ANA JCBカード ZEROは29歳以下の方だけが使える5年間限定のカード

ANAカードには18歳~29歳までの方だけが利用できるANA JCBカード ZEROがあります。

ana-card-zero

年会費もマイル移行手数料も無料と、とてもお得になっていますが利用できる期間が5年間だけという、若い方にANAカードをお試しで利用してもらおうという意味合いの強いカード担っています。

スポンサーリンク

ANA JCBカード ZEROとANA JCB一般カードの違い

ANA JCBカード ZEROとANA JCB一般カードの主なスペックをまとめてみました。

ANA JCBカード ZERO
ana-card-zero
ANA JCB 一般カード
ana-ippan-jcb-100
国際ブランド JCB
発行元 株式会社ジェーシービー
本会員(税込) 無料 2,160円
(初年度年会費無料)
家族会員(税込) 無料 1,080円
(初年度年会費無料)
申込可能な年齢 18歳以上29歳まで 18歳以上
利用可能期間 29歳までの最高5年間  制限なし
ポイントの貯まり方 OkiDokiポイント
1,000円(税込)=1ポイント
クレジットポイントからマイルへの移行 5マイルコース:1P=5マイル
10マイルコースは利用できない
5マイルコース:1P=5マイル
10マイルコース:1P=10マイル
※10マイルコースは移行手数料5,400円が毎年かかる
入会・継続時ボーナスマイル なし 1,000マイル
フライトマイル
飛行機の搭乗でもらえる
搭乗の区間基本マイレージ × 運賃種別ごとの積算率
旅割等割引チケットは75%パッケージツアーは50%等
搭乗時ボーナスマイル 搭乗時カード種類別積算率10%
ANAカードマイルプラス加盟店での利用ANAカードマイルプラス 100円=1マイル(または200円=1マイル)
直接マイル口座にマイルとして貯まる
ANAマイレージモール傘下ショップでの利用ANAマイレージモール 200円=1マイル(または100円=1マイル)
お店やサービスにより異なる。
直接マイル口座にマイルとして貯まる
クレジットカード会社のポイントアップモールでの利用 OkiDokiランド
獲得したボーナスポイントは1p=3マイルにて500ポイント以上1ポイント単位で交換可能
電子マネー(カードに内蔵) 楽天Edy
追加できる電子マネー等 ANA QUICPay + nanaco
・QUICPay・PiTaPa
海外旅行傷害保険 付帯なし 最高1,000万円
国内航空傷害保険 付帯なし 最高1,000万円
国内旅行傷害保険 付帯なし

年会費無料で利用できますが、その分特典も少ない感じです。

それぞれについて詳しく見ていきます。

ANA JCBカード ZEROの年会費・国際ブランド

ANA JCBカード ZEROの年会費は本人会員・家族会員共に無料です。

国際ブランドはJCBカードのみとなっています。

ANA JCBカード ZEROを利用できる方

ANA JCBカード ZEROは、高校生を除く18歳以上、29歳以下の方で本人または配偶者に安定継続収入のある方のみ利用できます。

家族会員は生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方となっています。

ホームページにはこのように記載されていますが、29歳までの方に18歳以上の子供がいるということはないでしょうから、配偶者と親ということでしょうね。

ということは、29歳までの子供がいる方は子供に本人カードを作ってもらって家族カードとして利用させてもらうなんてこともできるのでしょうかね?

5年後の更新時には、ANA一般カードに切替えられる

ANA JCBカード ZEROは5年間のみ利用可能なカードとなっていますので、5年後、または30歳になったタイミングでANA一般カード(JCB)に切替えとなります。

ANA JCBカード ZEROのマイルの貯め方

ANA JCBカード ZEROのマイルの貯め方は他のANAカード(JCB)と同様に、クレジットカード利用に対してOkiDokiポイントが貯まり、貯まったOkiDokiポイントをANAのマイルに交換するという流れになります。

月のクレジットカード支払金額1,000につき1OkiDokiポイントが貯まりますので、OkiDokiポイントとしての還元率は0.5%です。

マイル移行手数料も無料だが10マイルコースは存在しない

ANA JCBカード ZEROのOkiDokiポイントをANAのマイルに交換する際の移行手数料は無料、というか10マイル移行コースがなく、他のANA一般カードでも無料で利用できる5マイル移行コースのみが適用されます。

ですので、ANA JCBカード ZEROで貯められるマイルは、1,000円=5マイルということになりますので、本格的にANAのマイルを貯めたい方にはちょっと物足りない感じです。

継続時ボーナスマイルはもらえない

ANA一般カードは毎年継続時ボーナスマイルが1,000マイルもらえますが、ANA JCBカード ZEROにはこの特典はありません。

搭乗時ボーナスマイル

ANA JCBカード ZEROでANAのフライトを利用した場合の、ボーナスマイル積算率は10%とANA一般カードと同様です。

ANAカードマイルプラス対象店舗でマイルを上乗せ

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラス提携店ならクレジットカード会社のポイントとは別に更に100円=1マイル(200円=1マイル)が貯まります。

イトーヨーカドーやセブンイレブン、マツモトキヨシ、スターバックス、高島屋、阪急百貨店、出光、エネオスなどが提携していますので、これらのお店でお得にマイルを貯めることができます。

セブンイレブン 200円(税込)=1マイル
イトーヨーカドー 200円(税込)=1マイル
セブンネットショッピング 200円(税込)=1マイル
マツモトキヨシ 100円(税込)=1マイル
スターバックス 100円 = 1マイル
または200円 = 1マイル
高島屋 200円(税込)=1マイル
阪急百貨店 200円(税込)=1マイル
大丸・松坂屋 200円(税込)=1マイル
ANAショッピング A-style 100円(税込・送料除く)=1マイル
千歳アウトレットモール・レラ 200円(税込)=1マイル
JX日鉱日石エネルギー(ENEOS) 100円(税込)=1マイル
出光興産 200円(税込)=1マイル
ANAカードマイルプラス・グルメ 200円(税込)=1マイル
京成友膳(成田国際空港第1ターミナル) 200円(税込) = 1マイル
メルセデス・ベンツ コネクション 200円(税込) = 1マイル
アクアクララ(ウォーターサーバーレンタル)アクアクララご利用代金 200円(税込)=1マイル
グローバルスポーツ医学研究所 100円(税込)=1マイル
ヘルフェン 100円(税込)=1マイル
たかの友梨ビューティクリニック 100円(税込)=1マイル
エルセーヌ 100円(税込)=1マイル
沖縄ダイビングショップ マリーン プロダクト 100円(税込)=1マイル
ルスツリゾート/スキー・アクティビティ 200円(税込)=1マイル
サホロリゾート スキー場 200円(税込)=1マイル
グリーンピア大沼 ウィンターアクティビティ 200円(税込)=1マイル
サホロリゾート ベア・マウンテン 200円(税込)=1マイル
グリーンキャブ 100円(税込)=1マイル
中央無線タクシー(大和自動車交通グループ) 100円(税込)=1マイル
東京MKタクシー 100円(税込)=1マイル
東京無線タクシー 200円(税込)=1マイル
日英交通 100円(税込)=1マイル
大和自動車交通 100円(税込)=1マイル
イースタンエアポートモータース 200円(税込)=1マイル
ハロー・トーキョー 200円(税込)=1マイル
多古タクシー 100円(税込)=1マイル
石川交通 200円(税込)=1マイル
エアポートリムジンバス 100円(税込)=1マイル
森ビルシティエアサービス 100円(税込)=1マイル
エクセル航空 100円(税込)=1マイル
京成スカイライナー 100円(税込)=1マイル

ネットショッピング等はANAマイレージモールとOkiDokiランドを活用

ANAマイレージモール

ANAカードならANAマイレージモールとカード会社のポイントアップモールOkiDokiランドが利用できます。

ただし、OkiDokiランドで貯めたポイントは1ポイント=3マイルでしか交換できないので、ANAマイレージモールを利用するほうが効率はよいと思います。

ANAマイレージモール

OkiDokiランド(JCB)

ANA JCBカード ZEROのANAグループでの主な特典

ANA JCBカード ZEROもANA一般カードと同様に、グループの利用でお得な特典が利用できます。

  • ANAカード専用割引運賃「ビジネスきっぷ」が利用可能
  • ANAカード国内線・国際線の機内販売が10%OFF
  • ANA国内ツアー(ANAスカイホリデー)、ANA海外ツアー(ANAハローツアー・ANAハローツアーワンダーアース)が5%OFF
  • ANAのショッピング A-style(ANAのショッピングサイト)が7%OFF
  • ANA FESTA(空港内の売店)が10%OFF
  • IHG、ANA、ホテルズグループジャパンの宿泊割引サービス、ベストフレキシブル料金が5%OFF

楽天Edyの利用でマイルが貯まる

ANA JCBカード ZEROには、楽天Edyを付帯させることができ、楽天Edyの支払い200円につき1~2マイルが貯まります。

ただし楽天Edyへのチャージではマイルは貯まりませんので、2重取りはできません。

追加できるカード

ETCカード

ETCカードは無料で利用できます。

QUICPay(クイックペイ)・ANA QUICPay+nanaco

ANA JCBカード ZEROは、QUICPayとANA QUICPay+nanacoが利用できます。

ana-quicpay-nanaco

ANA QUICPay+nanacoはANAの搭乗が楽になる「SKiPサービス」と「QUICPay」と「nanaco」の機能がついたキーホルダー型の電子マネーです。

セブン&アイグループのnanacoがついているものの、セブンイレブンで利用するならQUICPayの方が実はお得だったりします。

まず、QUICPayの利用はANAカード支払いになるので1,000円(税込)=1OkiDokiポイントが貯まります。

セブンイレブンはANAカードマイルプラス提携店なのでANAカード利用200円(税込)=1マイルがたまります。

さらに、ANA QUICPay + nanaco支払いだと、nanacoポイントも200円(税抜)=1ポイント貯まりますので、216円(税込)以上のお買い物なら1回の利用で3つのポイントの3重取りができてしまいます。

という訳でANA JCBカード ZEROを使う方は、是非利用することをおすすめします。

PiTaPa

pitapa-ana-card

主に関西エリアの交通系ICカードの「ANA PiTaPaカード」が利用できます。

ショッピングで貯まった「ショップdeポイント」はANAのマイルと相互に交換できます。

年会費無料ですが、1年間PiTaPaの利用がないとPiTaPa維持管理料として1枚あたり1,050円(税込)がかかりますので、利用しない方は作らないほうがよいでしょう。

付帯する保険など

ANA JCBカード ZEROには、旅行傷害保険(国内・海外)は付帯していません。

ショッピングガード保険については海外での利用は最高100万円が付帯しますが、国内の利用については付帯していません。

ANA JCBカード ZEROまとめ

ANA JCBカード ZEROは若い方に負担なくANAカードを利用してもらうためのお試しANAカードという位置づけのようですね。

JAL CLUB ESTも同じ20代向けのサービスですが、こちらは年会費を5,400円を貰い、20代の方にそれ位以上の価値のあるエグゼクティブな体験をしてもらおうという、ヤングエグゼクティブ向けなサービスなのとは対象的な感じです。

年会費無料なのはよいのですが、5マイル移行コースしか使えなかったり、継続時マイルがもらえなかったりなど、ANAカードの魅力も半減してしまうのは、利用された方に継続してANAカードを利用してもらおうという点においてはあまり機能しないのではと感じます。

JAL CLUB ESTについてはこちらの記事で紹介しています。

20代の方は絶対におすすめ!特典満載のJAL CLUB ESTでJALカードが最強になる
JALカードには20代の方だけが持つことができるのJAL CLUB ESTという会員サービスが用意されています。 マイルが...

学生の方は学生専用カード、本格的にマイルを貯めたい29歳以下の方は一般カードの方がおすすめ

学生の方は、学生専用カードなら、年会費もお得で特典も保険も充実していますので学生専用カードがおすすめです。

ANAカード学生用は年会費無料で旅も買い物もお得になる
ANAカードの学生専用カードは、ANA一般カードの機能がほぼもれなく使えるだけでなく、ボーナスマイルや保険も充実しており、学生生活をアクティ...

学生以外の29歳までの方もメインカードとして利用してANAのマイルをしっかり貯めたいのであれば、ANA JCB 一般カードの方がよいのかもしれません。

あまり使うかどうかわからないけどANAカードを試してみたいという方には年会費無料でANAグループの割引等は受けられますので、お試し利用という感じで使うにはよいかと思います。

ANA JCBカード ZEROの入会キャンペーン

ANA JCBカード ZEROの新規入会キャンペーンは、ANA一般カードと同様に、最大1,1000マイルがもらえます。

通常入会ボーナスマイル 1,000マイル
期間限定特別ボーナスマイル 1,300マイル
ANA搭乗ボーナスマイル 2,000マイル
ANAカードマイルプラス加盟店利用キャンペーン 500マイル
JCB特典サンクスキャンペーン 6,000マイル相当
ANA QUICPay+nanacoキャンペーン 750マイル相当
合計 11,500マイル相当

ANAカードを気軽に試してみたいという29歳までの方は是非ご利用ください。

関連記事:

お得なANAカードの選び方、鉄道系の提携先やブランドはどれがお得かを徹底検証
ANAカード 一般カードには、VISA/MASTER、JCBといったブランドの違いの他に、JR東日本のSuica、東急電鉄のPASMO、東京...
お得なANAカードの選び方、一般かゴールドか、グレードはどれがよいのかを徹底検証
ANAカードには、一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードといったグレードがあります。     ...
ANAカード(一般カード)のメリットは?ANAカードのマイル還元率を徹底調査
ANAのマイルを貯めるのならやはり第一候補はANAカードです。 マイルを貯めて特典航空券で旅行したいという目標に向けて、ANAカードの...
ANA VISA SuicaカードはSuica利用者のみならず、全ANAマイラーが持っているだけでお得なカード
ANAカードには提携先やグレードがたくさんありますが、コスパ面で一番お得に利用出来そうなのがこのANA VISA Suicaカードです。 ...
ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカードは東急線や私鉄利用の方必携の高コスパカード
ANAカードでコスパが高いカードとしてANA VISA Suicaカードと並ぶのが、東急カードが提携しているANA TOP&ClubQ PA...
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はANAマイルへの交換レートが高い陸マイラー必携のカード
東京メトロを利用して通勤・通学している方がで、ANAを利用して旅行や帰省している方に、とってもお得に利用できそうなのが、このANA To M...
ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)なら旅行が更に快適でお得になる
ANA一般カードの中で、マイルが貯めやすく特典も充実しているANAアメリカン・エキスプレスカードを紹介します。 ANAカードとしては一...
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス)ならアメックスとANAのゴールド特典がダブルで使える
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス)は年会費が3万円を超える水準ですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの...
プラチナカード並の特典が受けられるANAダイナースカードはコスパ抜群
ANAダイナースカードは、ANAカードとしてはゴールドカードの位置づけですがプラチナカードにも引け劣らない、魅力的な内容となっています。 ...
ANA VISA/MASTER ワイドゴールドカードはコスパも満足度の高いおすすめなカード
ANAカードを作るなら年会費がお得にできる三井住友VISAカードが発行しているANA VISA/MASTERカードがおすすめですが、ではVI...
ANA VISA プラチナ・プレミアムカードはステータスだけでなくコスパも高いプラチナカード
ANAカードの最高峰、プラチナカードにはVISA、JCBの国内勢と、アメリカン・エキスプレス、ダイナースの海外勢がありますが、年会費は海外勢...
JCBもANAの優待も使えるJCB一般カード/プラスANAマイレージクラブの実力は?
JCBオリジナルシリーズのラインナップにANAマイレージクラブ機能が搭載された「JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ」があります。...
ヤマダLABI ANAカードはヤマダ電機がお得でANAのマイルも貯まる多機能カード
ヤマダLABI ANAカードはヤマダ電機のポイントカード機能に、セゾンカードの永久不滅ポイント機能、ANAマイレージクラブ機能、セゾン・アメ...