イオンで一番お得なイオンカード「イオンカードセレクト」のメリットを徹底解説

イオンカードには提携カードを含めると50種類以上のカードがありますが、イオンカードの中でイオンのお買い物が「最もお得になる」のは何と言ってもイオンカードセレクトです。

aeoncard select

その理由はイオンカードセレクトは単なるクレジットカードではなく「イオンカードと電子マネーのWAONがついているイオン銀行のキャッシュカード」で、イオン銀行に口座を作りクレジットカードの引落口座にする代わりに、イオン銀行からの特典が上乗せされるからです。

どのクレジットカードもクレジットカードで利用した金額は銀行口座から引落しになりますよね。

普通は引き落としになる金額に対して引き落し先の銀行から特典がもらえたりすることはありませんが、イオンカードセレクトの場合、イオン銀行を引落口座にする代わりに、イオン銀行のステージ特典がもらえる制度があるため、カードの利用と引落しのダブルで特典がもらえたりもします。

クレジットカードを利用するためには必ずどこかの銀行から引き落としになるので、どうせならお得な方がいいですよね。

ということでどれだけお得なのか詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク

イオンカードセレクトの年会費・国際ブランド

イオンカードセレクトは他のイオンカード同様、家族カードもETCカードも含め、年会費無料です。

国際ブランドは、VISA、MASTER、JCBから選べます。

カードのデザインはディズニー・デザインも選べますが、ディズニー・デザインはJCBブランドでの発行になります。

イオンカードセレクト カードデザイン


イオンカードセレクト 新規入会キャンペーン

イオンカードセレクト限定特典

イオンカードセレクトの銀行からもらえる特典は色々ありますが、主なものは「WAONのポイント2重取り」、「普通預金金利6倍」、「振込手数料優遇」の3つです。

特典1.WAONポイントの「2重取り」ができる。だけじゃない!チャージだけで還元率が最大1.5倍に!

イオンカードセレクトで銀行口座からのオートチャージを設定するとオートチャージでも200円に付くので還元率が0.5%→1%に!「WAONポイント還元率が2倍!」になります。

※オートチャージとはWAONの残高がいくら以下なるといくらチャージするかを登録しておくと、設定した金額が銀行口座残高から自動的にチャージされる仕組みです。

あとで出てくるステージ特典を活用すると、オートチャージの還元率は3倍の1.5%(200円で3WAONポイント)にすることができます。

特典2.イオン銀行の普通預金金利が6倍の0.12%になる

イオン銀行の普通用金口座にお金を預けておくだけで、メガバンクの定期預金並みの金利水準がずっと適用されます。

クレジットカードの利用額や預金残高などの条件は一切なし、カードを持っていれば必ずもらえる特典なのがすごいです。

特典3.給与振込で振込手数料が毎月1回分優遇

給与振込の翌月、他行宛振込手数料が1回実質無料(216WAONポイントで還元)になり、さらに10WAONポイントがもらえる。
金利が優遇されても手数料を取られたら意味がありませんのでこの特典はうれしいですね!

さらにお買物利用額で銀行ステージ特典がもらえる。

イオン銀行には、お買物利用金額に応じてステージ優遇される面白いしくみがあります。「イオン銀行ポイントクラブ」というもので、イオンカード、WAONの利用金額によってステージが決定し、様々な特典を受けられます。年会費はかかりません。

6か月間で10万円(月16,667円)ならステージ1、30万円(月50,000円)ならステージ2、50万円(月83,334円)ならステージ3になります。

他の銀行にもステージ優遇はありますが、基準が預金残高やローンの利用が条件だったりするのに対して、お買物金額でステージ優遇というのは流通系のイオン銀行ならではです。

食費や日用品、衣料品等の普段の生活でかかるお金の支払方法を工夫するだけで、年に数万円もお得になるのですからこれは見逃せない特典です。

イオン銀行ポイントクラブステージ特典

主なものは「WAONのチャージ還元率が最大3倍」、「振込などの手数料優遇」、「預金やローンの残高でポイントプレゼント」です。

WAONのチャージ還元率が最大3倍

・5のつく日のWAONオートチャージ還元率がステージ3なら1.5%(3倍)
ステージ1なら0.75%(1.5倍)、ステージ2なら1%(2倍)

5のつく日は、お客さまわくわくデーなので、WAONの利用でもポイント2倍になるので、チャージと利用で合計2.5%、さらに10日は「ありが10デー」でWAONポイントが5倍になるので、5日にオートチャージして10日に使えば、1.5%+2.5%で最大4%になります。
更に、ボーナスポイント対象商品やカタリナアプリのクーポンを併用すれば、還元率は更にアップします。

※この特典を利用するには、オートチャージの設定を変更しておくなど、工夫と手間が必要です。(追って解説していきますね。)

取引手数料優遇

・他行宛振込手数料が5回まで216WAONポイント還元
・他行ATMでの引出手数料が5回まで108WAONポイント還元
・他行からの振込入金で5回まで50WAONポイント
ステージ3の場合、ステージ2なら3回、ステージ1なら1回まで

手数料は絶対にとられたくないと思いますのでいいですね。

銀行取引残高でポイントが貯まる

・定期井預金残高100万円以上で毎月最大100WAONポイント
・投資信託残高(時価評価額)100万円以上で毎月最大100WAONポイント
ステージ3の場合、ステージ2なら50WAONポイント、ステージ1なら25WAONポイント

仮に100万円預けていると年間で1,200WAONポイント、金利に換算すれば0.12%、しかもポイントなら税金もかかりませんね。

・住宅ローン残高があれば毎月最大100WAONポイント
・カードローン等の残高10万円以上で毎月最大100WAONポイント
・年金振込実績で毎月最大100WAONポイント
ステージ3の場合、ステージ2なら50WAONポイント、ステージ1なら25WAONポイント

イオン銀行の住宅ローン利用者はお買物が毎日5%オフになる特典もありますよね。

公共料金引落で1件5WAONポイント

イオンカードセレクトでも同様の特典があるので、合わせると1件あたり10WAONポイントになります。
リクルートカードやREXカードのような高還元率のカード引落に比べると見劣りしますが。。

イオン銀行の特典でどれだけのポイントがもらえる?

全ての特典をもらうことはないかもしれませんが、ステージ3が維持できる毎月84,000円を5のつく日にオートチャージし、買物で利用した場合、月最大3,630WAONポイント、1年で最大43,560WAONポイントがもらえます

同様にステージ2の月50,000の場合、年間最大19,464WAONポイント、ステージ1の16,670円の場合、年間最大7,488WAONポイントがもらえます。

※イオンカードセレクトとイオン銀行ポイントクラブの特典でもらえるWAONポイントですので、WAONやイオンカードの利用でもらえるポイント分、住宅ローンなど銀行の商品を利用することでもらえる特典やポイントは含んでいません。
イオンの各種優待デーやバースデーパスポートの利用、住宅ローンなどイオン銀行の金融商品利用、株主になることで持てるオーナーズカードの特典など、まだまだお得にしていくことができます。

イオンカードの特典もWAONの特典も全て使えます。

イオンカードセレクトのイオン銀行からの特典は、イオンカード、WAONの特典に上乗せされますので、イオンカードやWAONの特典が減ることはありません。

イオンカードは2016/6/1よりイオングループの対象店舗での利用はポイントがいつでも2倍の1.0%還元になりました。

もちろんイオンカードセレクトも対象です。

さらに、一定以上の利用を続けていれば、イオンカードセレクトのゴールドカードが年会費無料で発行されます。

イオンゴールドカードセレクトへの近道になる

イオンカードには、一定の条件を満たした方が利用できるインビテーション(招待)制のイオンゴールドカードがあります。

aeoncard gold select

イオンゴールドカードになると、海外旅行傷害保険が自動付帯されるようになったり、羽田空港ラウンジやイオンラウンジ(イオンモールなどにあるゴールド会員専用休憩室)が無料で利用できるようになったりします。

ゴールドカード条件にはイオン銀行の商品利用などもありますので、イオンカードセレクトで、イオン銀行をうまく利用することで、他のイオンカードよりも早くゴールドカードの招待がもらえるかも知れません。

このあたりはこちらの記事で紹介していますので、ぜひご確認ください。

イオンカードのゴールドカードのメリットと発行条件を徹底解説、近道はイオンカードセレクト
2016/6/1からイオングループの対象店舗ならイオンカードのクレジット支払いのポイント還元率がいつでも2倍の1.0%還元になり、ぐっとお得...

イオン銀行に口座を作るのはちょっと。。という方

イオン銀行は2007年開業と銀行としては新しい銀行ですが、その分従来の銀行よりも高いスペックのサービスを提供しています。

ATM手数料が24時間365日完全無料

イオン銀行ATMはイオンのお店やミニストップ、提携スーパー等全国に5,000台以上あり、24時間365日引出し手数料無料、時間外手数料が一切ありませんので、夜中でも年末年始でもお店が営業していれば、手数料なしで引き出せます。

店舗は年中無休、夜9時まで営業

銀行員がいる店舗も全国にあり、こちらも365日夜9時まで営業しています。
平日15時に閉まり、18時以降や土日祝祭日は時間外手数料がかかる一般の銀行に比べたら、時間も曜日も気にせずに好きな時に利用できるのは、とってもありがたいことですね。

預金金利は高く、ローン金利は低い上に、イオンの買い物まで安くなる

イオン銀行が扱う商品は、イオンが毎日5%オフになる住宅ローンは金利も業界最低水準、投資信託のファンド購入時手数料が50%~100%WAONポイント還元される投資信託、ボーナス時期に合わせて行われる好金利の定期預金キャンペーンなど、お買物がさらにお得になる特典が満載です。

給与口座で他行宛て振込手数料優遇

給与口座にすれば振込手数料優遇+10WAONポイントもあるので、いっそのこと、給与口座にしてメインバンクとして使うのもいいですし、それが難しい場合も、イオンカードセレクトを持てば、無条件で普通預金金利がずっと6倍の0.12%になるので、金利の面でもお得にできます。

イオンカードとWAONを併用する際の注意点

イオンカードセレクトにはイオンカードとWAONがついているので、お得になる支払方法を使い分けることができますが、クレジットカーと電子マネーでたまるポイントが違う点には注意が必要です。

イオンカードセレクトでクレジットカード払いにした場合には「ときめきポイント」が、WAON払いにした場合には「WAONポイント」が貯まります。
どちらも最終的にはWAONに変換して、電子マネーとしてお買物に使うことができますが、それぞれに交換可能なポイント数が決まっています。

・ときめきポイント:1,000ポイント以上500ポイント単位
・WAONポイント:100ポイント以上100ポイント単位

ときめきポイントについては、有効期限が最長2年あるので大丈夫だと思いますが、無駄にならないようこまめにチェックしておくのがよいでしょう。

イオンカードをお持ちの方も無料で切替できます。

これから初めてイオンカードセレクトを申し込まれる方はもちろんですが、現在イオンカードを使っている方も、無料でイオンカードセレクトに切替えすることができます。


お得なイオンカードセレクト新規入会キャンペーン(公式サイト)

イオンカードセレクトについてはこちらの記事もご覧ください。

イオンカードセレクトのポイント還元率を最大化する使い方
2016/6/1からイオングループの対象店舗ならイオンカードのクレジット支払いのポイント還元率がいつでも2倍の1.0%還元になって、ぐっとお...
イオンカードセレクトでWAONポイント還元率を最大にする方法
イオンカードセレクトに付いている電子マネーWAONをうまく活用すると、他のWAONに比べて圧倒的にお得に使うことができます。 ...
年会費無料でイオンがお得になるイオンカードのメリット・デメリットを整理
イオンカードといえば国内で2,400万枚以上も発行されている人気のクレジットカード、さらに電子マネーのWAONは5,000万枚以上も発行され...
イオンカードのポイントの仕組みと上手な貯め方を解説
イオンカードを使っていてちょっとわかりにくいのがポイントの仕組みです。 2016年6月にsmartWAONがスタートし、WAON PO...
イオンカードのゴールドカードのメリットと発行条件を徹底解説、近道はイオンカードセレクト
2016/6/1からイオングループの対象店舗ならイオンカードのクレジット支払いのポイント還元率がいつでも2倍の1.0%還元になり、ぐっとお得...
流通系カード(イオンカード・セブンカードなど)の選び方
イオンカードやセブンカード、セゾンカードなど流通系のクレジットカードは、食料品や日用品などの普段のお買い物でお得にポイントを貯めたり、優待で...
普通預金金利120倍! マイナス金利時代を乗り切るイオンカードセレクトのキャッシュカードとしての魅力とは?
マイナス金利が導入され、銀行の預金金利も軒並み引き下げられていく中、今では「0.001%」というこれ以下はないという金利になっている銀行が多...