特典は、かなり充実していて、マイルの還元率がアップしたり、マイルの有効期限が5年に延長されたり、ショッピングマイルプレミアムの年会費(3,000円税抜)が無料になったりと、マイルの還元率もかなりアップします。

さらに、JMB会員の中でも特別な会員しか利用できない「ラウンジサクララウンジ」が利用できたり、1回1,000円で国内線のシートをアップグレードできるclassJが年10回も無料で利用できたり、JALビジネスクラス・チェックインカウンターが利用できたりと空港や航空機利用がとても贅沢に利用できます。

旅行好きな方やビジネスでJALを利用する機会の多い方にはおすすめです。

JALカードの詳細やお申し込みは公式サイトにて。


JAL CLUB EST(公式サイト)
JALカードには20代の方だけが持つことができるのJAL CLUB ESTという会員サービスが用意されています。 カー...

ANA JCBカード ZERO

ana-jcb-zero

ANAカードの29歳までの方代限定カードです。

5年間年会費無料、マイルへの以降手数料も無料、ボーナスフライトマイル+10%など、年会費もマイル還元率も優遇されています。

ただし、ANA JCBカード ZEROは18歳~29歳までの条件を満たしていても、最高でも5年間しか使えないという制約がありますので、例えば18歳から使い始めた場合には24歳になると他のANAカードに切り替える必要が出てきます。

ファミマTカード

ファミマTカード(クレジットカード)は年会費無料、リボ払い専用カードですがリボ払いの設定を全額払いに変更すれば、普通のクレジットカードと同様に利用できます。

ファミマTカード(クレジットカード)では、25歳以下の方限定で、ショッピングポイントが2倍になる特典が用意されています。

他にも火曜と土曜(カードの日)はポイントが5倍になったり、毎週水曜日のレディースディはショッピングポイントが2倍、ファミマの利用金額で決まるファミランクに応じてポイント還元率がアップしたりなど、ファミリーマートを利用する機会がある方は、サブカードとして持っておいて損のないクレジットカードだと思います。

もちろん、Tポイントカードも付帯していますのでTポイントを貯めたい方にもぴったりです。

お得な入会キャンペーンなどの情報は公式サイトにてご確認ください。


ファミマTカード新規入会キャンペーン(公式サイト)
ファミリーマートがお得に使えて、Tカードとしても使えるファミマTカードです。 ファミリーマートとサークルK・サンクスが提携し、...

20代の方限定ではないが、20代の方におすすめなクレジットカード

20代の方しか利用できない、もしくは20代の方のみ利用できる特典のあるカードを見てきました。

ここからは特に20代の方に限定している訳ではないものの、高還元率と提携先の特典が充実しているカードを中心に、20代の方に嬉しい特典が充実しているカードを紹介していきます。

リクルートカード

recruit-card

リクルートカードは、年会費無料で何に使ってもポイント還元率が1.2%と高い還元率を誇るカードです。

これまでリクルートポイントが使いにくいという指摘もありましたが、2015年11月にPontaとポイントが統合され、ショプリエやAirWALLETなどの街で利用できるポイント提携先も増えてきたりして使えるお店はかなり充実してきました。

もちろん、ホットペッパーグルメやホットペッパービューティ、じゃらんなどもお得に利用できたりするので、20代の方にメインカードとしておすすめしたい1枚です。

リクルートカードは年会費永年無料のクレジットカードとしては、最高水準の1.2%の還元率のクレジットカードです。 ジャッ...

お得な新規入会キャンペーンの情報はこちらから。

楽天カード・楽天ピンクカード

 

楽天グループのサービスや楽天Edyを利用する機会の多い方が、楽天スーパーポイントをためやすいのは何と言っても楽天カードです。

年会費永年無料、楽天市場の利用がカード利用で4倍、アプリと楽天モバイルを利用すればさらに2倍上乗せできますので、常時5%以上の還元になります。

現在は楽天ポイントカードも付帯していますので、楽天スーパーポイントに提携している街のお店などでのお得にポイントが貯まります。

インターネットのお買い物だけでなく、楽天トラベルをはじめ楽天のサービスはどんどん拡大していますので、楽天のサービスを利用する機会がある方は持っておきたいカードですね。

ポイントがザクザクたまるクレジットカードといえば楽天カードという位、イメージを定着させることに成功しているカードではないでしょうか? ...

新規入会キャンペーンも超お得ですので公式サイトでご確認ください。


楽天カード新規入会キャンペーン(公式サイト)

Yahoo! JAPANカード

年会費無料で1%ポイント還元、ソフトバンクやyahooの利用がある方なら持っていないともったいないカードです。

申込後数分で5,000ポイントとかもらえてしまう新規入会キャンペーン実施等も併せてすごい勢いです。

ソフトバンクユーザーやYモバイルを利用している方なら、Yahoo!プレミアム月額費無料、Yahoo!ショッピングがポイント10倍などYahoo ショッピングがお得なYahoo! JAPANカードですが、Yahoo! JAPANカードの更なるメリットは貯まるポイントが「Tポイント」だというところです。

Yahoo! JAPANカード自体にTポイントカード機能が付帯していますので、街のTポイント加盟店で買い物する際にはYahoo! JAPANカードの提示でポイントがもらえ、Yahoo! JAPANカードでの支払にすればTポイント2重取りができます。

Apple Payにも対応していますので、iPhone7やApple Watch Series2以降に登録できます。

YAHOO!ショッピング、LOHACOでポイント還元率3%、YAHOOプレミアム会員ならいつでも+5%、さらにソフトバンクユーザーなら+5%...

入会キャンペーン実施中! Yahoo! JAPANカード(公式サイト)

dカード

dカードはNTTドコモが発行しているカードです。

年会費は1,250円(税抜)ですが年に1回以上利用すれば無料で利用できます。

マックやローソンがお得なdポイントカードが付帯しておりドコモ契約者の方なら、dポイント提携先やdマーケットなどドコモ関連のサービスがかなりお得に利用できます。

ドコモのケータイ・スマホを利用している方はメインカードとして利用する価値のあるクレジットカードになっています。

ポインコ兄弟のCMでもすっかりおなじみになったdカードです。 ドコモとドコモ光の料金が10%還元になるdカード GOLDは300万人以...

※20016/21/21よりドコモ契約者でなくても無料で使えるdアカウントをお持チの方ならdカードに申し込めるようになりました。

この機会にお得なdポイントを使ってみてはいかがでしょうか?

エポスカード

エポスカード

エポスカードはマルイでのお買い物がお得になるカードですが、それだけでなく、提携する飲食店やレジャー施設などが充実していて、ファッションやレジャーを楽しみたい方に、使えるカードになっています。

通常の還元率が0.5%とちょっと低めなのが今ひとつではありますが、年会費永年無料で利用できますので、マルイのお買い物と優待利用のためにサブカードとしてつくっておくとよいかもしれません。

エポスカードは、年に4回マルイが10%オフになるのが最大の特長のクレジットカードです。 飲食店やテーマパークなどの優待がたくさんあったりし...

イオンカード

イオンでお買い物をする方には、20日と30日が5%OFFになるなど、イオンでの優待が充実しているイオンカードは作っておくとよいと思います。

年会費は永年無料、特にイオンモールに行く機会のある方なら、ファッションからスポーツ用品から飲食店など、色々なものがお得になったりします。

メインカードとして使うには基本の還元率が低めなのでおすすめはできませんが、イオン用に持っておきたいカードです。

イオンカードなら、イオン銀行に口座を作る必要がありますが、イオンカードセレクトを選ぶと色々とお得なのでおすすめです。

イオンカードには提携カードを含めると50種類以上のカードがありますが、イオンカードの中でイオンのお買い物が「最もお得になる」のは何と言っても...
イオンカード・WAONの基本のポイント還元率は0.5%程度と決して高くはありません。 クレジット支払:月の合計額200円につき1ポ...
イオンカードを使っていてかなり分かりにくいのがポイントの仕組みですよね。 2016年6月にsmartWAONがスタート、WAON PO...

まとめ

前半は、20代の方だけにお得な特典が用意されているカードを紹介しました。

三井住友VISAカードやJCBカード、JALカード、ANAカード等は、若い方に優遇した特典を提供して、その後ずっと使ってもらおうということで、かなりメリットの高い特典を付けているのが特長です。

JALカードやANAカードはマイルを貯めたい方には必須のカードですが、年会費やポイントの移行手数料等、維持費が比較的高めになっていますので、旅行が好きな方や飛行機を利用する機会の多い方向けのカードです。

三井住友VISAカードやJCBカードは、その後ゴールド、プラチナと年を取るごとにグレードの高いカードに移行していくことを考えている方にはよいですが、基本の還元率が低めですので、ステータスより還元率や特典などのメリットを重視したい方には不向きな面もあるかと思います。

還元率やポイントを貯めることを重視したい方は、リクルートカードや楽天カード、YAHOO! JAPANカード等、年会費無料でそれなりに還元率の高いカードをメインに利用し、それぞれのカードの提携先のサービスを中心に利用することで、かなりお得にポイントを貯めていくことができると思います。

その他、マルイやイオン、ファミマといった特定のお店を利用する機会がある方にはそれぞれ、エポスカードやイオンカード、ファミマTカードなどを組みわせて利用すれば、それぞれのお店での特典を上手く活用することができますので、おすすめです。

関連記事:

ここ数年、還元率1.5~2%位の水準で激しい競争が繰り広げられてきたクレジットカード業界ですが、リクルートカードプラスや漢方スタイルクラブカ...
2018年1月現在のおすすめ高還元率クレジットカードをランキングにしてみました。 どのクレジットカードを選んでも還元率は1%以上、使い...
クレジットカードは上手に使えばメリットがいっぱいあります。 初めてクレジットカードをこれから作ろうという方のヒントになればと、クレジッ...
年会費無料のクレジットカードにもポイント1%以上の高還元だったり、提携先のお店で5%OFF以上の優待がもらえたりするなどお得なクレジットカー...
イオンカードやセブンカード、セゾンカードなど流通系のクレジットカードは、食料品や日用品などの普段のお買い物でお得にポイントを貯めたり、優待で...
スポンサーリンク