ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)なら旅行が更に快適でお得になる

ANA一般カードの中で、マイルが貯めやすく特典も充実しているANAアメリカン・エキスプレスカードを紹介します。

ANAカードとしては一般カードの位置づけですが、同伴者1名まで無料で空港ラウンジが利用できたり、ANAグループの利用はポイントが1.5倍になる、国内旅行傷害保険の対象になるなど、他の一般カードにはない特典が魅力のカードとなっています。

ana-amex-card

その代わり年会費がちょっと高めだったりもしますが、使い方によってはかなりお得なカードですので、そのあたりを見ていきましょう。

スポンサーリンク

もくじ

ANAアメリカン・エキスプレスカード年会費などのカード維持費

ANAアメリカン・エキスプレスカードの年会費は本人会員が7,000円(税抜)、家族会員が2,700円(税抜)です。
ポイントをマイルに移行するには、ポイント移行手数料6,000円(税抜)/年が必要です。

ポイント移行コースの手数料はポイントを移行する年のみ使うようにすれば、支払う必要はありませんできますが、ポイントの有効期限が最長3年ですので、2年に1回程度はマイルに交換する必要がでてきます。

毎年ポイントをマイルに移行すると、年間のカードの維持費は13,000円(税抜)となります。

ANAアメリカン・エキスプレスカードのポイント・マイルの貯め方

ANAアメリカン・エキスプレスカードも他のANAカードと同様に、クレジットカードの利用で貯まったポイントをマイルに交換することでマイルが利用できる仕組みになっています。

ANAアメリカン・エキスプレスカードカードご利用金額100円=1ポイントのメンバーシップ・リワードポイントが貯まります。

Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAのチャージのチャージにも利用はできますが、ポイントの対象にはなりません。

マイルの有効期限を無期限にできるが。。

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)のポイント「メンバーシップ・リワードポイント」の有効期限は通常最大3年(翌々年度プログラム年度末日まで)ですが、「ポイント移行コース」に登録すると登録期間中のポイントが無期限になります。

ポイント移行コースは年に6,000円(税抜)がかかりますが、ポイント移行コースはポイントをマイルに移行しなければ払う必要のないコストです。

ポイントを無期限したいということは、ポイントをマイルに交換しないということになりますので、マイルに交換しないのに、移行手数料を払ってポイントを無期限にするというのは、ちょと矛盾してしまいますね。

ポイントの有効期限が最大で3年、マイルの有効期限も3年ありますので、その期間内に特典航空券で利用できる程度はカードの利用をするのであれば、無理にポイントを無期限にする必要はないと思います。

ANAグループの利用で1.5倍

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)をANAグループでのANAの航空券、旅行商品のご購入や機内販売などで利用するとポイントが1.5倍になります。(カードご利用額100円=1ポイントの通常ポイントに、カード利用額200円=1ポイントのボーナスポイントがプラスされます。)

対象の利用は以下のとおりです。

航空券 ANA SKY WEB・ANA SKY MOBILE、ANA国内線予約・案内センター、ANA国内線国際予約・案内センター、ANAカウンターにおける航空券の購入
機内販売 ANA・ANAウィングス運行の国内線機内販売、ANA・エアージャパン運行の国際線機内販売
旅行商品 ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAワンダーアース、ANA SKY WEB TOURの旅行商品※旅行会社での予約・購入は対象外
通信販売 ANA通信販売、機内誌「ANA SKY SHOP」、ANAショッピング A-Style

旅行予約サイトや旅行代理店などでANA航空券やツアーを利用した場合には対象にはならず、クレジットのポイント1%のみが貯まります。

※IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでのご利用は対象外です。

「ANAカードマイルプラス」でマイルもポイントも獲得

「ANAカードマイルプラス」加盟店でのANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)の利用は、クレジットカードのポイント (メンバーシップ・リワード)とは別に、100円=1マイル(店によっては200円=1マイルなど)のANAマイルが貯まります。

100円=1マイルのお店で利用した場合、ポイントとマイルの2重取りでマイル還元率は2倍になります。

AMEX独自の海外加盟店でもマイルが貯まる

ANAアメリカン・エキスプレスカードカード限定で、ANAカードマイルプラス加盟店に加え以下のショップでも同様に100円=1マイルをプラスで貯める事ができます。

  • パリ、アレクサンドラ・ソジュフェル
  • ロンドン、ハロッズ、リバティ、セルフリッジ
  • ソウル、ロッテ百貨店
  • シンガポール シンガポール高島屋(200円=1マイル)

ANAグルメマイル

ANAグルメマイル参加店でのお食事なら、最大100円=2マイルがポイントと別に貯められてとてもお得です。

ホテルの高級レストランだけでなく街の居酒屋やチェーン店などもありますので、仕事のある平日のランチでもしっかりマイルを貯めるなんてこともできそうですね。

ただし、対象店舗を利用した場合、店員さんにマイル積算希望を申告して「マイル受付票」をもある必要があるので、貯め方はよく理解しておきましょう。

ANAグルメマイル

ご入会・ご継続ボーナスマイル

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)は入会時に1,000マイル、毎年継続時ボーナスマイルが1,000マイルもらえます。

搭乗ボーナスマイル

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)を利用してANAの航空機に搭乗すると、通常のフライトマイルに加え、10%分のボーナスマイルが貯まります。

入会継続マイル、フライトボーナスマイルについては、他のANA一般カードと変わりません。

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)で貯まったポイントはANA特典航空券やアイテムと交換

ANAのマイルに交換

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)で貯めたポイントは、ポイント移行手数料が年6,000円(税抜)かかりますが、1,000ポイント=1,000マイルとしてANAのマイルに交換できます。

7,500マイルからANAマイレージクラブ提携航空会社の特典航空券に交換できます。

カード代金の支払いに使える「ポイントフリーダム」

お買物や公共料金などすべてのANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)支払の請求金額から値引きに使えるサービスで、オンラインサービスに登録することで利用できます。

生活費をお得にしたい方には嬉しい利用方法ですが、ちょっと注意が必要なのが、ポイント移行コースの登録有無で換算レートが異なる点です。

換算レートはこんな感じです。

ポイント移行コース未登録の場合 1ポイント=0.3円
ポイント移行コース登録、航空会社で利用 1ポイント = 1円
ポイント移行コース登録、ホテル・旅行代理店などの加盟店で利用 1ポイント = 0.8円
ポイント移行コース登録、旅行関連以外でカードを利用 1ポイント = 0.3円

ポイント移行コースに登録しない場合、1ポイント=0.3円と非常に低いレートに下がってしまいます。

航空会社で利用しない限り1ポイント=1円にはならず、マイルに交換しないのにポイント移行コースの手数料6,000円がかかるため、あまりおすすめできる利用方法とはいえなさそうです。

イベント参加や商品と交換

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)で貯めたポイントを使って、アメリカン・エキスプレスオリジナルイベントに参加が出来る他、アメリカン・エキスプレスが選んだ500以上の商品と交換できます。

楽天スーパーポイント・Tポイントとの交換

楽天スーパーポイント、Tポイントにも交換できますが、それぞれ300ポイント=100楽天スーパーポイント、300ポイント=100Tポイントと交換レートはかなり低い設定です。

ヨドバシカメラ・高島屋の商品券と交換

ヨドバシカメラ、高島屋の商品券に交換できますが、こちらも3,000ポイント=1,000円分と交換レートは低い設定です。

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)を利用する方はANAのマイル以外の交換はあまり考えないほうがよさそうですね。

オンラインの旅行予約が割引

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)を利用すると以下の旅行会社の優待が受けられます。

一休.com カード会員限定プランあり
日本旅行 「特選の宿」が5%OFF
Expedia 海外のホテル8%OFFなど
アップルワールド.com 世界10万軒のホテルが最安値よりも更に5%OFF
H.I.S. 会員専用ウェブサイトで会員限定ツアーや割引料金が適用

※ANAグループ カードご利用ポイント1.5倍およびカードマイルプラスツアー5%割引は対象外です。

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)の旅行が快適になる特典

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)には、旅行が快適になる特典が色々と用意されています。

このあたりは他のANA一般カードにはない特典ですので、ANA一般カードを選ぶ際にはよく抑えておきたいポイントです。

空港ラウンジが本人に加え、同伴者1名も無料

国内外の空港ラウンジが、本人だけでなく同伴者1名も無料で利用できます。

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)を利用する大きなメリットではないかと思います。

対象の空港はこちら、国内が主ですがハワイ、仁川(韓国)にもあります。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 大阪国際空港(伊丹空港)
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港
  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ ホノルル空港
  • 韓国 仁川国際空港

空港クロークサービス

中部国際空港、関西国際空港限定ですが、手荷物預かり所にて無料で荷物を預けることができます。

乗継便の待ち時間などに活用すれば、空港内重い荷物を持ち運ぶ必要もなく便利に利用できそうです。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行で帰国時に、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港を利用した場合、空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送してくれます。

空港パーキング

空港周辺の駐車場が割引価格で利用できます。

羽田、成田空港なら40%OFFとかなりお得です。

成田空港
(サンパーキング成田店)
通常駐車料金より40%OFF
機械水洗い洗車が無料
羽田空港
(サンパーキング羽田 浮島店)
通常駐車料金より40%OFF
(除外期間:4/25~5/4、7/17~8/28、9/18~9/21、12/27~1/3は30%オフ)
※4/25~5/4、7/17~8/28、9/18~9/21、12/27~1/3は別途シーズン料金がかかる
関西国際空港
(安い関空駐車場)
通常駐車料金より20%OFF
関西国際空港
(VIPカーデリバリーサービス)
通常駐車料金より20%OFF
福岡空港
(福岡空港サイドパーキング)
通常駐車料金より国際線ご利用の場合は200円オフ、国内線ご利用の場合は100円OFF
※GW(4/29~5/5出発)、お盆(8/10~8/16出発)、年末年始(12/27~1/4出発)は通常料金

SKiPサービス

これはANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)独自の特典ではありませんが、ANAの国内線を利用の場合、事前にスキップ予約(予約・購入・座席指定)を済ませておけば、空港での搭乗手続きが不要となり、出発保安検査場と搭乗口でANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)をタッチすれば搭乗できますので、かなり便利です。

旅先でのレンタカー割引

旅先でレンタカーを利用する場合、ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)で支払うと5%OFFになります。

対象のレンタカー会社はこちらです。

  • オリックスレンタカー
  • トヨタレンタカー
  • 日産レンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • タイムズカーレンタル

また、タイムズカープラスのカーシェアリングサービス『タイムズ カー プラス』をアメリン・エキスプレスのウェブサイト経由で申しこめば、通常1,550円(税込)のタイムズ カー プラス会員カード発行手数料が無料になります。

海外旅行先での日本語サポート

海外旅行先でのレストランの予約や医療機関の紹介など。24時間日本語で対応してもらえます。

病気や怪我などのアクシデントの際にも心強いですね。

トラベル・サービス・ロケーション

アメリカン・エキスプレスの世界中のサービス拠点で旅をサポートが受けられます。

アメリカン・エキスプレス・トラベラーズチェックを渡航先で現地通貨に交換して使うこともできます。

出発前に渡航先にあるトラベル・サービス・ロケーションのサービス内容を確認しておきましょう。

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)に付帯する保険など

旅行傷害保険などが充実しているのも、ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)が他のANA一般カードよりも優れているポイントです。

旅行傷害保険

国際線航空券やパッケージ・ツアー等の代金をANAアメリカン・エキスプレス・カードで支払う必要がありますが、海外旅行傷害保険は傷害死亡・後遺障害保険金最高3,000万円、国内旅行傷害保険も最高2,000万円が付帯しています。

会員の家族(配偶者や子供)にも最高1,000万円が補償されます。

他のANA一般カードには付帯されていない国内旅行傷害保険が付くのは大きなメリットですね。

オンライン・プロテクション

オンライン・ショッピングでの心当たりがない不正利用について、損害金額が全額保障されます。

ショッピング・プロテクション

国内・海外を問わずカードで購入した商品について、購入日から90日以内に生じた破損・盗難等の損害が、年間最高200万円まで補償されます。

カード盗難・紛失の場合の緊急再発行

国内外問わずカードの盗難、紛失などでカードが無くなってしまった場合に、新しいカードを無料で再発行してもらえます。

アメリカン・エキスプレスカードの優待

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)なら、アメリカン・エキスプレスカード会員向けの優待が利用できます。

アメリカン・エキスプレス・コネクト

ロゴ:AMERICAN EXPRESS Connect

カード会員限定の優待特典やキャンペーン情報が掲載されているウェブサイトです。

アメリカン・エキスプレス・コネクト

アメリカン・エキスプレス・セレクト

ロゴ:AMERICAN EXPRESS SELECTS

国内外のアメリカン・エキスプレス加盟店で食事やホテル宿泊、レジャーなどの優待特典が受けられます。

レストランなどは10%OFF、ホテルについては半額以上割引になるところもありますので、旅行や食事に行く予定ができたらまずチェックしておくとよいでしょう。

アメリカン・エキスプレス・セレクト

チケット・アクセス

チケット予約の「イープラス」と提携していますので、イベントなどのチケットを優先的に購入できます。

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)の入会キャンペーンでお得に旅行を

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)では大量にマイルがもらえる新規入会キャンペーンが実施中です。

上手く活用すれば、キャンペーンで獲得したマイルで特典航空券ももらえてタダで旅行にいけちゃうかもしれません。

新規入会キャンペーンの詳しい内容は公式サイトでご確認いただけます。

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)とANA一般カードとの違いは?

年会費が高い

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)の年会費は7,000円(税抜)に対し、他のANAの一般カードは2,000円(税抜)ですので5,000円の差があります。

更に言えば、ANA VISA Suicaカードなリボ払いの設定・利用特典で年会費を811円まで下げることができますので、約6,200円の違いがあります。

マイル移行手数料はANA VISA一般カードと同じ、ANA JCB一般カードより1,000円(税抜)高い設定です。

年会費以上の特典・保険が充実

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)には、他のANA一般カードよりも、年会費を5,000円多く払っても、それ上にお得になるであろう特典が用意されています。

  • ANAグループの利用がポイント1.5倍
  • 空港ラウンジが同伴者1名まで無料
  • 海外旅行からの帰宅時に荷物1個を無料配送
  • 国内旅行傷害保険が最高2,000万円付帯(1,000万円まで家族にも適用)
  • 海外旅行傷害保険の補償額が3,000万円までアップする
  • アメリカン・エキスプレスカードの特典・優待が受けられる

といった感じでしょうか?

旅行時に快適に出来そうなのと海外でのサポートが充実しているあたり、メリカン・エキスプレス加盟店での割引優待でレストランやホテルが割引になるあたりもよさそうです。

入会時、継続時ボーナスマイル、フライトボーナスマイル積算率などに違いはありません。

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)の比較対象は?

コスト面で比較する対象になりそうなのは、ANA VISAワイドゴールドカードでしょう。

ANA VISA ワイドゴールドカードなら、ゴールドカードとして継続時ボーナスマイルが2,000マイル、搭乗時ボーナスマイルが25%とお得さでは上回ります。

コスト面では、マイル移行手数料が無料で、年会費も最大で3,780円安くできますので、年の維持費は9,340円1万円を切る水準で利用することができます。

ANA VISAワイドゴールドカードについてはこちらの記事で紹介しています。

ANA VISA/MASTER ワイドゴールドカードはコスパも満足度の高いおすすめなカード
ANAカードを作るなら年会費がお得にできる三井住友VISAカードが発行しているANA VISA/MASTERカードがおすすめですが、ではVI...

アメリカン・エキスプレスカードの優待に魅力を感じている方は、年会費は2倍以上になりますが、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードならポイントの有効期限が無期限で、マイル移行手数料も無料、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド会員の特典もほぼ利用出来ますので、内容もチェックしておくとよいと思います。

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)のまとめ

ANAアメリカン・エキスプレスカード(アメックス)の大前提として、ANAのマイルを貯めたい方が利用するカードです。

貯まったポイントの交換はANAのマイル以外だと大幅に交換レートが下がりますので、ANAのマイル以外に交換することを考えている方は、他のアメリカン・エキスプレスカードを選んだ方がよいでしょう。

年会費は年5,000円程高い設定ですが、空港ラウンジ利用をはじめ、旅行の時に快適に過ごせる特典が色々と用意されていますし、ANAグループの利用はポイントが1.5倍になるのでANAグループを利用して海外旅行を利用する方には、年会費以上のメリットがあると思います。

あとは、カードのデザインがカッコ良いので、カードを出すときにいい気分になれるところも意外と大きいかもしれないですね。

ana-amex-card

お得な新規入会キャンペーンの内容は公式サイトでご確認ください。

関連記事:

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス)ならアメックスとANAのゴールド特典がダブルで使える
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス)は年会費が3万円を超える水準ですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの...
プラチナカード並の特典が受けられるANAダイナースカードはコスパ抜群
ANAダイナースカードは、ANAカードとしてはゴールドカードの位置づけですがプラチナカードにも引け劣らない、魅力的な内容となっています。 ...
ANAカード(一般カード)のメリットは?ANAカードのマイル還元率を徹底調査
ANAのマイルを貯めるのならやはり第一候補はANAカードです。 マイルを貯めて特典航空券で旅行したいという目標に向けて、ANAカードの...
お得なANAカードの選び方、鉄道系の提携先やブランドはどれがお得かを徹底検証
ANAカード 一般カードには、VISA/MASTER、JCBといったブランドの違いの他に、JR東日本のSuica、東急電鉄のPASMO、東京...
お得なANAカードの選び方、一般かゴールドか、グレードはどれがよいのかを徹底検証
ANAカードには、一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードといったグレードがあります。     ...
ANA VISA プラチナ・プレミアムカードはステータスだけでなくコスパも高いプラチナカード
ANAカードの最高峰、プラチナカードにはVISA、JCBの国内勢と、アメリカン・エキスプレス、ダイナースの海外勢がありますが、年会費は海外勢...
ANA VISA/MASTER ワイドゴールドカードはコスパも満足度の高いおすすめなカード
ANAカードを作るなら年会費がお得にできる三井住友VISAカードが発行しているANA VISA/MASTERカードがおすすめですが、ではVI...
ANA VISA SuicaカードはSuica利用者のみならず、全ANAマイラーが持っているだけでお得なカード
ANAカードには提携先やグレードがたくさんありますが、コスパ面で一番お得に利用出来そうなのがこのANA VISA Suicaカードです。 ...
ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカードは東急線や私鉄利用の方必携の高コスパカード
ANAカードでコスパが高いカードとしてANA VISA Suicaカードと並ぶのが、東急カードが提携しているANA TOP&ClubQ PA...
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はANAマイルへの交換レートが高い陸マイラー必携のカード
東京メトロを利用して通勤・通学している方がで、ANAを利用して旅行や帰省している方に、とってもお得に利用できそうなのが、このANA To M...
ANA JCBカード ZEROは29歳以下の方だけが使える5年間限定のカード
ANAカードには18歳~29歳までの方だけが利用できるANA JCBカード ZEROがあります。 年会費もマイル移行手数料も無...
ANAカード学生用は年会費無料で旅も買い物もお得になる
ANAカードの学生専用カードは、ANA一般カードの機能がほぼもれなく使えるだけでなく、ボーナスマイルや保険も充実しており、学生生活をアクティ...