イオン銀行Myステージを徹底解説、特典で振込手数料無料、普通預金金利最大0.12%に!

イオン銀行に口座のある方全員が対象の「イオン銀行ポイントクラブ」が「イオン銀行Myステージ」としてリニューアルしました。

これにより、これまで他行振込手数料分をWAONポイントで還元する特典が他行宛振込手数料無料に変わりました。

ステージの判定基準も大幅に変わり、いくつかの商品を契約すれば月に3回位は振込手数料無料にできそうな感じで、ステージ判定基準は楽天銀行や住信SBI銀行よりもかなりハードルが低く設定されていると思います。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ステージ特典はシンプルだけど嬉しい内容に!

ステージ名称はこれまでのステージ1〜3の3段階からからプラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズの4段階に変更、特典内容も以下の3つに変わっています。

  1. 他行ATM手数料無料回数
    イオン銀行以外のATMの時間外手数料が回数分無料になる
    (ゆうちょ銀行やみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行などを夜間や休日に使う時など)
  2. 他行宛振込手数料無料回数
    イオン銀行から他の金融機関宛の振込(定額自動振込含む)が回数分無料になる
    ※ATMにて現金で振込をした場合は対象外(ATMにてキャッシュカードを使って振込した場合は対象)
  3. 普通預金金利優遇
    これまではイオンカードセレクト、キャッシュ&デビットの保有が優遇の条件でしたが、今回のリニューアルでマイステージの特典に変更されました。

ステージとクリア条件(イオン銀行スコア)と特典内容はこんな感じになっています。

ステージ イオン銀行
スコア
他行ATM手数料
(2018年4月開始)
他行宛振込手数料
(2018年4月開始)
普通預金金利
(2018年7月開始)
プラチナ 150点以上 月5回無料 月5回無料 0.120%
ゴールド 100点以上 月3回無料 月3回無料 0.100%
シルバー 50点以上 月2回無料 月1回無料 0.100%
ブロンズ 20点以上 月1回無料 0.050%
なし 20点未満 店頭金利

これまでは5のつく日のオートチャージ率とかアップとか実際に特典を使いこなそうとすると色々と工夫をしないといけなかったこともありましたが、今回はシンプルでよいと思います。

他行ATM手数料や振込手数料もWAONポイントで還元されるより無料の方がありがたいですよね。

普通預金金利もプラチナステージなら0.12%と現在のセレクト特典の0.10%よりも高水準にできるようになったのも評価できるところだと思います。

月3回振込手数料無料になるゴールド以上を目指したいところですね。

ステージ判定条件は買い物金額だけでなく、取引内容も追加された

イオン銀行ポイントクラブのときには6ヶ月間のイオンカードとWAONの利用金額がステージ判定条件でしたが、イオン銀行Myステージではイオン銀行の取引内容も対象となりましたので、ステージ判定条件はかなり増えました。

判定期間は毎月(月初~月末)に変わっており、月末時点で契約あり、もしくは利用実績があれば加点されステージ条件をクリアすると、翌々月の1ヶ月間ステージが適用されます。

各取引でもらえる点数は以下の通りです。

2018年5月にスタートした外貨預金も追加されています。

イオン銀行スコア対象 点数 加点条件など
イオンカードセレクト/
イオン銀行CASH+DEBIT/
イオンデビットカード契約
10点 月末時点で契約あり
契約後は毎月10点加点
イオンゴールドカードセレクト契約 30点 月末時点で契約あり
契約後は毎月30点加点
イオンカード利用代金の引落金額 10点
(最大100点)
1円以上:10点
2万円以上:20点
以降2万円につき10点
イオンカードセレクト/
デビットカード付帯の
電子マネーWAON利用金額
10点
(最大100点)
月間1円以上:10点
月間1万円以上:20点
以降1万円につき10点
WAONのオートチャージ実績 10点 月間実績あり
設定だけでは加点なし
積立式定期預金の口座振替実績 10点 複数回実績があった場合も10点
口座振替できなかった場合加点なし
投資信託残高(時価) 10点
(最大100点)
月末残高1円以上:10点
月末残高100万円以上:20点
以降100万円につき10点
投信自動積立の口座振替 10点 複数回実績があった場合も10点
口座振替できなかった場合加点なし
NISA口座契約 30点 月末時点で契約あり
開設後は毎月30点加点
外貨預金残高 10点
(最大100点)
月末残高1円以上:10点
月末残高100万円以上:20点
以降100万円につき10点
外貨普通預金積立の口座振替実績 10点 月間実績あり
口座振替できなかった場合加点なし
iDeCo掛け金の口座振替実績 30点 月間実績あり
口座振替できなかった場合加点なし
カードローン契約 10点 月末時点で契約あり
契約後は毎月10点加点
無担保ローン残高
(カードローン含む)
30点 月末時点で残高あり
延滞があると加点なし
住宅ローン残高 30点 月末時点で残高あり
延滞があると加点なし
住宅ローン(フラット35)の
口座振替実績
30点 口座振替実績あり
口座振替できなかった場合加点なし
インターネットバンキング登録 30点 月末時点で登録あり
登録完了後は毎月30点
給与振込実績 30点 給与振込として発信された
振込のみ対象
年金自動受取実績 30点 公的年金のみ
受取月の翌月も30点加点

契約だけで加点されるものもありますので、契約さえしておけば無料で毎月シルバーステージ位は達成できそうです。

私はイオンゴールドカードセレクトを愛用しています。

インターネットバンキングの登録とNISAの口座も開設していますので、この3つだけで毎月ゴールドステージの100ポイントをクリアできそうです。

aeoncard gold select

最も簡単にステージを達成する方法

月3回振込手数料が無料になるゴールドステージが達成できる100点を獲得するためのプランを考えてみたいと思います。

達成しやすそうなものから順番に並べてみましょう。

  • イオンカードセレクト契約:10点
    デビットカードだとゴールドカードがないのでイオンカードセレクトがベストです。
    年会費無料なのでお金もかかりません。
  • インターネットバンキング登録:30点
    登録だけでOK
  • カードローン契約:10点
    契約あればお金を借りていなくてもOK

これだけで50点になりますので、この3つだけで毎月シルバーステージ(月1回他行宛振込手数料無料)達成です。

  • イオンゴールドカードセレクト:30点
    招待制のためゴールドカード発行の達成基準を一度クリアする必要がありますが、ゴールドカードが発行されれば利用金額がなくても、一版カードに戻ることはないため、
  • NISA口座契約:30点
    契約だけでOKですが、NISA口座は1つの金融機関にしか持てないため、契約するなら利用しないともったいないところです。

この5つで110点になりますので、5つの契約だけでゴールドステージが達成できます。

イオンカードゴールドセレクトの発行条件などについてはこちらの記事で詳しく説明していますのでぜひご確認下さい。

イオングループの対象店舗ならイオンカードのクレジット支払いのポイント還元率がいつでも2倍の1.0%還元になったイオンカードです。 イオ...

おすすめステージ達成プランを考えてみた

イオンで買い物をメインに使っている方、資産運用でイオン銀行を使っている方など、タイプ別にステージ達成方法のプランを考えてみました。

お買い物派の方向けおすすめプラン

イオンでのお買い物をメインに使っている方におすすめなプランです。

  • イオンカードセレクト契約:10点
  • イオンカードゴールドセレクト契約:30点
  • WAONでのお買い物(月5万円):50点
  • WAONのオートチャージ実績:10点
  • インターネットバンキング登録:30点
  • 給与振込実績:30点

これで計160点になりますので、最上位のプラチナステージ達成です。

加点だけを考えるとWAON支払いだと1万円ごとに10加点される(イオンカードの場合は2万円ごとに1点)のとオートチャージでさらに10点加点されるので、イオンカード支払いよりも多く点数がかせげます。

給与振込が指定できない方は、カードローンの契約(10点)とNISA口座契約(30点)などの活用を検討してみてはいかがでしょうか?

住宅ローン利用の方向けおすすめプラン

住宅ローンの契約がある方だと住宅ローン契約の特典で月3回まで他行宛振込手数料が無料になりますので、プラチナステージの150点を目指したいところです。

  • 住宅ローン残高あり:30点
  • イオンカードセレクト契約:10点
  • イオンカードゴールドセレクト契約:30点
  • イオンカード利用金額引落し(6万円):30点
  • インターネットバンキング登録:30点
  • カードローン契約:10点
  • NISA口座契約:30点

これで170点となりプラチナステージ達成です。

イオン銀行の住宅ローンは契約の条件に「イオンカードセレクト契約」と「インターネットバンキング登録」が必須で、「給与口座指定」、「カードローン申込」、「投信口座開設」のいずれかが必要なのと、最初からイオンゴールドカードが保有できますので、加点される要素が元々沢山ありますので、比較的用意にプラチナステージが達成できるかと思います。

資産運用利用の方向けおすすめプラン

イオン銀行は銀行の中では投資信託のラインナップも豊富で手数料もWAONポイントで還元されてお得だったりしますので、資産運用を活用してステージを達成するのもおすすめです。

  • イオンカードセレクト契約:10点
  • インターネットバンキング登録あり:30点
  • NISA口座契約あり:30点
  • 投資信託残高(120万円):20点
  • 積立式定期預金の口座振替実績:10点
  • 投信自動積立の口座振替:10点
  • iDeCo掛け金の口座振替実績:30点
  • 外貨普通預金積立の口座振替実績:10点

これで150点ですのでプラチナステージ達成です。

投資信託自動積立は月1,000円から利用可能、加点されるには実績さえあればOKですので、少額でも設定しておくと10点もらえてステージアップに貢献してくれます。

イオン銀行で投資信託やiDeCoを続けていれば、いずれイオンゴールドカードセレクトのインビテーションが届くかと思いますので、そうすると更に30点プラスになります。

リニューアル記念で全員3ヶ月間はプラチナステージに!(2018年6月30日終了)

今回のイオン銀行Myステージのリニューアルに際し、2018年4月1日~6月30日までの期間は全員プラチナステージ特典(普通預金金利を除く)が使えるという大盤振る舞いなキャンペーンが実施されていました。(2018年6月30日で終了しています。)

2018年4月1日~6月30日までの期間、リニューアルキャンペーンとして当行に口座をお持ちの全てのお客さまについて、最上位のステージである「プラチナ」の特典(普通預金金利特典を除く)を適用させていただきます。

https://www.aeonbank.co.jp/news/2018/0125_01.html

イオンカードセレクト特典が一部変更に

イオン銀行Myステージにリニューアルすることで普通預金金利がイオンカードセレクト特典でなくなるなど、イオンカードセレクト特典が一部変更されます。

  • 給与振込実績があった場合、翌月1回までの振込に対し216WAONポイント還元
    →給与振込実績があった翌々月に月1回まで他行宛振込手数料無料
  • 住宅ローンの借入があった場合、翌月3回の振込まで、1回につき216WAONポイント還元
    →住宅ローンの借入があった翌々月に月3回まで他行宛振込手数料無料
  • 普通預金金利0.1%
    イオン銀行Myステージの適用ステージの金利を適用

さいごに

今回のイオン銀行Myステージのリニューアルは非常に評価できる内容になっていると思います。

他の銀行のように残高100万円以上とか仕組預金の預入などは必要なく、イオンカードセレクトを作ってインターネットバンキングに登録し、イオンでお買い物をするなど幾つかの組み合わせでゴールドステージ(月3回振込手数料無料+普通預金金利0.1%)は比較的簡単に達成できる内容になっています。

「イオンカードセレクトはイオン銀行からの引落しか選べないので」と敬遠しているイオンカードユーザーの方も、メイン口座を見直ししてでもイオンカードセレクトにする価値もあるのではと思います。

イオンカードセレクトのお得な入会キャンペーンの内容については公式サイトにてご確認ください。

関連記事:

イオンカードには提携カードを含めると50種類以上のカードがありますが、イオンカードの中でイオンのお買い物が「最もお得になる」のは何と言っても...
イオングループの対象店舗ならイオンカードのクレジット支払いのポイント還元率がいつでも2倍の1.0%還元になったイオンカードです。 イオ...
イオンカードといえば国内で2,700万枚以上も発行されている人気のクレジットカード、さらに電子マネーのWAONは5,000万枚以上も発行され...
イオンカード・WAONの基本のポイント還元率は0.5%程度と決して高くはありません。 クレジット支払:月の合計額200円につき1ポ...
イオンカードセレクトに付いている電子マネーWAONをうまく活用すると、他のWAONに比べて圧倒的にお得に使うことができます。 ...
イオンカードを使っていてかなり分かりにくいのがポイントの仕組みですよね。 2016年6月にsmartWAONがスタート、WAON PO...
イオン銀行では、2018年7月より、普通預金金利の優遇条件がイオンカードセレクトの所有から、イオン銀行Myステージのステージ特典に変更されま...
スポンサーリンク