ANA VISA SuicaカードはSuica利用者のみならず、全ANAマイラーが持っているだけでお得なカード

ANAカードには提携先やグレードがたくさんありますが、コスパ面で一番お得に利用出来そうなのがこのANA VISA Suicaカードです。

Suica定期券を利用されているANAマイラーの方のみならず、すべてのANAマイラーの方が持っていて毎年お得になるカードの内容になっていますので、ぜひ持っておくことをおすすめしたいカードです。

今回はそんなANA VISA Suicaカードを紹介していきます。

スポンサーリンク

ANA VISA Suicaカードは年会費がANAカード最安にできる

ANA VISAカードの大きなメリットの一つが、WEB明細やリボ払いの設定で年会費がお得にできるという点です。

マイペイすリボへの登録+年1回以上の利用で年会費2,160円が811円(税込)にできる

通常の本人会員年会費は2,160円(税込)ですが、リボ払い設定と年1回以上の利用で1,349円(税込)割引になるため、811円(税込)で利用することができます。

ANA VISA一般カードのよりも割引額が高く設定されているところがひとつ目の大きなメリットです。

リボ払いはちょっとという方は、WEB明細書サービスに登録し年6回以上請求が発生すると500円+消費税分が割引になるので、1,620円(税込)で利用することも可能です。

年に6回以上請求が発生することが条件になりますので、リボ払いに登録するほうがハードルは低そうです。

年会費の面では、学生の方や29歳以下の方は学生専用カードやANA JCBカード ZEROを利用を利用すれば年会費無料にできますが、在学期間中か、5年までしか利用できませんので、お得に長く使えるということでいうとANA VISA Suicaカード、もしくはANA TOP&ClubQ PASMO マスターカードということになります。

ちなみにJCBのANA一般カードには、年会費が優遇される条件はありません。

 入会時・継続時マイルで持っているだけでお得なカードになる

ANA VISA Suicaカードは、他のANA一般カードと同様に、カードの利用の有無を問わず、毎年継続時ボーナスマイルが1,000マイルもらえます。

ANAのマイルを特典航空券に交換すれば、マイルの価値はだいたい1マイル=1.5円以上にはなりますので、年会費を差し引いても689円お得になります。

ANAのマイルを他のポイントや商品券に交換する場合も1マイル=1円相当にはなりますので、この場合でも毎年189円お得ということになります。

JALカードの場合は航空機利用がないと継続時のボーナスはもらえないので、この点はANAカードの方が断然お得です。

ANAカードは複数保有することもできますので、他にANAカードを使っている方も、持っておく価値のあるカードということになります。

この点も大きなメリットの一つです。

ANA VISA Suicaカードに家族カードの設定はない

ANA VISA Suicaカードには家族会員の設定はありませんので、家族カードは発行出来ません。

家族カードも利用したい方で年会費をお得にしたい方は、ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカードを選ぶのがよいと思います。

SuicaへのチャージでもANAのマイル(ポイント)が貯められる

ANA VISA SuicaカードでSuicaにチャージもワールドプレゼント(クレジットポイント)の対象になります。

1,000円ごとに1ポイントが貯まりますので、10マイルコースでANAのマイルに交換すれば1ポイント=10マイルになるので、マイル還元率1.0%です。

Suica定期券にリンク設定すればオートチャージでマイルが貯められる

ANA VISA Suicaカードには定期券機能はついていませんが、他のSuicaカードもリンク設定をすることでオートチャージが利用できますので、別にSuicaカードの定期券を利用している方も、リンク設定によりANA VISA SuicaカードでSuica定期券で定期券区間以外の乗車賃の支払いができます。

オートチャージが発生すれば、もちろんポイント付与の対象になりますので定期券もいちいちチャージが不要になる上にポイント(マイル)も貯められて、お得な上にとても便利に活用できます。

Suica定期券を利用しているANAマイラーの方にとっては、これがANA VISA Suicaカードの最大のメリットだと思います。

ANA VISA Suicaカードで貯まったポイントはSuicaにも交換できるが。。

ANA VISA Suicaカードで貯まったポイントはSuicaにも交換できますが、Suicaにの交換レートは1ポイント=Suica5円分ですので還元率は0.5%です。

Suicaに交換する前提であれば、Suicaへのチャージで1.5%相当のビューサンクスポイントが貯まるビューカードの方がずっとお得です。

ビューカードにも色々な種類がありますが、年会費実質無料でビックカメラのポイントカード機能もついている、ビックカメラSuicaカードがおすすめです。

ビックカメラSuicaカードは年会費実質無料のビューカード、Suicaの2重取りでビックカメラの還元率が11.5%!
ビックカメラは家電製品はもちろん、パソコン、スマホ、ゲームもおもちゃもコンタクトレンズも自転車も食品やお酒まで購入できて、多くの商品で10%...

ビックカメラSuicaカード等で貯めたポイントのうちビックポイント、ビューサンクスポイントはANAのマイルへは交換できませんので、ANAマイラーがSuicaチャージでもマイルを貯めたい場合には、ANA VISA Suicaカードという選択肢しかありません。

(ビックカメラSuicaカードのビックポイントはJALのマイルには交換可能です。交換レートは低い設定ですが。)

その他の設定はANA VISA一般カードと同じ

その他の設定、ポイント(ワールドプレゼント)の貯まり方、マイル移行手数料、旅行傷害保険、ANAカードの優待、ANAマイレージクラブの特典などは他のANA一般カードと同様ですので、Suicaが付帯したことでビューカードの特典がうまく上乗せされたカードになっています。

ANA一般カードのスペック等はこちらで詳しく紹介していますのでご確認ください。

ANAカード(一般カード)のメリットは?ANAカードのマイル還元率を徹底調査
ANAのマイルを貯めるのならやはり第一候補はANAカードです。 マイルを貯めて特典航空券で旅行したいという目標に向けて、ANAカードの...

ANA VISA Suicaカードは入会キャンペーンもお得

ANA VISA Suicaカードなら、ANA VISAカードの入会特典に加え、ビューカードが主催する特典が用意されています。

Suicaを利用されている方はもちろん、他のANAカードをご利用中のANAマイラーの方も是非ご活用ください。

お得な入会キャンペーンの詳細については公式サイトでご確認ください。

関連記事:

お得なANAカードの選び方、鉄道系の提携先やブランドはどれがお得かを徹底検証
ANAカード 一般カードには、VISA/MASTER、JCBといったブランドの違いの他に、JR東日本のSuica、東急電鉄のPASMO、東京...
お得なANAカードの選び方、一般かゴールドか、グレードはどれがよいのかを徹底検証
ANAカードには、一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードといったグレードがあります。     ...
ANAカード(一般カード)のメリットは?ANAカードのマイル還元率を徹底調査
ANAのマイルを貯めるのならやはり第一候補はANAカードです。 マイルを貯めて特典航空券で旅行したいという目標に向けて、ANAカードの...
ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)なら旅行が更に快適でお得になる
ANA一般カードの中で、マイルが貯めやすく特典も充実しているANAアメリカン・エキスプレスカードを紹介します。 ANAカードとしては一...
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス)ならアメックスとANAのゴールド特典がダブルで使える
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス)は年会費が3万円を超える水準ですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの...
プラチナカード並の特典が受けられるANAダイナースカードはコスパ抜群
ANAダイナースカードは、ANAカードとしてはゴールドカードの位置づけですがプラチナカードにも引け劣らない、魅力的な内容となっています。 ...
ANA VISA/MASTER ワイドゴールドカードはコスパも満足度の高いおすすめなカード
ANAカードを作るなら年会費がお得にできる三井住友VISAカードが発行しているANA VISA/MASTERカードがおすすめですが、ではVI...
ANA JCBカード ZEROは29歳以下の方だけが使える5年間限定のカード
ANAカードには18歳~29歳までの方だけが利用できるANA JCBカード ZEROがあります。 年会費もマイル移行手数料も無...
ANAカード学生用は年会費無料で旅も買い物もお得になる
ANAカードの学生専用カードは、ANA一般カードの機能がほぼもれなく使えるだけでなく、ボーナスマイルや保険も充実しており、学生生活をアクティ...