ANA VISA プラチナ・プレミアムカードはステータスだけでなくコスパも高いプラチナカード

ANAカードの最高峰、プラチナカードにはVISA、JCBの国内勢と、アメリカン・エキスプレス、ダイナースの海外勢がありますが、年会費は海外勢がアメックス155,000円(税抜)、ダイナースが150,000円(税抜)に対し、VISAが80,000円(税抜)、JCBが70,000円(税抜)と国内勢の方が比較的リーズナブルな設定になっています。

とはいえ年に7万円以上を年会費だけで支払うとなると、簡単には申し込めるものではないですよね。(審査も厳しそうだし。。)

でも中身を見ていくと、海外旅行や高級ホテル、レストランなどを年数回程度利用している方なら、年会費以上のメリットも充分に引き出す力は持っているカードになっていますので、内容について比較、理解しておく価値は充分にあると思います。

今回は、国内勢の中でも100円=1.5マイルとマイル還元率が高く、海外での利用に強いVISAブランドのANA VISAプラチナ・プレミアムカードを取り上げていきます。

ana-visa-platinum

スポンサーリンク

もくじ

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードの年会費・国際ブランド

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードの年会費は、本人会員が80,000円(税抜)、家族会員は4,000円(税抜)です。

国際ブランドはVISAとなります。

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードはApplePay対応

applepay-logo id-logo-84

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードはApplePayに対応していますので、iPhone7やApple Watch Series2にカードを登録すれば、iPhone7やApple Watch Series2でiDが使えるようになります。

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードは国際ブランドがVISAのみとなっているため、ApplePayのウェブ・アプリ決済が利用できませんのでご注意ください。

入会時・継続時マイルだけで毎年10,000マイル

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードなら、入会時ボーナスマイル、継続時ボーナスマイル共に10,000マイルがもらえます。

ANAワイドゴールドカードと比較しても5倍の差があります。

ANA一般カード 1,000マイル
ANAワイドカード・ワイドゴールドカード 2,000マイル
ANAプラチナカード 10,000マイル

毎年10,000マイルは確実にもらえるので、これだけでローシーズンなら東京-大阪や東京-秋田間など0~600マイル区間の往復(10,000マイル)が、東京-沖縄など1,601~2,000マイル区間のレギュラーシーズンの片道分(9,000マイル)の特典航空券が利用できてしまいます。

ANA VISAカード 年間維持費の比較

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードはマイル移行コース手数料は無料ですが年会費が高額で、他のカードのようにリボ払い設定などの年会費が割引になる特典がないため、ワイドゴールドと比べても8倍以上の維持費がかかります。

それだけの維持費を払ってもなお、満足できるかどうかがプラチナカードを選ぶ際の判断基準になります。

ANA VISA 一般カード一般 ana-visa-wide-119
ワイドカード
ana-visa-widegold-119
ゴールド
 ana-visa-premium-119
プラチナ
本人年会費(税込) 2,160円
初年度無料
7,830円 15,120円 86,400円
リボ登録+利用時割引(税込) -1,053円 -1,053円 -3,780円 割引なし
10マイルコース移行手数料
(年間・税込)
6,480円 6,480円 無料 無料
1P=15M
本人会員年間維持費
(年会費+移行手数料)
7,587円 13,257円 11,340円 86,400円
入会・継続時ボーナス 1,000M 2,000M 2,000M 10,000M
本人会員年間維持費
(継続マイル1円換算差引後)
6,587円 11,257円 9,340円 76,400円

搭乗時ボーナスマイル積算率が50%

ANAのフライトを利用した際にもらえるフライトマイルの搭乗時ボーナスマイル積算率も50%とANAワイドゴールドカードに比べて2倍となっています。

ANA一般カード 10%
ANAワイドカード・ワイドゴールドカード 25%
ANAプラチナカード 50%

ワイドゴールドカードの2倍の設定であるのはもちろんのこと、ANAのフライトで往復すれば、片道分の区間基本マイルがもらえてしまうというすごい設定です。

ちなみに東京から欧米主要都市までの区間基本マイルはこんな感じです。

  • 東京-ハワイ(ホノルル):片道3,831
  • 東京-ニューヨーク:片道6,737
  • 東京-ロンドン:片道6,214

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードのポイント・マイルの貯まり方

マイル移行手数料無料でマイル還元率1.5%(1,000円=15マイル)

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードのカード支払で貯まるポイントは、1,000円につきワールドプレゼントが1ポイントです。

この点は他のANA VISA一般カードと変わりはありませんが、マイルに交換する際に15マイルコースで1ポイント=15マイルで交換できるため、他のANA一般カード、ワイドゴールドカードの1.5倍のマイル還元率1.5%になります。

三井住友VISAカードの場合、年50万円以上利用するとステージがアップし利用金額に応じてボーナスポイントがもらえますが、ANA VISAプラチナ・プレミアムカードはこのボーナスポイントの対象ではないため、ボーナスポイントはもらえません。

15マイルコースのマイル移行手数料は無料ですので、年会費の他にコストはかかりません。

ANA航空券の購入ならマイルが2倍貯まる

ANA VISAプラチナ プレミアムカードでANA航空券や機内販売など利用すると100円=2マイルが貯まりますので、マイル還元率が2倍になります。

楽天Edyチャージでもマイルが貯まる

ANA VISAプラチナ プレミアムカードなら、楽天Edyのチャージでも200円=1マイルが貯まりますので、チャージと利用のマイル2重取りができます。

数あるANAカードの中でも楽天Edyのチャージででマイルが貯まるのは、「ANAプレミアムカード」、「ANA ダイナースカード」、「ANA JCBワイドゴールドカード」と一部のカードのみの特典です。

ただしEdyチャージ分はワールドプレゼント(クレジットポイント)の対象になりません。

クレジットカードが使えず、Edyしか利用できないお店で使うのはよいかもしれないですが、クレジット払いの方がマイル還元率としては高くなると思いますので、無理にEdyを使う必要はないと思います。

ポイントUPモール、リボ払いでボーナスポイントがもらえる

ANA VISAプラチナ・プレミアムカードでは、ネットショッピング等でお得にポイントが貯まるポイントアップモールについては、三井住友カードが運営する「ポイントUPモール」、ANAが運営する「ANAマイレージモール」の両方が利用できます。

「ポイントUPモール」を経由するともらえるボーナスポイントのマイル移行については1ポイント=3マイルとなりますので、マイル還元率としては0.3%です。

ネットショッピングを利用するなら「ANAマイレージモール」を利用すれば、例えば楽天市場の場合、200円=1マイルがたまりますのでマイル還元率は0.5%、ベルメゾンなどは100円=1マイルが貯まったりしますので、ANAマイレージモールを利用したほうがお得です。

マイ・ペイすリボの利用でもらえるボーナスポイントについても同様に1ポイント=3マイルです。

ANA VISAプラチナカードだけの特典

ANA VISA プラチナ・プレミアムカードには、ANAカードの最高峰カードとして充実した特典が用意されています。

コンシェルジュサービス

旅行や出張の際の航空券やホテル・レストラン、レジャー、レンタカー等の情報提供や予約などが24時間365日いつでも電話一本で対応してくれます。

  • 航空券・ホテルの予約案内
  • 高級車などのレンタカーの予約案内
  • 海外でのお買い物など情報の提供
  • オペラ・バレエ・演劇・コンサート・美術館などの案内
  • レストランなどの予約案内
  • ゴルフコースの情報提供

など

その他、予定していたフライトが運休したなど急な予定変更があった時などもの宿泊先の予約や、カードやパスポートの紛失や盗難、急な病気や怪我など旅先でのトラブル時にも即座に対応してもらえますので、非常に頼りになります。

優秀な秘書が付いているような感じです。

これがプラチナカードを持つ一番のメリットではないかと思います。

プラチナグルメクーポン

東京・大阪を中心に全国約100店舗の一流レストランを2名以上で利用すると1名分が無料になるクーポンがもらえます。

例えば、イタリア料理の超名店「サバティーニ・ディ・フィレンツェ 東京店(銀座)」で2名以上で「季節のシェフおすすめコース」1人前19,040円(消費税・サービス料等含む)を利用した場合、会員本人分のコース料理代が無料になります。

こちらのような全国の名店が対象になっています。

  • 銀座 サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京店(イタリア料理)
  • みなとみらい Granciar葉山庵(フランス料理)
  • 名古屋 炭焼あしべ(炭焼ステーキ)
  • 北新地 旬喰 桔梗(日本料理)
  • 福岡 ラ・ロシェル福岡(フランス料理)

このサービスは株式会社ベネフィット・ワンが提供しており、対象の店舗は3月と9月の年2回届くクーポンで確認できます。

ご家族、ご夫婦、恋人との大切な記念日に、最高級のお食事とともに素敵なひとときが過ごせそうです。

2万円のコースが無料になるのであれば、年1回の利用でも年会費の1/4は取り戻せますね。

空港ラウンジに加えて国内空港の「ANAラウンジ」が無料で利用できる

ANA VISA プラチナ・プレミアムカードなら「空港ラウンジ」はもちろん、国内空港の「ANAラウンジ」も無料で利用できます。

  • 羽田、新千歳、仙台、小松、伊丹、関西、岡山、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇空港「ANA LOUNGE」
  • 成田空港「ANA ARRIVAL LOUNGE」(国内線出発ラウンジ)
  • 名古屋(中部)空港「セントレア エアライン ラウンジ」
  • 宮崎空港「ラウンジ大淀」の共用待合室

「ANAラウンジ」はANAワイドゴールドカードやANAアメリカン・エキスプレスカードなどで利用できるカード会社の「空港ラウンジ」よりもラクジュアリーな空間で充実したサービスがうけられます。

サービス例:ソフトドリンク、新聞、雑誌、ファクス/コピー機/ブロードバンド無線LANサービス、プリントサービス、携帯電話充電サービス

空港ラウンジについては同伴者1名まで無料で利用できますが、ANAラウンジについては本人会員のみ、出発時のみですので、同伴者や到着時には利用することはできません。

海外空港ラウンジサービス「プライオリティパス」

プライオリティパスは、世界120ヵ国850ヵ所以上の空港にある年会費有料の会員制空港ラウンジです。

最上位のプレステージ会員の年会費がUS$399と年間40,000円以上がかかりますが、ANA VISA プラチナ・プレミアムカードを保有していれば、インターネットサービスVpassか電話で申しこめば、無料でプレステージ会員の「プライオリティパス」がもらえます。

これだけでも年会費の半分は取り戻せる計算ですのでこの特典の存在は大きいですね。

ラウンジでは、ゆったりと落ち着いた空間の中で、ドリンクサービス、シャワー、パソコンのご利用、TV、新聞の閲覧などができますので、バカンスもビジネスもフライトまでの待ち時間を有意義に過ごすことができます。

銀座並木通り「JTBロイヤルロード銀座」での旅行商品利用でポイント6倍

銀座並木通りにある高品質旅行専門店「ロイヤルロード銀座」の取扱商品、ビジネスクラスで行く海外旅行「夢の休日<海外>」、贅沢に日本を味わうゆとりの旅「夢の休日<国内>」、音楽の旅「ライブ」の利用でクレジットポイント(ワールドプレゼント)が6倍もらえます。

(通常ポイントにプラス5倍分のプレミアムポイントがもらえます。)

落ち着いた雰囲気のゆったりとしたサロンで、旅行の計画を相談できます。

プラチナワインコンシェルジュ

日本一有名なワインのソムリエ「田崎真也」さんが厳選したワインの紹介や特別販売などが利用できます。

このサービスは田崎真也が代表取締役会長を務める株式会社サンティールにより提供されます。

「特選品」優待

情報誌一緒に送られてくる通信販売カタログ「ホームショッピング」の「特選品コーナー」の通信販売商品が5%OFFになります。

ワールドワイドプログラムVisa プラチナカード特典

ANAカード、三井住友VISAプレミアムカードとしての特典以外にも、国際ブランドでもあるVISAプラチナカードの特典も利用できます。

VISAプラチナカード特典はいずれも期間が限られていますので、期間終了後は特典内容が変更になるかもしれません。

 VISAプラチナクラブ

近畿日本ツーリストの国内旅行「メイト」の往復航空機利用のパッケージツアーや厳選された日本全国の有名旅館やホテル宿泊プランが10~15%OFFで利用できます。

パッケージツアー検索

ホテル一覧

また、クラブメッドの予約を利用した場合、クラブメッドの対象施設のお部屋の無料アップグレードに加え、ロクシタンアメニティがもらえます。

対象施設は以下のとおりです。

  • プーケット(タイ)
  • バリ(インドネシア)
  • ビンタン(インドネシア)
  • チェラティンビーチ(マレーシア)
  • フィノールヴィラ(モルディブ)
  • カニフィノール(モルディブ)
  • 石垣島(日本)
  • 北海道(日本)

クラブメッドは、1950年にフランスで生まれた会員制のバカンスクラブで、世界に約80ヵ所を展開しています(日本は北海道と沖縄にあります)。

クラブメッドのパッケージツアーは、航空運賃や宿泊費はの他、食事や飲み物、アクティビティー、チップまで滞在中にかかる費用がすべて旅行代金に含まれており、施設内では財布が不要、アクティビティやエンターテイメントもとても充実いるため、施設から一歩も出なくても充実したバカンスを過ごせるようになっています。

プレミアム・オールインクルーシブ
クラブメッドでは、観光で毎日いろいろなところを移動する旅行ではなく、例えば別荘に遊びに行ったときのように長くゆっくり滞在し、思いきりリラックスしながら日ごろのストレスを取り除いていく、いわゆる“フランス風バカンス”を提案しています。リゾート内でアクティビティーを楽しんだり、プールサイドでゆっくり本を読んだりしながらバカンスを満喫することで、スタッフや他のお客様との交流が生まれます。そんな出会いが何よりもクラブメッドの特色と言えます。

クラブメッドホームページより

VISAプラチナトラベル

ルックJTB等海外パッケージ旅行(一部除外あり)、海外航空券、海外ホテルが5%OFF、JTBクルーズ商品は10%OFFで利用できます。

※海外発の航空券(海外発着、呼び寄せ便等)は対象外です。

Visaプラチナ空港宅配

海外へのフライトを利用の際、自宅やオフィスなどと空港までの荷物の配送が、往路、復路ともに割引価格で利用できます。

対象の空港は、成田空港、羽田空港国際線ターミナル、中部国際空港、関西国際空港、料金は往路復路ともに2個まで1個500円(税込)、3個目以降通常料金より20%OFFになります。
縦×横×高さの3辺の合計が160cm、且つ重量が30kg以内の手荷物または段ボール箱、スーツケース・ゴルフバッグ及びスキー(1セット)は重量が30kg以内であれば、サイズが160cm以上でもOKです。

こわれ物、生鮮品、貴重品、危険品、爆発物、液体類(お酒、調味料)、精密機器は対象外です。

ほぼ、ゆうパックや宅急便で運べる最大サイズまで対応できますので、通常旅行に持っていくようなものであればほぼなんでも大丈夫ではないかと思います。

Visaプラチナダイニング(日本)

Visaプラチナカード会員からリクエストの多いレストランを中心に、雑誌や有名グルメガイドブックで評価などを元に選定されたレストランにて、シェフの一皿、お土産の提供、個室料無料サービス、割引、コース料理のランクアップ(プレミアムテーブル特典)などの優待が受けられます。

Visaプラチナダイニング国内対象店舗

Visaプラチナダイニング(海外)

日本人旅行者に馴染みの深い都市を中心に現地でサービス評価の高い評判の有名レストランを選定、割引や食前酒やデザートのサービスなどの優待が受けられます。

ハワイでは全7店舗、グアムでは全3店舗で料理のコースが無料でアップグレードできるプレミアムテーブル特典も利用できます。

出発日の1週間前までに予約すれば旅行ガイドブック『地球の歩き方aruco』または『ランキング&マル得テクニック』『ハワイ スーパーマーケット完全ガイド』、「『地球の歩き方』編集者セレクト 現地のお土産」が1予約につき1冊もらえます。

Visaプラチナダイニング海外対象店舗

Visaプラチナゴルフ

通常はゴルフ場メンバー以外予約できない日本国内の名門ゴルフ場やプロトーナメント開催コース約70箇所を特別紹介にて予約ができ、さらに各コースのプレー料金が4,000円OFFで利用できます。

また70箇所のゴルフ場以外でも、予約手配のみであれば他にも600以上のゴルフ場でのプレーを手配することが出来ます。

対象ゴルフ場の例

  • ザ・ノースカントリーゴルフクラブ
  • ニドムクラシックコース
  • カメリアヒルズカントリークラブ
  • 久能カントリー倶楽部
  • キングフィールズゴルフクラブ
  • 習志野カントリークラブ キング&クイーンコース
  • 千葉バーディークラブ
  • 中山カントリークラブ
  • 平川カントリークラブ
  • 大洗ゴルフ倶楽部
  • 取手国際ゴルフ倶楽部
  • 磯子カンツリークラブ
  • 箱根カントリー倶楽部
  • 鳩山カントリークラブ
  • 日高カントリークラブ
  • 東松山カントリークラブ
  • 高麗川カントリークラブ
  • 日本カントリークラブ
  • 狭山ゴルフ・クラブ
  • ファイブハンドレッドクラブ
  • 多摩カントリークラブ
  • 東京バーディクラブ
  • 八王子カントリークラブ
  • 桜ヶ丘カントリークラブ
  • 那須ゴルフ倶楽部
  • 富士桜カントリー倶楽部
  • 河口湖カントリークラブ
  • 有馬ロイヤルゴルフクラブ ロイヤルコース
  • ABCゴルフ倶楽部
  • 小野東洋ゴルフ倶楽部
  • グランドオークゴルフクラブ
  • 太平洋クラブ六甲コース
  • ジャパンメモリアルゴルフクラブ
  • 三木ゴルフ倶楽部
  • 田辺カントリー倶楽部
  • フェニックスカントリークラブ

また、海外のゴルフ場ではハワイ、グアム、東南アジア(シンガポール、タイなど)にある約80のゴルフ場が予約でき、各コースのプレー代金が4,000円OFFになります。
ゴルフバック無料宅配(国内空港往復)サービスも利用できます。

対象海外ゴルフ場の例

  • ハワイ(オアフ島)
    タートル・ベイ・リゾート(アーノルド・パーマーゴルフコース)
    カポレイゴルフコース
    コオリナ・ゴルフコース
    ワイケレ・カントリークラブ
    ハワイカイゴルフコースチャンピオンシップコース
    コオラウゴルフクラブ
  • ハワイ(ハワイ島)
    マウナ・ラニ・リゾートノースコース
  • ハワイ(マウイ島)
    カパルア・リゾートプランテーションコース
    ワイレア・ゴルフクラブ エメラルドコース
  • ハワイ(カウアイ島)
    プリンスビルゴルフクラブプリンスコース
    カウアイ・ラグーンズ・ゴルフクラブキエレコース
  • グアム
    オンワード マンギラオゴルフクラブ
    カントリー クラブ オブ ザ パシフィック
    レオパレスリゾートカントリー クラブ
  • サイパン
    ラオラオベイゴルフ&リゾート
    コーラル・オーシャンポイント・リゾート
  • タイ
    パタヤ サイアムカントリークラブプランテーション
    レムチャバンインターナショナルカントリークラブ
  • シンガポール
    セントーサ・ゴルフクラブタンジョンコース
  • マレーシア
    クアラルンプール テンプラーパーク・カントリークラブ

エアポートショッピング

対象のロッテ免税店にて5~15%OFFやDFSメンバーシップカード(DFSシルバーカード)がもらえる優待が利用できます。

100USドル以上ご購入の場合、ロッテDFSディスカウントクーポンがもらえます。
※韓国国内、グアム、ジャカルタの店舗が対象です。

対象店舗

  • 韓国国内:本店/ワールド店/COEX店/釜山店/済州店/仁川国際空港店/金浦国際空港店
  • グアム:グアム国際空港
  • インドネシア(ジャカルタ):スカルノ・ハッタ国際空港

ANAカード会員特典ももれなく使える

ANA VISA プラチナ・プレミアムカードなら下記のANAカード会員特典ももちろんもれなく利用できます。

  • ビジネスきっぷ
  • ビジネス専用チェックイン
  • 空港免税店10%OFF
  • 機内販売10%OFF
  • ANA FESTA 10%OFF
  • A-style 7%OFF
  • 旅行商品5%OFF
  • ビジネス公開講座15%OFF
  • 提携ホテル宿泊割引
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
  • レンタカー割引

年間利用明細(YEAR END SUMMARY)のダウンロード

ANA VISA プラチナ・プレミアムカードでは、三井住友カードのWEB明細などのインターネットサービス「vpass」にて、1年間(1月~12月)の利用内容を取りまとめた年間の利用明細がPDF形式でダウンロードできます。

業種ごとに区分されたご利用金額明細と全てのご利用明細一覧が確認できますので、毎年ダウンロードしておけば、全ての利用記録が効率的に管理できそうです。

ANA VISA プラチナ・プレミアムカードの追加カード

ANA VISA プラチナ・プレミアムカードで追加できるカードは、家族カード、ETCカード、三井住友カードiD、PiTaPaカード、ANA銀聯カードがあります。

家族カード

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの家族カード(家族会員)の年会費は4,000円(税抜)です。

本人会員の年会費の1/20の価格で、本人会員のカード機能・サービスがそのまま利用できますし、利用金額はもちろんマイルが貯まりますので、コストパフォーマンスは相当高いですね。

ETCカード

三井住友ETCカードが利用できます。

mitsuisumitomo-etc-card

年会費は500円(税抜)ですが、初年度は無料、2年目以降も年1回以上のETCの利用があれば無料で利用できます。

ETCを使った有料道路の利用でポイント(マイル)が貯まるのはもちろんのこと、ETCマイレージサービスも利用できます。

ETCマイレージサービスで貯めたポイントは有料道路の通行料として利用できますので、高速道路などの料金もお得になります。

三井住友カードiD

iDとは、電子マネーのようにレジでタッチするだけで、クレジットカード支払いができる便利な機能です。

クレジットカードに一体になっている他、専用カードやおさいふケータイでも利用することができます。

専用カードならANAのコックピットのデザインがかっこ良いですね。

mitsuisumitomo-id-card

※デザインは変更になるかもしれませんが。

ただ、カードが複数になってかさばるのがいやという方は、クレジットカード一体型で利用されるのがよいと思います。

その他、関西圏の電車・バス・ショッピングや食事等で使える「PiTaPa」、中国への旅行や出張の際に便利に使える「銀聯カード」も追加で持つことができます。

ANA VISA プラチナ プレミアムカードに付帯する保険など

ANA VISA プラチナ・プレミアムカードに付帯する保険などは最上級クラスのカードにふさわしい内容になっています。

海外旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害、傷害治療費用、賠償責任、携行品の損害、救援者費用まで全て自動付帯されますので、ANA VISA プラチナ・プレミアムカードでの支払を問わず、以下の内容が補償されます。

海外旅行傷害保険の補償期間は1旅行につき最長3ヵ月で旅行の都度適用されます。

海外旅行の目的を持って日本の住居を出発した時点、事故発生時、発病日または費用発生日において、本会員の配偶者、生計を共にする同居の親族、別居の未婚の子については家族特約が適用されます。

家族特約も自動付帯です。

また、海外での事故や病気などの緊急時には、「日本語救急援助サービス」がサポートしてくれます。

担保項目 本人会員 家族特約
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 500万円 500万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 500万円 500万円
賠償責任(1事故の限度額) 1億円 1億円
携行品損害(自己負担額3,000円)
※1旅行中かつ1年間の限度額
100万円 100万円
救援者費用(1年間の限度額) 1,000万円 1,000万円

国内旅行傷害保険

国内旅行の航空機、電車、船舶、バス、タクシー等搭乗中の事故、宿泊施設に宿泊中の火災等による事故、募集型企画旅行参加中の事故が補償されます。

国内旅行障害保険についても自動付帯されますので、ANA VISA プラチナ・プレミアムカードでの支払を問わず、以下の内容が補償されます。

担保項目 本人会員
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
入院保険金日額(事故日から180日まで) 5,000円
通院保険金日額(事故日から180日以内、90日まで) 2,000円
手術保険金 最高20万円

航空遅延遅延保険

航空便の遅延や欠航、手荷物の配達遅延・紛失などで負担した一定の費用が補償されます。

海外旅行の場合は自動付帯ですが、国内旅行の場合は利用付帯となるため、事前に旅費等をANA VISA プラチナ・プレミアムカードで支払うことが前提となります。

担保項目 1回の遅延の限度額
乗継遅延費用(宿泊料・食事代) 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用(食事代のみ) 2万円
手荷物遅延費用 2万円
手荷物紛失費用 4万円

お買物安心保険(動産総合保険)

ANA VISAプラチナ プレミアムカードで購入した商品の破損・盗難などによる損害が補償される保険も付帯しています。

補償限度額 年間500万円
1事故に3,000円の事故負担額が必要
対象期間 購入日および購入日翌日より90日間

新規入会キャンペーンでお得に旅行に行ける

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの新規入会なら大量のマイルがもらえるキャンペーンが利用できます。

エコノミークラスならハイシーズンでもハワイ往復(43,000マイル)が、東京沖縄ならハイシーズンでも2名往復(21,000✕2)できてしまいますので、うまく活用してお得に旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ANA VISAカード 新規入会キャンペーンで獲得できるマイル比較

ANA VISA 一般カード
一般
ana-visa-wide-119
ワイドカード
ana-visa-widegold-119
ゴールド
 ana-visa-premium-119
プラチナ
トータル獲得マイル数 32,000M相当 33,000M相当 33,000M相当 56,500M相当
入会ボーナスマイル 1,000M 2,000M 2,000M 10,000M
リボ払い5-50万円未満
リボ払い50万円以上
5,000M相当
16,000M相当
5,000M相当
16,000M相当
5,000M相当
16,000M相当
7,500M相当
24,000M相当
家族カード入会 5,000M相当 5,000M相当 5,000M相当 7,500M相当
iD 3万円以上利用 5,000M相当 5,000M相当 5,000M相当 7,500M相当
銀聯カード3万円以上利用 5,000M相当 5,000M相当 5,000M相当 7,500M相当

キャンペーンの詳細は公式サイトにてご確認ください。

ANA VISA ワイドゴールドカードとの比較

年会費やもろもろの特典の差でどの程度の違いになるのか?

ANA VISA プラチナ プレミアムカードとの年会費の差が各特典でどの程度穴埋めできるのかを計算したのが下記の表です。

年会費など出費になる部分はマイナスで表し、マイル還元率の違いで得するマイル数の差や、プライオリティパスやプラチナグルメクーポン利用などで得した金額を合計してみました。

年間300万円のクレジットカード利用(うち50万円についてはANAの航空券、機内販売などプラチナがマイル2倍になる対象で利用したものとします。)、年に基本区間マイル20,000マイル搭乗したイメージです。

1マイル=1円としています。

プラチナ ゴールド
年会費(税込) -86,400円 -11,340円 -75,060円
入会・継続マイル 10,000M 2,000M 8,000M
年300万円利用時の
獲得マイル数
45,000M
100円=1.5M
30,000M
100円=1M
15,000M
ANA航空券利用(年50万円)
ANAカードマイルプラス特典
10,000M
100円=2M
5,000M
100円=1M
5,000M
基本区間マイル20,000マイル
の時の搭乗ボーナスマイル
10,000M
積算率50%
5,000M
積算率25%
5,000M
プライオリティ・パス年会費
US$399・1$=110円換算
無料 -43,890円 43,890円
プラチナグルメクーポン本人会員分
年1回2万円のコース利用
無料 -20,000円 20,000円
合計(1マイル=1円換算) 96,890円

これだけで年会費の差と比べ2万円以上お得な計算です。

国際線の特典航空券に交換すれば1マイル=2円以上にもなりますので、コスパ面もお得に出来そうですね。

プライオリティ・パスにかかるコストが大きいので、海外旅行の機会が少ない方にはメリットは少ないのかもしれませんが、プラチナグルメクーポンを年2回とか利用すればその分位はお得にもなってしまいますし、表では取り上げていませんが、Visaプラチナ特典で国内旅行や高級旅館の優待なども利用できますので、海外旅行の機会が少ない方にもお得にできる機会は沢山あると思います。

これにコンシェルジュが利用できることを考えると、コスパもかなり高いカードと言えそうですね。

 ANA VISA プラチナ プレミアムカードのまとめ

ana-visa-platinum

ANA VISA プラチナ プレミアムカードを選ぶポイントは、年会費を払う価値を見いだせるかという点に尽きると思います。

年に数回旅行や出張で海外に行かれる方、年数回以上は有名高級レストランで食事する機会がある方なら、普通に特典を利用するだけ絵も年会費以上のメリットを享受することは十分に可能だと思います。

加えてコンシェルジュを利用すれば、旅行や食事、エンターテイメントやスポーツの予約なども、電話一本で行ってくれますし、さらにVISAワールドワイドや三井住友カードのプラチナ特典で割引にもなったりして、便利な上にお得な優待までもらえますので、一度使いはじめるとやめられなくなることは、想像に難しくないのではと思います。

最大5,3000マイル、特典航空券で旅行に無料で行けるかもしれないキャンペーンの詳細は公式サイトにてご確認ください。

カードの利用金額や旅行の頻度などでグレードを比較した記事はこちらでご覧いただけます。

ANA VISA/MASTER ワイドゴールドカードはコスパも満足度の高いおすすめなカード
ANAカードを作るなら年会費がお得にできる三井住友VISAカードが発行しているANA VISA/MASTERカードがおすすめですが、ではVI...
プラチナカード並の特典が受けられるANAダイナースカードはコスパ抜群
ANAダイナースカードは、ANAカードとしてはゴールドカードの位置づけですがプラチナカードにも引け劣らない、魅力的な内容となっています。 ...
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス)ならアメックスとANAのゴールド特典がダブルで使える
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス)は年会費が3万円を超える水準ですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの...
ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)なら旅行が更に快適でお得になる
ANA一般カードの中で、マイルが貯めやすく特典も充実しているANAアメリカン・エキスプレスカードを紹介します。 ANAカードとしては一...
ANAカード(一般カード)のメリットは?ANAカードのマイル還元率を徹底調査
ANAのマイルを貯めるのならやはり第一候補はANAカードです。 マイルを貯めて特典航空券で旅行したいという目標に向けて、ANAカードの...
お得なANAカードの選び方、鉄道系の提携先やブランドはどれがお得かを徹底検証
ANAカード 一般カードには、VISA/MASTER、JCBといったブランドの違いの他に、JR東日本のSuica、東急電鉄のPASMO、東京...
お得なANAカードの選び方、一般かゴールドか、グレードはどれがよいのかを徹底検証
ANAカードには、一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードといったグレードがあります。     ...
ANA VISA SuicaカードはSuica利用者のみならず、全ANAマイラーが持っているだけでお得なカード
ANAカードには提携先やグレードがたくさんありますが、コスパ面で一番お得に利用出来そうなのがこのANA VISA Suicaカードです。 ...
ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカードは東急線や私鉄利用の方必携の高コスパカード
ANAカードでコスパが高いカードとしてANA VISA Suicaカードと並ぶのが、東急カードが提携しているANA TOP&ClubQ PA...
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はANAマイルへの交換レートが高い陸マイラー必携のカード
東京メトロを利用して通勤・通学している方がで、ANAを利用して旅行や帰省している方に、とってもお得に利用できそうなのが、このANA To M...
ANA JCBカード ZEROは29歳以下の方だけが使える5年間限定のカード
ANAカードには18歳~29歳までの方だけが利用できるANA JCBカード ZEROがあります。 年会費もマイル移行手数料も無...
ANAカード学生用は年会費無料で旅も買い物もお得になる
ANAカードの学生専用カードは、ANA一般カードの機能がほぼもれなく使えるだけでなく、ボーナスマイルや保険も充実しており、学生生活をアクティ...